人気ブログランキング |
inthecube
音楽と物語に関する文章を書いています。
ワイルドじゃなくてもいいからタフになりたい
OUR WORLD IS EXPRESSED BY IMPRESSIVE WORDS
ブログトップ
タグ:Zedd ( 34 ) タグの人気記事
Katy Perry「Never Really Over」:歌声が言葉を紡ぎ結びつけ、言葉が心に絡まり心を満たす
素晴らしい音楽ほど、言葉にしたくなる。そう思いながらKaty Perryの新曲を聴き、この文章を書いています。曲を聴いて感じたことを書き留めることで感動した記憶を記録する行為は、何度繰り返しても飽きません。

新曲「Never Really Over」の音楽世界に潜り込んでみましょう。プロデュースを担当したのはZeddであり、そしてDreamlabというチーム(プロデュースとソングライティングを生業とする二人組)です。つい最近の出来事ではありますが、Katy PerryとZeddは「365」という曲でコラボレーションを実現させました。このエキサイティングな組み合わせから生まれる音楽に期待以外の何がありましょうか。
b0078188_21535455.jpg
メロディと歌声とサウンドの三位一体。特にChorusが好きです。ダンサブルに舞いながら、歌メロが胸を締め付け、心にしみます。とても美しい。言葉が連なり、束となって次から次へと押し寄せます。特に曲の終盤では、絶え間ない言葉の奔流が快感をもたらします。サウンドは歌声を照らすスポットライトのようであり、歌声の魅力を存分に伝える助演として輝きます。



Katy Perry – Never Really Over

「365」を聴いて、Katy Perryの歌声の素晴らしさに気づきました。それまでも彼女の曲を聴いてはいたものの、心を掴まれたのは「365」が初めてです。それまでとは何が違うのか、それはまだ分かりません。けれどもスイッチがぱちんと入るように、美しい歌声の虜になりました。

そして「Never Really Over」に出会います。この曲を聴いて、さらに深く、さらに強く、彼女の歌声に惹かれます。星の数ほどもあるポップスの一部だと思っていたのに、一際大きな輝きを放つ星になるとは思ってもいませんでした。あるとき突然ドアが開き、一歩踏み込んだら、目の前に広がる世界に吸い込まれる。景色が変わる、気持ちが変わる。新しい世界が広がります。
2019.06.11
by mura-bito | 2019-06-11 21:56 | Music | Comments(0)
「365」Zedd/Ellis Remix:オリジナルの音楽世界を深化させ、印象を刷新するリミックス
「365」という曲はZeddの音とKaty Perryの歌声が交差して生まれました。音、メロディ、歌声は、どれを取っても素晴らしい。この曲をZedd自身がリミックスし、他のリミキサーによる作品を含めてRemixesとして配信しています。彼が自分の曲を自分でリミックスする機会は少ないため、「Zeddの音楽から受けた印象がZeddによって刷新される」という体験は実に貴重です。
b0078188_21491550.jpg
近年のZeddは、あからさまにヘビーな音ではないのに、重みを感じさせるアレンジで曲を仕上げます。「The Middle」、「Happy Now」、「Lost In Japan -Remix-」などの曲を聴くと、畳みかけるような音の奔流を見せるEDMとは異なり、隙間を意識した音の構造を感じることができます。「365」のZedd Remixでも、ベースとキックの音を効かせながらも、空間を埋め過ぎないサウンド・アプローチを披露しています。音の輪郭が際立ち、じっくりと味わえるリミックスです。



Zedd and Katy Perry – 365 -Zedd Remix-

「365」のオリジナルでは、Katy Perryの歌声をより美しく表現するアレンジに心地好く酔い、心を奪われました。彼女の歌声が「365」の柱であるということについては、それほど異論は出ないでしょう。

対して、Zedd Remixではボーカルを大胆に加工し、テンポを上げてオリジナルの影を断ち切っています。ボーカルを素材のひとつとして加工し、新たな音に合わせて再構築する。僕はボーカルにあまり手が加えられていないリミックスを好みますが、魅力的なサウンドであれば、ボーカルの加工もまたアレンジの一部として受け入れることができます。



Zedd and Katy Perry – 365 -Ellis Remix-

Zeddの他に、Remixesのラインナップに名前を連ねるのがJonas Aden、Ellis、KUUROです(KUUROはZedd and Liam Payne「Get Low」もリミックスしました)。いずれも各自のエレクトロニック・サウンドを使い、それぞれの角度から「365」を再構築しています。この中で最も印象に残り、ピックアップしたいと思ったのがEllis Remixです。

