人気ブログランキング |
inthecube
音楽と物語に関する文章を書いています。
ワイルドじゃなくてもいいからタフになりたい
OUR WORLD IS EXPRESSED BY IMPRESSIVE WORDS
ブログトップ
タグ:Marshmello ( 1 ) タグの人気記事
Marshmello「Here With Me [feat. CHVRCHES]」:ポップに舞うボーカルを彩るエレクトロニック・サウンド
被り物DJスタイルでお馴染みのMarshmelloCHVRCHESというバンドを迎えて制作した「Here With Me」という曲がとても良いので、プレイリストに入れて聴いています。CHVRCHESはIain Cook、Martin Doherty、Lauren Mayberryの三人から成るバンドであり、スコットランドはグラスゴーの出身です。
b0078188_21164402.jpg
「Here With Me」は、エレクトロニック・ミュージックというよりは、親しみやすさを前面に押し出したポップスとして捉えたい。エレクトロとポップスの接近はさまざまなところで実現しており、それはもう音楽業界の軸のひとつといってもいいかもしれません。エレクトロに寄せるか、ポップスの色を強めるか(そこにファンクやヒップホップなどの要素が加わることもある)。「Here With Me」はポップス寄りですね。



Marshmello – Here With Me [feat. CHVRCHES] (Alternative Music Video)

丁寧に紡がれる言葉。ボーカリストLauren Mayberryの歌声は、穏やかで優しく、そして哀愁を感じます。その雰囲気はメロディがもたらしているともいえ、歌声とメロディが磁石のように引き合い、心地好い空間を生み出しています。

MarshmelloとCHVRCHESによって作られたサウンドは歌声の魅力を強調し、その雰囲気づくりに貢献しています。歌声を彩る音。これ以上前に出ても、後ろに下がっても、そのバランスは崩れてしまうのかもしれません。絶妙なポジション、絶妙なバランスにあるからこそ、聴き手の耳に、そして心に引っかかるのでしょう。

2019.06.04
by mura-bito | 2019-06-04 21:18 | Music | Comments(0)

fujiokashinya (mura-bito)
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の記事
Mike Posner an..
at 2019-08-14 21:39
David Guetta a..
at 2019-08-08 21:15
藍井エイル「月を追う真夜中」..
at 2019-07-30 21:02
Zara Larsson「A..
at 2019-07-24 21:23
[PART2] Eir Ao..
at 2019-07-18 21:24
[PART1] Eir Ao..
at 2019-07-17 21:20
AVICII and Chr..
at 2019-07-09 19:23
以前の記事
記事ランキング
カテゴリ
タグ
ライフログ
TM NETWORK

























TETSUYA KOMURO



quasimode


Linkin Park


Paramore

Immigrant'sBossaBand

Ryu Miho

AVICII


Krewella

Zedd


藍井エイル





ORESAMA




Gacharic Spin


梨木香歩

村上春樹



京極夏彦



小林ユミヲ



Book





Comic








Music


ブログジャンル