inthecube
音楽と物語に関する文章を書いています。
ワイルドじゃなくてもいいからタフになりたい
OUR WORLD IS EXPRESSED BY IMPRESSIVE WORDS
ブログトップ
タグ:Linkin Park ( 44 ) タグの人気記事
[EN] Martin Garrix and Pierce Fulton – Waiting For Tomorrow [feat. Mike Shinoda]
New collaboration, new creation. The new song Waiting For Tomorrow has been delivered by Martin Garrix, Pierce Fulton, and Mike Shinoda of LINKIN PARK. This song is a part of MG’s new E.P. BYLAW: Breach (Walk Alone), Yottabyte, Latency, Access, and Waiting For Tomorrow.
b0078188_21455442.jpg
I’ve been excited to enjoy the combination of MG sound and Mike’s singing voice. So happy to listen to his dynamic, tough vocal in EDM with colorful electronic sounds. The mixture is very impressive for me. This is not like LP, nor the vocal in his solo album.



Martin Garrix and Pierce Fulton – Waiting For Tomorrow [feat. Mike Shinoda]

Mike’s rap/vocal has much of presence in LP. In this collaboration, however, Mike’s vocal functions as a significant part of the song, and drives and amplifies the electronic sounds created by MG/Pierce. Just like a best supporting actor.

New collaboration, new experience. We can experience the new music world produced by the wonderful collaboration. Let’s enjoy the song Waiting For Tomorrow.

2018.11.13
[PR]
by mura-bito | 2018-11-13 22:04 | Music | Comments(0)
Martin Garrix and Pierce Fulton「Waiting For Tomorrow [feat. Mike Shinoda]」:EDMに組み込まれたMike Shinodaの歌声
Martin GarrixのEP「BYLAW」に「Waiting For Tomorrow」という曲が収録されています。Pierce FultonというDJ/プロデューサーと共作しており、ボーカルとして参加しているのはLINKIN PARKのMike Shinodaです。まさかMikeがMGの曲に参加するとは思いもよらず、このコラボレーションを聴いたときには感動を覚えました。LINKIN PARKとしてSteve Aokiとコラボレーションしたことはありますが、EDMでMikeの声が響くケースは少なく、それだけにこうして聴けるのはとても新鮮であり、嬉しく思います。
b0078188_21455442.jpg
「Waiting For Tomorrow」はポップな要素を多く含みつつ、深みのある音の展開がとても魅力的な曲です。ポップ・ミュージックとして楽しく聴け、それと同時に、EDMらしく激しいエレクトロニック・サウンドにヒートアップします。Chorusで響くシンセサイザーのリフが心地好い。VerseやPre-ChorusにおけるMikeの抑え目な、それでいて厚みのある歌声は、シンセサイザーで引っ張るChorusに向けた助走となり、エネルギーを溜め込みます。Mikeの ♪Waiting for tomorrow♪ という声をトリガーにして一気に音が弾けるEDM的展開がもたらす快感。それはもう筆舌に尽くしがたい。



Martin Garrix and Pierce Fulton – Waiting For Tomorrow [feat. Mike Shinoda]

LPはヘビー・ロックのバンドですが、エレクトロニック・サウンドを取り入れることが多く、特に『REANIMATION』や『RECHARGED』などのリミックス・アルバムではエレクトロに積極的に接近していました。もともとエレクトロニック・サウンドとは親和性が高いんですよね。大胆にEDMに寄せた曲は先述のSteve Aokiとの「A LIGHT THAT NEVER COMES」ですが、これはLPらしさが見受けられます。Chester Benningtonのボーカルも入っているからでしょう。

「Waiting For Tomorrow」にLPの要素はもちろん見られず、それどころかMike自身の色すら薄めて、MG/Pierceのサウンドに溶け込んでいます。シンセサイザーを軸にしたEDM的な盛り上がりをサポートする歌声、EDMにおける重要なパーツとして機能する歌声。LPやソロとは異なる、Mikeの歌の新しい一面、新しい魅力を見ました。