Ellis Remixの特徴は、重ねたシンセサイザーの音が明るい印象を与える点と、ベースを強調した点です。ポップで大衆的な要素を重視しているという印象を受けました。オリジナルに漂っていたメランコリックな、あるいは気怠い空気は、Ellisの音が生み出す爽やかな風で薄れています。底抜けに明るい感じでもありませんが、足取りが軽くなる音かなと思います。
2019.03.29
by mura-bito | 2019-03-29 21:50 | Music | Comments(0)
Zedd and Katy Perry「365」:メロディは美しい曲線を描き、聴き手の心に絡みつく
またしても生まれた素晴らしいコラボレーション、心を奪われる美しい共演。ZeddKaty Perryの新曲「365」が公開されました。シンプルに音を組み立てたサウンド、芯のあるリズム。舞うように響く歌声は鮮やかで美しく、圧倒的な存在感を放ち、芯の太い揺るがぬ強さを具えて屹立します。
b0078188_21384049.jpg
サウンドは歌声を引き立てながら、同時に聴き手の身体を静かに刺激します。Zeddの音からは行間を感じることができ、そこに生まれた余白にKaty Perryの美しい歌声が染み込む。歌声に耳を澄ませていると、身体はリズムに浸かって心が解放されます。最高のコラボレーションを聴く約3分間は、価値ある時間が流れる音楽的世界です。



Zedd and Katy Perry – 365 (Lyric Video)

どうしたらこれほどまでに美しいメロディを書くことができるのだろう? とりわけChorusで繰り返されるメロディは絶品であり、上から下に落ちていく音が美麗な曲線を描きます。メロディは ♪I want you to be the one that’s on my mind, on my mind, on my mind♪ などのエモーショナルな言葉を聴き手の心までダイレクトに運びます。
b0078188_21434687.jpg
Katy Perryの歌声はタフで優しくて、切なげでもあります。心を鷲掴みにする強さ、心を包み込む温かさ、心を震わせる哀愁……多面的な魅力を持ち合わせた歌声です。歌声が運ぶメロディを受け取ったとき、感動が胸を打つのと同時に、胸を締め付けられるような切なさも感じました。

2019.02.18
by mura-bito | 2019-02-18 21:44 | Music | Comments(0)
[EN] Shawn Mendes and Zedd – Lost In Japan -Remix-
Zedd has released the song Lost In Japan Remix, which had been originally performed by Shawn Mendes. Shawn’s vocal and Zedd’s sound are mixed and harmonious in the remix. Amazing comfort is condensed and filled during less than three and a half minutes. I always hope that this wonderful time will continue on and on when listening to the remix.
b0078188_21272499.jpg
Shawn’s singing voice is so sweet and full of sexiness. His voice is entangled with Zedd’s sharp synthesizer sounds and rhythm track consisting of heavy bass guitar and bass drum. This spiral of the vocal and sound stimulates tenderly your heart and body.



Shawn Mendes and Zedd – Lost In Japan -Remix- (Lyric Video)

The scene that stage lighting illuminates the back of an actor and makes a silhouette emerge crosses my mind when I listened to the remix. The sounds performed by Zedd are like many lights and Shawn’s singing voice is like a starring actor on stage.

Light which illuminates the back hides facial expression, however, accentuates the outline of an actor. Even a slight movement of body stands out and wavering mind may be projected there. The sound accentuates the outline of the singing voice in the remix. The collaboration which brings two amazing talents together makes the song Lost In Japan be more attractive.

2018.11.26
by mura-bito | 2018-11-26 21:11 | Music | Comments(0)
Zedd and Elley Duhé Happy Now Remixes/Acoustic:高まる音のプレゼンス、際立つ歌声のプレゼンス
ZeddElley Duhéが組んで発表した「Happy Now」のRemixesとアコースティック・バージョンがストリーミングで配信されています。いずれもYouTubeで聴くことができ、アコースティックの方は演奏している映像が収められています。
b0078188_21062297.jpg
オリジナルを制作したとき、Zeddは「Happy Now」について “the most organic sounding song I’ve made in a long time” と述べています。この “organic” という表現をどのように捉えるか。Zeddの特徴であるエレクトロニック・サウンドから距離をとったアレンジだと僕は解釈しました。穏やかな空気を漂わせ、リラックスした状態で耳を傾けたいポップスだと思います。では、リミックスやアコースティックでは、どのような変化を見せたのでしょうか。



