inthecube
音楽と物語に関する文章を書いています。
ワイルドじゃなくてもいいからタフになりたい
OUR WORLD IS EXPRESSED BY IMPRESSIVE WORDS
ブログトップ
タグ:Paramore ( 21 ) タグの人気記事
Paramore「Hard Times」:新たなトライアングルが描く音楽
Paramoreが久しぶりに新曲を公開しました。タイトルは「Hard Times」。バンド名を冠した前作『Paramore』をリリースし、ワールド・ツアーを終えてから、しばしの休息期間に入っていたバンドは、ベースのジェレミーが脱退し、ヘイリーとテイラーの二人だけになりました。その後、かつてメンバーだったドラムスのザックが再加入し、Paramoreは再び動き始めます。5月に新作『After Laughter』をリリースすることが決まり、アルバムからのファースト・シングル「Hard Times」の配信が始まりました。同時にミュージック・ビデオもアップされています。



Paramore – Hard Times

イントロから鳴り響くのはパーカッションでしょうか。タイトルとは裏腹のポップな音で彩られ、テイラーのギターとザックのドラムがファンキーな雰囲気を醸します。ループするギターのフレーズが好きですね。深刻なことは陽気に伝えるべきだ…とは伊坂幸太郎の『重力ピエロ』に書かれた一節ですが、その言葉は「Hard Times」にも通じるような気がします。

メンバーの脱退に加え、そのメンバーから訴訟を起こされるという出来事は、いくらアメリカが訴訟社会とは言え、ヘイリーにとって少なからずダメージを与えたものと思われます。それでもなお、音楽を続けようと決めた彼女は、ソングライティングの中核を担うテイラー、そして再び歩みをともにするザックと一緒に、明るいサウンドで「Hard Times」を作り上げました。
b0078188_21441377.jpg
ニューヨーク・タイムズ紙の記事「Paramore Bounces Back With Old Faces and a New Sound」で、彼女は新曲のタイトルにちなみ、このような言葉を残しています。

This is what you go through hard times for,
so you can have these moments where you’re proud of yourself,
proud of your choices and your friends.

「つらく厳しい時でも、自分自身、そして自らの選択と友人を誇れる瞬間がある」という感じでしょうか。「Hard Times」を筆頭に、アルバム『After Laughter』に収録された曲を通して、成熟しながらも、いくつもの困難を体験してきたバンドが伝えたいこととは何か。新しいトライアングルが描く音楽に注目してみたいと思います。

2017.04.24
[PR]
by mura-bito | 2017-04-24 21:37 | Music | Comments(0)
Paramore – Emergency -The Final RIOT!-


Paramore – Emergency -The Final RIOT!-

Paramoreのライブ盤『The Final RIOT!』の曲がYouTubeにアップロードされています。二枚目のオリジナル・アルバム『RIOT!』をリリースしたときのライブですね。中でも「Emergency」という曲が僕はとても好きです。デビュー・アルバムに収録されており、二枚目のシングルとしてリリースされました。また、ミュージック・ビデオ* も捻りが効いていて、Paramoreの魅力を存分に伝えています。

ライブ仕様ということで、冒頭にピアノの音が入ります。叫ぶ観客の声が、音を、歌を待ち望む熱量を表わします。それらをすべて呑み込んでエネルギーに変えて、バンドは「Emergency」を演奏します。泣かせる歌メロの裏でギターもメロディアスに歌います。ベースとドラムがしっかりと組み合わさって曲を支えます。ベースの音は緩急の「緩」を演出し、ドラムが刻むビートは曲を加速させる。

こういう曲を聴くとやっぱりバンドもいいよねなんて思うわけです。エレクトロに傾倒したり、ロックに寄ったり、音への興味はスパイラルを描いていますが、両者に共通するものを感じる一方で、それぞれが持つ魅力を楽しむことができます。ライブ・テイクでは、また新たな魅力に出合うことができます。聴き手の数が広がる拡散もあれば、聴き手の中でいろいろな音が鳴るような拡散もあります。いざ音楽を楽しむべし。

* inthecube: Paramore – Emergency (Music Video)

2015.05.12
[PR]
by mura-bito | 2015-05-12 22:29 | Music | Comments(0)
Paramore – Brick By Boring Brick -Live at Red Rocks-
Paramore「Brick By Boring Brick」のライブ音源が、アルバム『Paramore』のデラックス版に収録されています。この曲は三枚目のアルバム『Brand New Eyes』に収録されました。情感豊かに鳴るギターが特徴的、そして魅力的な曲です。ロック・スタイルに満ちた音の上で流れるメロディは、とても美しい。
b0078188_22372504.jpg
ライブではTaylorのギターやJeremyのベースがうねり、ロックの気持ちよさを存分に体感できます。ボーカルのHayleyは、♪Ba da ba ba da ba ba ha♪というsing-alongできるフレーズで観客を煽ります。僕はライブ・ストリーミングやYouTubeで視聴するだけで、実際にライブでParamoreを観たことはありませんが、楽しくて満足できることは確信しています。この曲は本当にライブで聴いてみたい。