2018.11.07
[PR]
by mura-bito | 2018-11-06 21:54 | Music | Comments(0)
Mike Shinoda – Post Traumatic
LINKIN PARKのMike Shinodaがソロ・アルバム『Post Traumatic』をリリースしました。Chester Benningtonの死が大きく影響していると推察されるタイトルです。彼の死からしばらくはスタジオに入れなかったと語るMikeですが、2018年に入って自らの名前で新しい曲を発表し始め、6月にアルバムとしてまとめられました。8月には来日してSummer Sonic 2018に出演する予定であり、本作の曲も演奏するのではないかと思います。
b0078188_20594192.jpg
アルバムに先駆けて配信されたいくつかの曲の第一印象は「重くて苦しい」。LINKIN PARKの作品でも断片的に見られた雰囲気ではありますが、アルバム全体を占めるのかと思うと食指が動かなくなりました。暗くヘビーな曲ばかりを聴いていると、その陰鬱な空気を吸い込んで息ができなくなるのではないか?



Mike Shinoda – Make It Up As I Go [feat. K.Flay]

ようやく全編を聴けたのは、アルバムがリリースされてしばらく経ってからです。Chesterの一周忌が近いということもあって意識が引き寄せられたのかもしれません。アルバムを通して聴いてみると、明るいと呼べる曲はないものの、暗い曲ばかりではなく、ポップな要素を含む曲もあって安心しました。



Mike Shinoda – Hold It Together

『Post Traumatic』についてMikeは、LINKIN PARKではないし、Fort Minorでもないと語りました。LINKIN PARKはバンドのグルーヴやChesterのボーカルがあってこそ成立し得る音楽なので、確かにこの作品とは一線を画しています。ただ、Fort Minorに関しては、曲によってはそう遠くないと思います。Fort MinorはMikeのラッパーとしての面を強調したソロ・プロジェクトです。例えば「Ghosts」や「Hold It Together」、K.Flayをゲストに迎えた「Make It Up As I Go」がFort Minorを想起させます。



Mike Shinoda – Ghosts

音や歌詞という表側の(意識的な)部分ではなく、彼の奥に潜むものがLINKIN PARKやFort Minorとは異なるのかもしれません。Fort MinorもMikeの個人的作品という面を持った活動ですが(彼のミドル・ネームであり父親の名前を冠した「Kenji」という曲があるくらい)、もっと内的で、よりパーソナルな思いを形にした作品が『Post Traumatic』ということでしょうか。
b0078188_21000035.jpg
自らの奥底に潜り込んで、Chesterの死と向き合い、そして心に負った傷と向き合うことで、どのような音楽が生み出されるのか。この1年、多くのことを考えたであろうMikeが出した最初の答えが『Post Traumatic』なのだと思います。アルバムを聴いていると、Mikeの「モノローグ」と「ダイアローグ」が交差するのを感じます。Chesterの影を見ながら、ひとり思うことを語ったり、生者と言葉を交わしたりする。そんなイメージが浮かびました。

2018.07.17
[PR]
by mura-bito | 2018-07-17 21:01 | Music | Comments(0)
IN MY REMAINS by LINKIN PARK: CLEAR AND HEAVY VOICES GET CROSSED TO WEAVE ONE WORLD
You will listen to the song IN MY REMAINS after the first song when you play LINKIN PARK’s fifth studio album LIVING THINGS. The main feature of the song is the singing voice of the great singer, Chester Bennington. He sings the verse clearly, and then sings the chorus with stronger voice.
b0078188_22201233.jpg
I am in love with how Chester vocalizes and changes melody in these parts of the chorus: “Now in my remains” and “Set this silence free.” His beautiful song casts light on darkness and circulates gloomy mood produced by the words including negative feelings such as suffering and regret.



LINKIN PARK – IN MY REMAINS (Audio)

Mike Shinoda eventually adds and sings quietly and heavily like monologue. Chester’s voice is clear and Mike’s voice is heavy, and both characteristic voices overlap in the end of the song.