Zedd and Elley Duhé – Happy Now -BEAUZ Remix-

配信されたRemixesの中では、BEAUZという兄弟DJ/Producerデュオによるリミックスが好きです。オリジナルのorganicな雰囲気は感じられるものの、肉食っぽい音の印象がかなり強く残ります。ワブル・ベースを含むエレクトロニック・サウンドの響きは、ネコの舌のようにざらざらした感触。粘り気があって聴き手にまとわりつく感じが、音のプレゼンスを高めています。
b0078188_21065639.jpg
アコースティック・バージョンの「Happy Now」は、ボーカルとアコースティック・ギターで構成されています。ギターを弾くのはZeddの兄であるArkadiです。もともと穏やかだった曲に、柔らかさ、優しさといった印象が加わります。



Zedd, Elley Duhé and Arkadi – Happy Now -Acoustic-

オリジナルの時点でさえElleyの歌声が際立つアレンジだと思いましたが、それ以上にアコースティック・ギターの響きは歌声の輪郭を浮かび上がらせます。歌声のプレゼンスが高まると、メロディに含まれた切なさがぐっと引き立ちますね。素敵な歌声は空気を震わせるだけではなく、聴き手の心をも震わせるのでしょう。
2018.10.04
by mura-bito | 2018-10-04 21:09 | Music | Comments(0)
Shawn Mendes and Zedd「Lost In Japan -Remix-」:鋭く鮮やかなエレクトロニック・サウンドが甘い歌声を彩るリミックス
Zeddの新しい音が届きました。カナダ出身のシンガー・ソングライターShawn Mendesが歌う「Lost In Japan」のリミックスです。Remixes内の1曲ということではなく、二人の連名でシングルとして新曲のようにリリースされました。
b0078188_21272499.jpg
Shawn Mendesの歌とZeddのエレクトロニック・サウンドが調和した素晴らしいアレンジです。Shawnの歌声は甘く、色気に満ちていますね。リズミカルなビートとシャープなシンセサイザーの音が歌声に絡みつき、それをヘビーなベースとキックが包み込みます。心と身体を優しく刺激する音のスパイラル。シンセサイザーに誘われて身体を動かしていると、ふとした瞬間に、語りかけるようなボーカルに聞き惚れます。3分半に満たない時間の中で感じる心地好さは筆舌に尽くしがたく、この音が延々と続いてほしいと願うばかりです。



Shawn Mendes and Zedd – Lost In Japan -Remix- (Lyric Video)

Zeddが奏でる音は、背後から光を当ててシルエットを浮かび上がらせるように、歌声を引き立たせます。正面から当たる光と異なり、後方から照らす光は表情を隠しますが、輪郭が強調され、わずかな動きが目立ち、そこに心の震えすら投影されている気もする。そういったイメージが浮かびました。このリミックスでは歌も音も主役です。それぞれに異なるアプローチで曲の世界を描き出します。
b0078188_21273769.jpg
b0078188_21280323.jpg
曲名に含まれる “Japan” とは何を意味しているのか気になるところです。この場合の “Japan” は「遠いところ」を示す言葉なのかなと思います。遠くに行ってしまった相手に向けて語りかけ、それを強調するために選んだ言葉。東の果ての国は今やそれほどエキゾチックでもミステリアスでもないのでしょうが、メタファーとして機能するには充分に離れた地域だということでしょうか。



Shawn Mendes – Lost In Japan (Audio)

「Lost In Japan」のオリジナルは、自らの名前を冠したアルバム『Shawn Mendes』に収録されています。ピアノの静謐な音から始まり、歌が入るとR&Bの雰囲気を漂わせます。コーラスと絡むところはファンクの要素も感じますね。先述の比喩のようにZeddリミックスがシルエットを描くとすれば、オリジナルはステージの正面からスポットライトを当てて、その表情の変化をしっかり見せるアプローチです。音を従えてさまざまな表情を見せる歌を堪能でき、とても素晴らしい歌声であることが伝わってきます。