Paramore – Brick By Boring Brick -Live at Red Rocks-

ロックらしく骨太で密度が大きいバンド・サウンドの中にも、涼しげな風が吹き抜けるように、鉄琴(あるいはヴィブラフォン)の可憐な音が入ります。Hayleyのボーカルも雰囲気を変え、語りかけるような、内省的なような、凪の状態になります。そして勢いは再び増して、曲はエンディングまで突っ走ります。最後は観客を巻き込んだフレーズの合唱で加速して、一気に駆け上ります。
2015.04.16
[PR]
by mura-bito | 2015-04-16 20:40 | Music | Comments(0)
Paramore – Escape Route


Paramore – Escape Route

Paramoreの「Escape Route」という曲は、オリジナル・アルバム『Paramore』* のデラックス版にボーナス・トラックとして収録されています。デラックス版では、他の未発表音源、デモ音源、ライブ・テイクを聴くことができます。なお、オリジナル盤の曲やデラックス版のボーナス・トラックはYouTubeで公開されています。

『Paramore』は2013年にリリースされました。ソング・ライティングの中心だったメンバーが抜け、バンドが三人になってから初めて制作したアルバムです。それまでに発表した三枚のアルバムとは雰囲気が異なります。ストレートを多用していた投手が、変化球を主体にして攻める感じでしょうか。その変化をすべての古参のファンが受け入れたかどうかは分かりませんが、新たなファンを呼び込んだことは確かでしょうね。アルバムの収録曲を中心に組まれたコンサート・ツアーは、北米が多いものの南米やヨーロッパも回り、各地で盛り上がりを見せています。そしてHayleyの髪の色は変わり続ける。

「Escape Route」では、Hayleyの歌がポップなメロディに乗って、テンポよく流れます。軽やかにステップを踏むダンサーのようですね。アレンジや歌詞の乗せ方には、バンドが三人になる前のスタイルを感じます。『Paramore』には、ポップさはありつつも、さらりと呑み込むには引っかかりがある曲が多く収録されています。この曲がアルバムのアウト・テイクになったのは、過去のイメージから離れるためかもしれません。

* inthecube: Paramore - Paramore

2015.04.14
[PR]
by mura-bito | 2015-04-14 18:34 | Music | Comments(0)
Paramore – Hate To See Your Heart Break [feat. Joy Williams]


Paramore – Hate To See Your Heart Break [feat. Joy Williams]

Paramoreが2013年にリリースしたアルバム『Paramore』には、「Hate To See Your Heart Break」という曲が収録されています。ゆっくりと、柔らかく、優しく語る雰囲気の曲です。アルバムのデラックス版が出るにあたり、ボーナス・トラックとしてこの曲の新バージョンが収録されています。ゲストとして参加しているのはJoy Williams。JoyとHayley、二人の声が織り成す素敵なコラボレーションを楽しむことができます。

そよ風と太陽の光が差し込み、気持ちいい涼しさとあたたかさに包まれる、そんな部屋を想像しました。窓辺で丸くなって眠るネコ。ゆらゆらと揺れる光。きっと、それぞれが感じたことのある心地良さがあると思いますが、それをイメージしてみればいい。…そんな歌詞ではないのですが、音や声の雰囲気は、凝り固まった気持ちをほぐしてくれます。二人のハーモニーが生み出す心地良さに、そっと身を預けてみましょう。

2014.11.26
[PR]
by mura-bito | 2014-11-26 22:03 | Music | Comments(0)
Paramore – Ain't It Fun Remixes
Paramoreの最新作には「Ain't It Fun」* という曲が収録されています。ファンクを感じさせるギターを軸にしており、身体を動かしたくなる曲ですね。オリジナル・ミックスは配信やアナログ盤でシングル・カットされています。先日、この曲のリミックス・シングルが配信され始めましたが、オリジナルの短縮版に加え、3つのリミックス・バージョン(Kye Kye Remix、Smash Mode Remix、Dutch Uncles Remix)が収録されています。それぞれに異なるアプローチがとられており、異なるテイストを楽しむことができます。