Two crossed voices are like warp and weft threads weaving a cloth. Two vocals are different style from mix of vocal and rap, which is an established style for the band, so we can see the new world of the band. The phrase “one by one” repeated by two voices swirls and then swallows all the sounds finally.
2018.05.10
[PR]
by mura-bito | 2018-05-10 21:34 | Music | Comments(0)
LIVING THINGS by LINKIN PARK: WHAT WE ARE GIVEN FROM THE SONGS IS A VESTIGE OF THE BAND
The album LIVING THINGS is the fifth album of LINKIN PARK. I listened to the album at the day on when LP had released it in 2012. However, I never listened to it many times because my interest shifted to other music. Recently I listened to it again to understand the magnetism which the album has. I am so glad to find out that the songs in the album are excellent.
b0078188_22201233.jpg
The album starts with LOST IN THE ECHO, in which Chester Bennington’s vocal and Mike Shinoda’s rap are crossed. We can also listen to the scratch performed by Mr. Hahn. IN MY REMAINS presents two singing voices. Chester’s vocal is so clear and dynamic, on the other hands, Mike’s vocal is so heavy and static. In BURN IT DOWN, which is cut from the album as a single, the listeners may be impressed by the guitars played by Brad Delson. This song was performed in the last tour for Chester in 2017.



BURN IT DOWN

Two vivid songs are sequenced: LIES GREED MISERY is more popular than the previous LP songs, and I’LL BE GONE is simple rock music with the sound of strings. The album has come to the halfway point. CASTLE OF GLASS starts with thin sounds, and eventually the sound becomes thick and heavy. Song by Mike flies at low altitude and has no expression.



CASTLE OF GLASS

You will enjoy the drum performance by Rob Bourdon in VICTIMIZED: aggressive beats make you excited and percussive beats makes you danced. In ROADS UNTRAVELED, Mike sings at first, and after the interlude is played, Chester sings the same melody. And then, being supported by the bass sound by Phoenix, the song with suppression of emotion and the howling guitar come out alternately.



ROADS UNTRAVELED

The melody of SKIN TO BONE is so wet, and unusual for LP. In UNTIL IT BREAKS, the rap has languid voice. The impression changes in the first half and the second half of the song. After the short instrumental named TINFOIL, the album ends with POWERLESS, the song and guitar are performed to explode their emotions.



POWERLESS

When the last song is finished, you will find afterglow of the singing voices and sounds of LIVING THINGS. What are you given from the afterglow? I see the vestige of the band in it. The album is one of LP’s vestige, and what we are given from the songs is also their vestige.

2018.04.12
[PR]
by mura-bito | 2018-04-12 21:26 | Music | Comments(0)
LINKIN PARK「IN MY REMAINS」:Chesterの澄んだ歌声とMikeの重厚な歌声が交差して、ひとつの世界を織り上げる
LINKIN PARKが2012年に発表したオリジナル・アルバム『LIVING THINGS』に、「IN MY REMAINS」という曲が収録されています。激しくて分厚い音をイントロで響かせた後、Verseはシンプルな音が貫かれ、Chorusで再びエネルギッシュな音が放出されます。曲を牽引するのはChester Benningtonの歌声ですが、終盤になるとMike Shinodaの歌声が交差して、ひとつの世界を織り上げます。
b0078188_22201233.jpg
ChesterはVerseで澄んだ歌声を披露し、さらにChorusでは力強さが加わります。♪Now in my remains♪ や ♪Set this silence free♪ の部分で見られる伸びやかな歌声とメロディの変化が胸を打ちますね。歌詞の字面からは、苦しみや後悔などのメランコリックな思いや批判的な視点が窺えます。けれども、ともすれば淀んでしまいそうな空気は、美しい歌声によって循環しています。

2回目のVerseとChorusが繰り返された後で、厳かな雰囲気を醸す音とともに、Mikeが静かに語りかけるように歌います。音はクライマックスに向けて壮大さを増し、ChesterとMikeのボーカルが重なります。交差するふたつの歌声は、ひとつの生地を織り上げる縦糸と横糸のようです。ボーカルとラップとは異なる、ふたつのボーカルによって生まれる世界が目の前に広がります。そして、繰り返される “one by one” のフレーズが渦を巻き、最後にはすべての音を呑み込む。



LINKIN PARK – IN MY REMAINS (Audio)

こうしたMikeのボーカルが見られ始めたのは2007年のオリジナル・アルバム『Minutes To Midnight』からです。アルバム自体が「Mike Shinodaといえばラップ」というイメージを覆すものでしたが、その要因のひとつがMikeのボーカルです。「In Between」という曲でのボーカルは独白のように低空飛行で進み、決して明るくはなく、バンドに求められていたスタイルとはほとんど正反対の方向に位置していました。ラップの比率が大きく減ったことは、デビュー当時から聴いているファンにとっては不完全燃焼の原因となったと思います。僕も「もっとラップが聴きたい」と思いました。

