inthecube
音楽と物語に関する文章を書いています。
ワイルドじゃなくてもいいからタフになりたい
Write my fire with impressive songs and stories.
ブログトップ
David Guetta/Martin Garrix/Brooks – Like I Do
David GuettaMartin GarrixBrooksが連名で新曲「Like I Do」を発表しました。「Like I Do」では、ソングライティング、プロデュース、演奏やプログラミングが3人を含む複数人で行なわれ、さらにBrooksはミックスとマスタリングという曲の仕上げも手掛けています。3人のDJ/プロデューサーが放つエレクトロニック・ミュージックは、人々を踊らせるために生まれた音楽です。ああ、踊りたい。
b0078188_21480061.jpg
聴き手の興奮を一気に高めるフレーズは、EDMらしいパターンです。シンセサイザーの音に厚みがあって、一度抑えてから上昇させて音を解放する。EDMに王道も邪道もないのですが、個人的にはEDMに対するイメージを過不足なく反映している曲だと思います。声は完全に素材として扱われていて、現実感をなくすような雰囲気を醸します。リリック・ビデオでは赤いシルエットが曲線を描きます。これらのアプローチは、テクノロジーを使った芸術作品とでも言いたくなる要素です。



David Guetta, Martin Garrix, and Brooks – Like I Do (Lyric Video)

Martin Garrixの名前はよく目にしていましたが、彼が関わる曲を聴いたのは「Like I Do」が初めてです。想像以上に若くて驚きました。Brooksも同年代なので、「ベテランのDavid Guettaと若手ながらトップDJのMartin Garrix、新星のBrooksが組んだ意欲作」ということになるでしょうか。David Guettaと他の2人は親子ほども年齢が離れているものの、こうしたコラボレーションに触れると「年齢差なんか関係ないよな」と思わせてくれます。

特にヨーロッパでは「無名の若手をプッシュしてステージに上げるのがベテランの役割」という意識が定着しているのかなと思います。だからこそ、若手が売れた後でベテランと共演しても、ベテランが若手に便乗しているという空気が漂わない。音楽ファンは個と個が化学反応を起こすコラボレーションを楽しんでいるのでしょう。そして、ベテランは若手を引き上げつつ自分の表現も追究する。こういった循環が業界に活力を与えるポイントのひとつと考えられます。

David Guettaはフランス、Martin GarrixとBrooksはオランダの出身です。ヨーロッパからは、エレクトロニック・ミュージックの世界で活躍するDJ/プロデューサーが次々と生まれます。ブームとしてのEDMは落ち着きましたが、それでも次世代が台頭してくるところに、ヨーロッパにおける層の厚さを感じます。オランダにはDJやプロデューサーになるための教育プログラムがあるようで、エンターテインメント産業の育成や輸出は、基礎部分を強くして広げるという底上げも重要ということでしょうか。風向きひとつで変わる業界ではありますが、それでも射程を長くして戦略的に若手を育成するのが産業を活性化する近道なのかもしれません。

2018.03.06
[PR]
# by mura-bito | 2018-03-06 21:48 | Music | Comments(0)
Krewella – Alibi
KrewellaJahan Yousaf/Yasmine Yousaf)の新曲「Alibi」がリリースされました。静かに始まり、音の数を抑えながらも、やがてドラマチックな展開を見せる曲です。サブスクリプション・サービスでの配信開始とともに、ミュージック・ビデオも公開されています。
b0078188_20481887.jpg
僕はChorus部分の最後、♪Stay with me tonight I’ll be your alibi♪ と歌うところが好きです。メロディも歌い方も良いですね。そして、このフレーズを合図にシンセサイザーとキックの音が飛び出して、身体を刺激するダンサブルな音を奏でます。このパターンはEDMらしいとも言えます。彼女たちはEDMから離れて独自のアプローチを続けていますが、その音楽の一部としてEDMの要素は存在し続けているのだと感じます。



Krewella – Alibi

かつてKrewellaにはパーティー・ソングのような明るさを感じていましたが、2人になってからは雰囲気が変わりました。より広い視野で音楽を、そして社会を捉える姿勢は、歌詞やビジュアルに反映されています。ジャケットに関していえば、例えば「Ammunition」ではノーメイクで写り、「Team」では数々の国旗を背にしていました。彼女たちのルーツに加え、それぞれの主張、そして2人になった経緯など、さまざまな要素が組み合わさってKrewellaの音楽が生まれています。