2018.10.02
by mura-bito | 2018-10-02 21:30 | Music | Comments(0)
Zedd and Elley Duhé – Happy Now
近年、Zeddは素晴らしいコラボレーションを世に披露しています。「Stay」ではAlessia Caraと、「Get Low」ではOne DirectionのLiam Payneと、「The Middle」ではMaren MorrisとGreyと組み、それぞれの歌声の魅力を最大限に引き出しつつ、心と身体を刺激するサウンドを提供しています。新しいシングルを発表するたびに新しい感動を享受できるのが嬉しいですね。
b0078188_21162273.jpg
そして今夏、Zeddは新しいタッグで新曲「Happy Now」を発表しました。先述のコラボレーションと比べて、サウンドは格段に穏やかです。バラードというほどではありませんが、ソフトな印象を受けるポップスです。音のバランスや響き、減衰していくプロセスや余韻をじっくり楽しむ感じでしょうか。音の隙間というか、音で埋まらない空間を含めて楽しみたいアレンジです。とくにギターとピアノの音が味わい深いと思います。「Happy Now」の音について、これまでと比べて最もorganicに響く曲だとZeddは述べていますが、さもありなん。



Zedd and Elley Duhé – Happy Now (Lyric Video)

ボーカルとして参加しているのはシンガー・ソングライターのElley Duhé。その歌声を初めて聴きましたが、ひと言でいうと「心地好い」です。心にすっと入り込むというか、優しく温かみを与えてくれるイメージを抱きます。“Are you happy now?” というフレーズの声やメロディが心に残ります。穏やかな中にも、タフさを感じる歌声です。音が比較的控えめなのはElley Duhéの歌声の魅力を前面に押し出すためなのかもしれません。

Lyrically, it’s a song that is both happy and sad at the same time, while musically,
it’s a song that rather leans towards a happier, sunnier side. (Zedd)


リリック・ビデオをアップしたYouTubeのページでZeddが綴ったところによると、歌詞は幸せと悲しみを併せ持つ一方で、音はより幸せで明るい方に寄せているとのことです。リリック・ビデオを観ると分かるかと思いますが、シンプルな言葉をつないだ歌詞が並びます。穏やかな音に乗せて、言葉がふたつの感情を移ろいます。

2018.07.30
by mura-bito | 2018-07-30 21:19 | Music | Comments(0)
Candyman by Zedd and Aloe Blacc: The Mature and Mellow Song Performed by Two Professionals
I am in love with the song Candyman, which was created in 2016 by two talents: the electronic music DJ/producer Zedd and the singer/songwriter Aloe Blacc. If you are interested in AVICII, you may have heard his soulful and gentle voice in the famous song Wake Me Up.
b0078188_22495516.jpg
Some phrases performed by Sammy Davis Jr. in The Candy Man are included in Candyman. Sammy’s version is a pop and colorful song. Zedd and Aloe take in Sammy’s air in a good mood like a sunny spot, and add their distinctive magnetism to this song.



Zedd and Aloe Blacc – Candyman

Your heart will be captured by the singing voice. Aloe’s voice is tough and wild, but gentle, and builds his original world. I love the phrase “And it feels so good,” which he sings repeatedly, because this refrain is comfortable for me.

Zedd added the element of soul music such as horn sound to his electronic sounds. The mixed sound is impressive for me. It will touch your skin gently and you will feel “texture of sound” when you listen to Candyman. Enjoy the mature and mellow song performed by two professionals. It will make you feel so good.

2018.05.22
by mura-bito | 2018-05-22 21:00 | Music | Comments(0)
[EN] Zedd, Maren Morris and Grey – The Middle
The new song has arrived. The Middle is produced by Zedd and Grey. Grey is a duo consisting of the electronic music DJ/producers: Kyle and Michael Trewartha brothers, and has worked with Zedd for the songs Candyman (with Aloe Blacc), Adrenaline, and Starving (with Hailee Steinfeld). They have joined hands with the singer Maren Morris for The Middle.
b0078188_21261785.jpg
The ticking of a clock starts The Middle. The world is so cool and like calm sea at the beginning, and then changes to hot, dynamic world. The song is ignited by the phrases Maren sings: “Why don’t you just meet me in the middle” and “I’m losing my mind just a little.” Your heart will be ignited, too.

I love these phrases. They appear repeatedly and leave the various impressions on me. The air produced by the song seamlessly changes along with the changes in the expression of Maren’s vocal. She is a great singer. I am so glad to meet her singing voice, and appreciate the wonderful collaboration.



Zedd, Maren Morris and Grey – The Middle (Lyric Video)

Zedd and Grey describe how difficult the production of The Middle has been on the YouTube page for the lyric video. Zedd says “We worked really hard on this record to get it just right,” and Grey says “For a while there it seemed like this song didn’t want to come out.”