Paramore – Ain't It Fun -Kye Kye Remix-

Kye Kye RemixでParamoreに注入されたのはEDM。Zeddの「Stay The Night」** が証明したように、Hayley Williamsの声はEDMサウンドに合います。「Ain't It Fun」はオリジナルの状態から踊れる音楽だったので、メロディもEDMにはまりますね。サウンドの端々にワブル・ベースをきかせていて、他にもソフト・シンセで曲をぐいぐい引っ張ります。DUBSTEPとファンクとポップスが混ざり、音の抜き差しをうまくコントロールしています。



Paramore – Ain't It Fun -Smash Mode Remix-

Smash Modeは2人のDJ/Producerから成るユニットです。ファンク全開のエレクトリック・ギターを重ねることで、オリジナルのファンキーさを増幅していますね。ギターとシンセサイザーとベースが絡み合う下で、四つ打ちが強烈に鳴り続けます。ファンク寄りのエレクトロ、といった感じでしょうか。テンポはオリジナルよりも上がっています。カラフルな感じがイメージできて、ビーチサイドが似合いそうです。



Paramore – Ain't It Fun -Dutch Uncles Remix-

Dutch Unclesは、イギリスはマンチェスター出身のバンドです。このリミックスで聴けるシンセサイザーは明るく跳ねているし、ギターは軽やかに駆けてゆきます。オリジナルで見られたParamore流ファンク、すなわちロックを下敷きにしたファンクは、多彩な音が絡み合うポップスにドレス・アップしています。音の重ね方、強弱のつけ方がとてもおもしろくて、繰り返して聴くといくつもの魅力を発見できますよ。

* inthecube: Paramore – Ain't It Fun (Music Video)
** inthecube: Zedd - Stay The Night [feat. Hayley Williams of Paramore] (Music Video)

2014.07.10
[PR]
by mura-bito | 2014-07-10 22:02 | Music | Comments(0)
Paramore – Ain't It Fun (Music Video)


Paramore – Ain't It Fun

ファンクを思わせる、厚みのあるギター・サウンドが魅力的な曲です。Taylor Yorkの弾くギターは知的かつホット。Jeremy Davisのベースもいつになく前に出てきてダンサブルなリズムを生み出します。Hayley Williamsの歌は聴き手の間で華麗に舞い、バンドと聴き手をひとつにつなぎあわせます。まさしく "Baby, now you're one of us" ですね。

「Ain't It Fun」のミュージック・ビデオが世に放出されました。Paramoreには珍しいダンス・ミュージックですが、3人になってから何でもあり。ロックやパンクの枠をひょいと跳び越えたParamoreの、バンド名を冠したアルバム『Paramore』* の中でも一際輝きを放つ曲です。踊れ踊れ、みな踊るべし。

「何でもあり」の精神は、映像にも表われていますね。世界記録に次々と挑戦していく様子を収めており、これはこれでパンキッシュと言えなくもない。『Paramore』の収録曲のミュージック・ビデオはどれも変化球です。Paramoreがまとったイメージを破壊するつもりか、エキセントリックな内容のものばかりです。時計をギターで叩き壊すように、レコードをまっぷたつに割るように、破壊しつくした中から次の音は生まれる、と思う。

* inthecube: Paramore - Paramore

2014.01.30
[PR]
by mura-bito | 2014-01-30 21:51 | Music | Comments(0)
Stay The Night -Acoustic Version from iTunes Session-


Zedd – Stay The Night [feat. Hayley Williams of Paramore]
-Acoustic Version from iTunes Session-

EDM系DJ/producerのZeddとParamoreのボーカルHayley Williamsが組み、2013年に「Stay The Night」という曲を制作しました。強烈なEDMサウンドと印象的なメロディがぴたりと合わさった、とても素晴らしい曲です。EDMとポップスの魅力がそれぞれ活きた音の中で、パワフルなHayleyの歌声が屹立します。

inthecube: Zedd - Stay The Night [feat. Hayley Williams of Paramore] (Music Video)
inthecube: Stay The Night -SCHOOLBOY Remix-

年が明けて、iTunes Sessionとして録音されたアコースティック・バージョンのビデオが公開されました。Zeddが奏でるピアノの旋律はとても美しいし、新たに吹き込まれたHayleyのボーカルが心地よく響きます。「Stay The Night」の核とも言うべき部分にスポットライトが当たり、くっきりと浮かび上がる。静謐な中に熱いものが存在する、という感じでしょうか。じっくりと耳を傾けたくなりますね。

2014.01.13
[PR]
by mura-bito | 2014-01-13 21:43 | Music | Comments(0)
Paramore - Emergency (Music Video)