「Alibi」で歌われている ♪Stay with me tonight I’ll be your alibi♪ の含意とは何か。それを読み解くのは難しいのですが、しばし考えてみると「同じ世界で生きる別の誰かの言葉をなぞっている」という解釈が浮かびました。現実に起きていることを、誰かの口を借りて、えぐり出します。歌詞に登場する “alibi”、“bulletproof”、“die for you” などの言葉は、直接的に捉えるべきか、メタファーとして捉えるべきか。身体に響くサウンドや歌の中で、およそポップではない言葉が強烈な存在感を放ちます。

2018.03.01
[PR]
# by mura-bito | 2018-03-01 20:49 | Music | Comments(0)
ORESAMA「Hi-Fi TRAIN」:聴く人を乗せて、新しい季節に導くファンク&ファンタジック・トレイン
渋谷の街や夜空を駆け巡るファンタジックな列車。ORESAMAぽん/小島英也)の新曲「Hi-Fi TRAIN」は、2018年1月のライブで初めて披露され、1ヶ月後にはミュージック・ビデオが公開されました。春にリリースされるオリジナル・アルバム『Hi-Fi POPS』の1曲目に収録される予定です。
b0078188_22001384.jpg
「Hi-Fi TRAIN」を聴いた第一印象は「サビのメロディがきれいで心地好い」ということです。ぽんが歌う ♪急加速 夢見るエンドレスライナー♪ というフレーズに心をつかまれました。イントロ、アウトロ、間奏、あるいはAメロやBメロなど、琴線に触れる部分は聴き手によって異なりますが、僕はサビのメロディを聴きたくて何度もYouTubeを再生しています。もちろん、他の部分と一体となってひとつの曲が完成しているので、サビだけをエンドレスに聴きたいわけではありません。それと同時に、強烈な印象を与えるフレーズの存在は重要だと思います。

歌であれ楽器であれ琴線に触れるフレーズに出会えるかどうかが、曲を好きになるポイントのひとつなのでしょう。誰もが知っているキャッチーなフレーズというよりは、自分に刺さるフレーズが欲しい(両者が重なることもあります)。例えば、前作「流星ダンスフロア」では間奏のギター・ソロ、前々作「Trip Trip Trip」ではアウトロのシンセサイザーに僕は強く惹かれました。そうしたフレーズを起点に曲を楽しむことで、曲全体に愛着が湧きくんですよね。



ORESAMA – Hi-Fi TRAIN

「Hi-Fi TRAIN」の軸になっているのは、ファンキーに刻むギターの音だと思います。これまでと同じようにシンセサイザーやストリングスの音が加わっていますが、その中でも僕はギターの音が耳に残りました。小島英也の弾くギターは、ファンクらしいクリーンな音で曲を引っ張りながら、するりと立ち位置を変えて歌を支える名脇役をも演じます。ギターに意識を向けて聴いてみると、曲の中でも多彩な表現を見せてくれることが分かります。

渋谷の街をデコレーションしたミュージック・ビデオでは、ELEVENPLAYのメンバー2人(YU/MARU)がパフォーマンスを披露しています。振付を担当したのは同じくELEVENPLAYのNONです。この布陣は前作および前々作と同様ですが、今回の衣装は黄色で統一されています(前作は赤、前々作は青)。また、前作までは目を隠していた前髪を短くすることで、文字どおり豊かな表情がパフォーマンスに加わります。

ORESAMAの2人が歌とギターで魅せる後ろで、ELEVENPLAYによる曲線と直線が絡み合うパフォーマンスが彩りを添えます。曲が公開されるたびにパフォーマンスを披露してくれると、いよいよ本気でORESAMAとELEVENPLAYの共演を観てみたいですね。未来に向けて延びるレールウェイ。アルバムへの期待を含めて、ORESAMAのアプローチは次々と未来を予感させてくれます。
2018.02.27
[PR]
# by mura-bito | 2018-02-27 22:02 | Music | Comments(0)
[PART2] PANDORA – Blueprint
PANDORA小室哲哉/浅倉大介)がUltra Japan 2017に出演し、「Be The One」とともに披露した曲がアルバム『Blueprint』に収録されています。それが「Shining Star」です。ポップな歌モノのように思わせながら、ダブステップなどのマニアックな要素を含んでいます。Miyuuというアーティストがボーカルとして参加していますが、歌モノというよりは歌声の素材を提供している感じでしょうか。歌を含んだ音のインスタレーションと言うこともできます。『Sound & Recording Magazine 2018 MARCH』のインタビューでは、2人は「PANDORAは歌モノありきではない」と異口同音に語っていましたが、それを思い出します。
b0078188_21243309.jpg
「Aerodynamics」は小室さんが出演したイベントで披露した曲です。PANDORAの音で再構成されてアルバムに収録されました。17分にわたる長大なインストゥルメンタルであり、エレクトロニック・サウンドの気持ち良さを味わえます。音の雰囲気が大胆に変わり続ける様子は、さながら「音の見本市」です。音のバリエーション、音のつなぎ方や構築のパターンをパッケージしています。メロディや音で物語を綴るというよりは、音づくりの職人がサウンドメイクの技術力をPRするという感じでしょうか。