しかし、彼はそのアプローチを一時的なものにはしませんでした。『LIVING THINGS』では、ChesterのボーカルとMikeのラップが交差する初期スタイルへの回帰を見せつつも、その一方で、随所にMikeの重厚なボーカルが洗練されて組み込まれています。「IN MY REMAINS」の他に、「CASTLE OF GLASS」や「ROADS UNTRAVELED」といった曲でもMikeの歌を聴くことができます。Mikeはラップ、ギター、キーボードなどさまざまな役割をこなしますが、歌もまた彼の表現方法のひとつであり、Chesterの歌とは別の角度からLINKIN PARKの曲を照らすのです。

2018.04.05
[PR]
by mura-bito | 2018-04-05 21:56 | Music | Comments(0)
[EN] LINKIN PARK – One More Light Live
One More Light Live, which is Linkin Park’s latest live album, has arrived. You can listen to the songs performed in Europe such as Amsterdam, Berlin, London, and Kraków in 2017.
b0078188_21013566.jpg
We dedicate this live album to our brother Chester
who poured his heart and soul into One More Light.

The set list for One More Light tour consists of the songs recorded in the latest album One More Light and the others. I am impressed by the performances such as Battle Symphony, Leave Out All The Rest, and What I’ve Done. The sounds created by the band are tough and wild.

The videos of Sharp Edges and Crawling are uploaded on YouTube. Chester Bennington sings with the simple sound by a guitar or piano, so his singing voice stands out more. You can taste his beautiful voice.



LINKIN PARK – Sharp Edges (One More Light Live)

Chester is printed on the cover of One More Light Live. He sings and puts his right hand out toward the audience. The photograph made me recall the symbol of One More Light that illustrates six hands grip each wrist to be a circle.

The band members connect to each other, and the band connects to their audience around the world. The circle did not lose one hand. We can reach out our hand to the band to create a new circle consisting of “seven hands.”



LINKIN PARK – Crawling (One More Light Live)

I feel a little bit sentimental about the fact that I listen to the “last” performance. However, their hot performance burns a sad feeling, and makes me so excited.

How do LP lovers feel in listening to One More Light Live? We have each feeling, and it has different resonances for us. This year 2017, which is a special year for all LP lovers, is strongly condensed into One More Light Live.

2017.12.29
[PR]
by mura-bito | 2017-12-29 18:12 | Music | Comments(0)
LINKIN PARK – One More Light Live
LINKIN PARKのライブ・アルバム『One More Light Live』がリリースされました。2017年のワールド・ツアーの口火を切ったヨーロッパ公演でのパフォーマンスが収録されています。アムステルダムでの録音が中心ですが、他にもベルリン、ロンドン、クラクフなどの様子が収められています。
b0078188_21013566.jpg
We dedicate this live album to our brother Chester
who poured his heart and soul into One More Light.

セット・リストの中心となっているのは新作『One More Light』の曲です。『One More Light』のサウンドやボーカルは、表題曲をはじめとして全体的に穏やかな雰囲気があります。『One More Light Live』に同封された解説を読んでみると、『One More Light』を録音するにあたり、Chester BenningtonとMike Shinodaは専門家によるボーカルの指導を初めて受けたとのことです。それだけ歌に乗せて届けたいものがあったということでしょうか。

『One More Light』の最後に収録された「Sharp Edges」も、このツアーで演奏されました。ライブではBrad Delsonが弾くアコースティック・ギターの音に支えられ、Chesterがギターを弾きながら歌っています。『One More Light Live』には、演奏の後に「ギターを弾きながら歌うのは大変だね」と笑いながら語るMCも収録されています。



LINKIN PARK – Sharp Edges (One More Light Live)

『One More Light Live』には新作以外の曲も盛り込まれています。「In The End」、「New Divide」、Jay-Zの「Encore」を含んだ「Numb」などを聴いていると、ライブで味わえる心地好さやスリリングさを追体験できる瞬間が数多く訪れます。特に「What I’ve Done」や「Leave Out All The Rest」では味わい深いバンド・アンサンブルを聴けて、僕はとても好きですね。