The difficulty is incomprehensible to me because I have not worked about music production. I am just a music lover. I love their sounds which they have created in the song such as snare, bass, or guitar. As the sounds are mixed with Maren’s vocal, the song becomes tough and strong.



Zedd, Maren Morris, and Grey – The Middle (Music Video)

The music video has arrived in “the middle” of the 60th Annual Grammy Awards. Maren plays a starring role in the video, performing with many performers on the stage. Zedd plays keyboards and Grey plays a guitar or drums. Watch the video first. We should talk about how wonderful it is after that.

I love the stage direction of the video. The performers move around on the stage and sets: back and forth, right and left, up and down. And, use of the limited colors is impressive for me. Maren wears red and black, Zedd wears white, and Grey and performers wear black and white. Dynamic, three-dimensional movement of the colors blooms the world of The Middle vibrantly.

2018.02.13
by mura-bito | 2018-02-13 21:00 | Music | Comments(0)
[PART2] Zedd, Maren Morris and Grey – The Middle
「The Middle」ではVerseからChorusにつなぐところの構成に心を奪われます。音の数を抑えながら曲を展開しつつ、スネアで強烈な一撃を叩き込んで、歌とともに一気に盛り上げる。このスネアの音とMaren Morrisの ♪Baby!♪ というシャウトが、Twitterのプレビューで流れた部分(0:47あたり)です。音を流したときに見せたZeddの表情からは、この一瞬の音だけでフォロワーの心をつかめることを確信していることを窺わせました。
b0078188_21261785.jpg
ZeddとGrey(Kyle Trewartha/Michael Trewartha)は「制作には難航した」と異口同音に語りますが、琴線に触れるポイントがいくつもある素晴らしい曲に仕上がっていると思います。先述のスネアに加えて、ベースにも耳を傾けるべきでしょう。ところどころで表に出てきて、クールな音を届けてくれます。また、ギターを重ねているのがZeddが関わる曲としては珍しく、新鮮に響きます。そして、音と歌の鮮やかなコラボレーションが最高潮を迎えて「The Middle」が終わります。クライマックスからのエンディング、そしてその余韻も含めて楽しめる曲です。



Zedd, Maren Morris, and Grey – The Middle (Music Video)

ミュージック・ビデオは、第60回グラミー賞の発表の真っ最中(the middle)に公開されました。映像は4人と大勢のパフォーマーによるパフォーマンスで構成されています。こういうlip synchのミュージック・ビデオは音楽をダイレクトに感じることができますね。Zeddはキーボードを弾き、Greyの2人はギターとドラムを演奏します。Marenはパフォーマーたちの中心となって、ステージの軸として機能します。

コンサートのようなステージ・セットを組み、セットの上や下、フロアの前方と後方でパフォーマーが躍動します。上下の落差や前後の奥行きを活用することで、パフォーマーの配置が立体的になるため、視覚的に心地好いと感じます。それに拍車をかけるのが「色の演出」です。赤と白と黒が織り成す世界。Marenの衣装は赤と黒、ZeddとGreyは白、パフォーマーは黒と白。Zeddが弾くキーボードは赤。そこにステージ・セットや照明が放つ光の色が交差して、音楽に彩りを添えます。上下左右前後の立体的な動きと色の動きが組み合わさって、躍動感が増していると思います。
2018.01.31
by mura-bito | 2018-01-31 21:43 | Music | Comments(0)

fujiokashinya (mura-bito)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新の記事
[PART2] Eir Ao..
at 2019-07-18 21:24
[PART1] Eir Ao..
at 2019-07-17 21:20
AVICII and Chr..
at 2019-07-09 19:23
BTS「Lights/Boy..
at 2019-07-05 21:40
藍井エイル「グローアップ」:..
at 2019-07-02 21:03
The Chainsmoke..
at 2019-06-26 21:20
Katy Perry「Nev..
at 2019-06-11 21:56
以前の記事
記事ランキング
カテゴリ
タグ
ライフログ
TM NETWORK

























TETSUYA KOMURO



quasimode


Linkin Park


Paramore

Immigrant'sBossaBand

Ryu Miho

AVICII


Krewella

Zedd


藍井エイル





ORESAMA




Gacharic Spin


梨木香歩

村上春樹



京極夏彦



小林ユミヲ



Book





Comic








Music


ブログジャンル