アルバムのタイトルに使われた “blueprint”(青写真)は「設計図」という意味で使われることが多く、意訳を許してもらえるならば「ここから始まる」と捉えられます。タイトルが決まったのは前のことなので期待するわけにはいきませんが、それでも前向きな言葉だと受け取ります。また、『B-PASS ALL AREA Vol. 7』のインタビュー(取材は2017年の年末)では、数曲がアルバム候補として挙がっていたことが分かりますが、それはPANDORAとして世に出したい音がもっとあったことを意味しています。

あらゆる人がその1フレーズで遊びたがったり、映像に使いたがったりしてくれたら良いですね。広げるだけ広げて「いろんなことありますよ」というのではなくて「コレだけなんだけど」ということから広がるほうが今の時代っぽいかもしれないので。

小室哲哉
『Blueprint』PANDORA INTERVIEW

小室さんは、あれもこれも伝えたいというよりは、多くの人々に知れ渡るフレーズがひとつでもあればいいと語ります。その点は、YouTubeを経由して拡散した曲(例えば「Happy」や「恋」)を考えてみれば分かりやすい。ただ、多くの聴き手が共感するフレーズは、さまざまな戦略・戦術の賜物とも言えるし、あるいは偶然の産物なのかもしれません。茫漠たるこの世界に音をドロップしただけでは、バズることが難しいのは想像がつきます。多くの曲はそこまでバズるわけではなく、ファンが多いアーティストでさえ、刺さるフレーズは聴き手によって異なるのが実情だと思います。

一曲の中で心に残るのはわずかなフレーズだという考えには首肯しますが、それを「みんなが気に入る」ということとは別の次元です。拡散しやすい時代は霧消するのも早いため、そこに必要なのは碇を降ろすことだろうと思います。「このフレーズは自分の琴線に触れる」というケースを積み重ねていくことで、音楽ファンは音楽に対して価値を感じ続けるのではないでしょうか。そして、願うことが許されるのならば…小室さんと大ちゃんのバランスはとても良いので、ある程度しっかりしたチームで体制を固めて、PANDORAのカタログに加わる音をいつか届けてほしいと思います。
2018.02.22
[PR]
# by mura-bito | 2018-02-22 21:10 | Comments(0)
[PART1] PANDORA – Blueprint
ひと言では語れない音、音、音。PANDORA小室哲哉/浅倉大介)が4曲入りのアルバム『Blueprint』をリリースしました。シングルとしてリリースされた「Be The One [feat. Beverly]」と「proud of you [feat. KAMEN RIDER GIRLS]」のリミックスに加え、イベントで披露された曲「Shining Star」と「Aerodynamics」が収録されています。トータル4曲ながら30分ほどのボリュームがあります。また、初回盤には2人のインタビューを収めた冊子も同梱されています。
b0078188_21243309.jpg
「Be The One」と「proud of you」のリミキサーであるDave Fordは、これまでにも小室さんが関わる曲のミックスやリミックスを数多く手がけてきました。例えばTM NETWORKでは、2004年の『NETWORK -Easy Listening-』や2014年の『DRESS2』と『QUIT30』に参加しました。この2曲でもDave Fordらしいサウンドを聴くことができます。彼の音はクリーンなものが多いという印象を僕は持っています。それは今回のリミックスでも同様であり、ダブステップなどのEDMというよりは、トランスに寄っている感じですね。



「Be The One」のリミックスで好きなところは、インタールードで見せる音の抜き方です。音の浮き立たせ方と言うこともできますが、どの音を聴かせたいかということが明確です。フィーチャーされた音がダイレクトに聴き手に向かってきます。また、ボーカルの処理についてもオリジナルとは変化していて、歌が立体的に聞こえてきます。Beverlyの歌声は素敵だと改めて思わせてくれるし、サビのメロディが心地好いということを実感するリミックスです。