また、初期の代表曲のひとつ「Crawling」は象徴的だった激しいサウンドやシャウトではなく、美しいバラードとして披露されました。Mikeが弾くピアノの音を背景に、Chesterが歌い上げます。アルバムを通して聴いていると、彼の歌声がもたらす静謐な響きと、ハードな曲が生み出す会場の熱気がコントラストを描いて目の前に広がります。



LINKIN PARK – Crawling (One More Light Live)

『One More Light Live』のジャケットには、観客に向けて手を伸ばすChesterが写っています。その姿を目にしたとき、『One More Light』を象徴するアートワークのひとつ「それぞれの手首をつかんで円を描く6本の腕」を思い出しました。『One More Light』の裏に印刷されており、また『One More Light Live』のCDをケースから外すと目に飛び込んできます。

6人を結ぶ関係の強さは言うまでもないし、バンドとファンの関係も推して知るべしです。だからこそというべきか、ジャケットに写るChesterの姿は「ライブという時間と場所でバンドが観客とつながることの意味」を僕らに改めて考えさせてくれて、そして大事に思わせてくれます。音楽におけるシンプルな関係性をストレートに表わしている写真なのではないでしょうか。

多くのファンがそれぞれの思いを抱えて聴いていることと思います。感傷的になるのはやむを得ないのかもしれませんが、それを焼き尽くすような熱い演奏に気持ちが昂ぶるのもまた事実です。『One More Light Live』には、6人の音楽が刻み込まれているのと同時に、2017年という特別な一年が凝縮されているのです。

2017.12.28
[PR]
by mura-bito | 2017-12-28 21:34 | Music | Comments(0)
[EN] LINKIN PARK LIVE AROUND THE WORLD
I chose 13 songs from Linkin Park’s live album series Live Around the World to make my playlist. The series contains the songs which the band had performed on various stages. You can listen to the studio version in four albums from the debut album Hybrid Theory to the 4th album A Thousand Suns.
b0078188_21504517.jpg
One of my favorite LP songs is Points Of Authority included in Hybrid Theory. This song has the role to start my playlist. Mike Shinoda, who is a rapper, guitarist, and keyboard player in the band, had performed the new rap at the start of the song in this version. The new rap sharply passes a torch to the original rap. The stream of the highly condensed words makes me so excited. Make some noise!

Points Of Authority (Sydney, 2007) in Hybrid Theory
In The End (Melbourne, 2010) in Hybrid Theory
Don’t Stay (Shanghai, 2007) in Meteora
Somewhere I Belong (Köln, 2008) in Meteora
Lying From You (New York, 2008) in Meteora
One Step Closer (Frankfurt, 2008) in Hybrid Theory
Papercut (Paris, 2010) in Hybrid Theory
What I’ve Done (New York, 2008) in Minutes To Midnight
When They Come For Me (Paris, 2010) in A Thousand Suns
Numb (New York, 2008) in Meteora
From The Inside (Sydney, 2010) in Meteora
Breaking The Habit (Hamburg, 2011) in Meteora
The Messenger (Las Vegas, 2011) in A Thousand Suns

The last song in the playlist is The Messenger included in A Thousand Suns. Chester Bennington’s singing voice is very tough, beautiful, and tender. I love it. In the simple and gentle sounds, his song sounds sweet to me and resonates with my heart. He said “Sing along with us!” and then the audience sang along with him at the end of the song. It had finished up with the voices of Chester and many LP lovers. So impressive.

2017.12.27
[PR]
by mura-bito | 2017-12-27 21:08 | Music | Comments(0)
LINKIN PARK LIVE AROUND THE WORLD
LINKIN PARK“Live Around the World” シリーズは、デビュー・アルバム『Hybrid Theory』から4枚目の『A Thousand Suns』までの曲について、2007~2011年のワールド・ツアーで録音したライブ・テイクを集めたシリーズです。これらの存在を僕が知ったのは最近のことですが、なんと5年前に配信が始まっていました。遅すぎた出会い。それでもこのライブ・テイクは、僕にとって今が旬です。
b0078188_21504517.jpg
Live Around the Worldプレイリストを自作してみたところ、トータル13曲の約50分になりました。順番は日々入れ替えてベストを探っていますが、開幕が「Points Of Authority」という点は変わりません。2007年以降のライブでは冒頭のMike Shinodaのラップが長くなったり、リズムやギターなど音のメリハリが効いていたりと、僕の好きな方に変わっていきました。追加されたラップからオリジナルにもあるラップ “Forfeit the game...” につながっていく流れがとても好きで、その高揚感を味わうためにプレイリストの先頭に据えています。