Paramore - Emergency

「Emergency」はParamoreのデビュー・アルバムに収録されている曲です。2番目のシングルですね。気持ちのこもったHayleyのボーカル、そして泣きのギター・ソロがとても気持ちいい。これだけ素晴らしい曲をデビュー直後にリリースするなんて、すごいことだと思います。もちろん若さから生まれる勢いやエネルギーも大いに影響しているのだけども、何年もあとになって聴いても青さを感じないんですよね。Paramoreの曲に共通するのは、メロディの美しさ、そしてそれが色褪せないことです。

ミュージック・ビデオは少し変わった世界を描きます。ミュージック・ビデオを撮影するParamoreを演じるParamore、という感じでしょうか。Paramoreのミュージック・ビデオはアイデアがおもしろいものが多く、「そういうことか…!」と思わずうなります。曲が終わる瞬間、Hayleyはマイクを放り投げます。その動作が凛としていて、とてもアーティスティックです。

2013.11.17
[PR]
by mura-bito | 2013-11-17 21:50 | Music | Comments(0)
Stay The Night -SCHOOLBOY Remix-
ZeddとParamoreのHayley Williamsがコラボした曲「Stay The Night」のリミックスがいくつか発売されているそうです。日本のiTunes Storeではオリジナルすら買えないのでリミックスも買えませんが、YouTubeやSoundCloudで聴くことができます。あれこれ探していると、Tiësto、Nicky Romero、SCHOOLBOYのリミックスを見つけました。オリジナル* も充分にEDM (Electronic Dance Music) の魅力を放っていましたが、それをさらに力強くしたのがSCHOOLBOYのバージョンですね。YouTubeでフルレングスを聴くことができます。



Zedd - Stay The Night [feat. Hayley Williams of Paramore] -SCOOLBOY Remix-

EDMはポップスと融合して、今やその境界線は曖昧になっていると僕は思います。「Stay The Night」もEDMを土台にしたポップスと言えますが、SCHOOLBOYのリミックスのように、EDMの要素を強めてEDMらしくなっていく過程もおもしろいですね。ダンス・ミュージックはメジャーな音楽と離合集散を繰り返します。ダンス・ミュージックの純血を求める人たちが多い一方で、境界線を越えることをモットーとする人はいつの時代にも現れる。こうやって音楽が変化・回帰・転生するプロセスも含めて、音楽というのは飽きない存在だなぁと思います。

* inthecube: Zedd - Stay The Night [feat. Hayley Williams of Paramore] (Music Video)

2013.11.16

【追記】
SoundCloudではTiëstoとNicky Romeroのリミックスを聴くことができます。Tiëstoの方はフルレングスがアップされており、全体を聴けるのは嬉しい限りです。Tiëstoのリミックスは往年のトランスらしさを前面に出しており、Nicky Romeroはきらきら輝く音が印象に残ります。どちらもオリジナルの良さを残しながら、ずっとダンス・ミュージックを聴いているファンにダイレクトに響くサウンドに仕上がっていると思います。

SoundCloud: Zedd - Stay The Night [feat. Hayley Williams of Paramore] -Tiësto's Club Life Remix-

SoundCloud: Zedd - Stay The Night [feat. Hayley Williams of Paramore] -Nicky Romero Remix-

2013.11.17

【追記】
「Stay The Night」のオリジナル・バージョンが日本のiTunes Storeでダウンロードできるようになっていました(とっくに…)。また、ピアノとボーカルのみのアコースティック・バージョンが「iTunes Session」シリーズとして配信されています。新たに録音されており、こちらもすばらしいのでぜひ聴いてみてください。

2014.01.13
[PR]
by mura-bito | 2013-11-16 18:35 | Music | Comments(0)

fujiokashinya (mura-bito)
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新の記事
Steve Aoki「Was..
at 2018-11-19 21:38
[EN] Martin Ga..
at 2018-11-13 22:04
[EN] Steve Aok..
at 2018-11-12 21:57
Martin Garrix ..
at 2018-11-06 21:54
Steve Aoki and..
at 2018-11-01 21:12
2018楽器フェア (Mus..
at 2018-10-26 20:58
藍井エイル「アイリス」:音は..
at 2018-10-24 21:09
以前の記事
記事ランキング
カテゴリ
タグ
ライフログ
TM NETWORK

























TETSUYA KOMURO



quasimode


Linkin Park


Paramore

Immigrant'sBossaBand

Ryu Miho

AVICII


Krewella

Zedd


藍井エイル





ORESAMA




Gacharic Spin


梨木香歩

村上春樹



京極夏彦



小林ユミヲ



Book





Comic








Music


ブログジャンル