「Somewhere I Belong」「What I’ve Done」はイントロが長くなっていたり音が加わっていたりして、気分を盛り上げてくれます。特にJoe Hahnのスクラッチは快感を覚えますが、時としてエモーショナルに響くのが好きです。「エモーショナルなスクラッチ」とは奇妙な表現ですが、本当にそうなのです。鋭く空気を切り裂く音というよりは、空気に溶け込んで雰囲気を柔らかくするストリングスに近い役割を担っていると思います。もちろん彼は攻撃的で鋭い、スクラッチらしいスクラッチも「Papercut」などで披露します。

Points Of Authority (Sydney, 2007) in Hybrid Theory
In The End (Melbourne, 2010) in Hybrid Theory
Don’t Stay (Shanghai, 2007) in Meteora
Somewhere I Belong (Köln, 2008) in Meteora
Lying From You (New York, 2008) in Meteora
One Step Closer (Frankfurt, 2008) in Hybrid Theory
Papercut (Paris, 2010) in Hybrid Theory
What I’ve Done (New York, 2008) in Minutes To Midnight
When They Come For Me (Paris, 2010) in A Thousand Suns
Numb (New York, 2008) in Meteora
From The Inside (Sydney, 2010) in Meteora
Breaking The Habit (Hamburg, 2011) in Meteora
The Messenger (Las Vegas, 2011) in A Thousand Suns

「One Step Closer」はライブのオープニングを飾っていた頃に録音されたものと思われ、Brad Delsonが弾くギターの音が徐々に厚みを増していくイントロが格好良い。「When They Come For Me」は、リリース当時から僕はアフリカの民族音楽をイメージしていたのですが、祝祭的なリズムが特徴的でLINKIN PARKの枠を越えている点が好きでした。ライブではChester Benningtonが歌いながらバスドラムを叩いていた記憶があります。

プレイリストの最後に配置したのは「The Messenger」です。アコースティック・ギターの音に乗せて、Chesterが切々と歌います。途中からピアノ、そして穏やかなスネアの音が加わります。LINKIN PARKはバラードやフォークよりもヘビーなサウンドの方が知られているかとは思いますが、「The Messenger」のような「剥き出しになる」曲も素晴らしいものがあります。シンプルな音の中で響くChesterの歌が静かな輝きを放ちます。そして最後はChesterの歌声と、彼の “Sing along with us!” という言葉に導かれた観客の歌声が重なり、幕を下ろします。

2017.12.13

◆追記
「Lying From You」を追加しました。“No no, turning back now” というMikeのラップと一緒に叫びたい。この曲の追加により、2枚目のアルバム『Meteora』の曲が半数を占めるプレイリストとなりました。

2017.12.17
[PR]
by mura-bito | 2017-12-13 21:57 | Music | Comments(0)

fujiokashinya (mura-bito)
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新の記事
Steve Aoki「Was..
at 2018-11-19 21:38
[EN] Martin Ga..
at 2018-11-13 22:04
[EN] Steve Aok..
at 2018-11-12 21:57
Martin Garrix ..
at 2018-11-06 21:54
Steve Aoki and..
at 2018-11-01 21:12
2018楽器フェア (Mus..
at 2018-10-26 20:58
藍井エイル「アイリス」:音は..
at 2018-10-24 21:09
以前の記事
記事ランキング
カテゴリ
タグ
ライフログ
TM NETWORK

























TETSUYA KOMURO



quasimode


Linkin Park


Paramore

Immigrant'sBossaBand

Ryu Miho

AVICII


Krewella

Zedd


藍井エイル





ORESAMA




Gacharic Spin


梨木香歩

村上春樹



京極夏彦



小林ユミヲ



Book





Comic








Music


ブログジャンル