「この曲で始めたい、終わりたい」と思わせるような1曲、1フレーズがあったほうがもしかしたら今の時代には存在意義があるかもしれないですよね。

小室哲哉
『Blueprint』PANDORA INTERVIEW

一方、「proud of you」では、オリジナルに感じた重さは緩められ、比較的ポップで聴きやすくなっていると感じます。こちらがシングルに収録され、シングルに収録されていた方がリミックスとして発表されたとしても違和感がありません。また、アウトロの雰囲気はオリジナルから変化していて、気に入っているポイントです。オリジナルと同じ音を使っても印象が変わるのが不思議です。

リミックスでは、基本的にオリジナルの素材を使用するわけですが、それでも印象が変わるのは熟練のエンジニアだからこそでしょうか。オリジナルの良さや雰囲気を残しつつ、異なる印象を与えるというのは難度の高いことだと思います。言うなれば「光の当たる角度や聴き手の視点を変える」といったアプローチであり、曲は新たな表情を見せてくれます。オリジナルとリミックス、オリジナルとカバーなど、違いを楽しむというのも音楽の魅力のひとつですよね。
2018.02.20
[PR]
# by mura-bito | 2018-02-20 21:45 | Music | Comments(0)
藍井エイル – 約束
2018年2月8日、突如としてアナウンスされた藍井エイルの活動再開。まさしく吉報です。そして、活動再開の “prelude”(前奏曲・序曲)と位置付けられた新曲「約束」がYouTubeにアップロードされました。2016年11月のライブから始まった「終わり」が終わって、ここから「始まり」が始まります。“Last Blue” から、“Blue Is Back”。色のなくなった世界が再び青に染まり始めます。
b0078188_21033154.jpg
「約束」は静謐な音から始まり、背中を押されるようにして、歌がぽつりぽつりと言葉を紡ぎ始めます。そのメロディは優しく、歌は丁寧に言葉をつないでいきます。曲は徐々に熱を帯びます。やがて歌は力強くなり、言葉に託された思いがあふれます。僕は ♪一人では描けないストーリー♪ という部分のメロディ・ラインがとても好きですね。このフレーズの中で見せる変化に、ぎゅっと胸が締め付けられます。



藍井エイル – 約束

歌詞には彼女の思いが反映されています。ストレートな言葉で気持ちを吐露しながら、最後は歩みを進める決意を語ります。その中で、僕は ♪失くした物を数えてたら 優しい誰かが抱えてた♪ という言葉に惹かれました。とても美しくて優しく、メロディと一体となった言葉からイメージが広がります。失ったと思っていたものは、失われていたわけではなかった。それは取り戻すのではなく、再び受け取りに行くもの。そうして受け取ることが、次に進むためのファースト・ステップとなるのです。

今の自分が伝えたいことを伝えられる限り新曲の「約束」に込めましたので、受け止めてくれたらうれしいと思います。

藍井エイル
リスアニ!2018 FEB. 藍井エイル インタビュー

ミュージック・ビデオでは、青空の下を歩く彼女のポートレートをつなぎます。ポートレートに歌詞が重ねられ、それらは風に吹かれるようにして次の言葉を運んでくる。ひとつひとつの言葉は発せられて消えるのではなく、音にとけていきます。「約束」という言葉はシンプルで日常的にあふれる言葉のひとつですが、こうして曲に気持ちをチューニングして聴いていると、その言葉に込められた気持ちや時間が心に染み込んできますね。もうすぐ、新しい季節が始まります。

2018.02.15
[PR]
# by mura-bito | 2018-02-15 21:06 | Music | Comments(0)
[EN] Zedd, Maren Morris and Grey – The Middle
The new song has arrived. The Middle is produced by Zedd and Grey. Grey is a duo consisting of the electronic music DJ/producers: Kyle and Michael Trewartha brothers, and has worked with Zedd for the songs Candyman (with Aloe Blacc), Adrenaline, and Starving (with Hailee Steinfeld). They have joined hands with the singer Maren Morris for The Middle.
b0078188_21261785.jpg
The ticking of a clock starts The Middle. The world is so cool and like calm sea at the beginning, and then changes to hot, dynamic world. The song is ignited by the phrases Maren sings: “Why don’t you just meet me in the middle” and “I’m losing my mind just a little.” Your heart will be ignited, too.

I love these phrases. They appear repeatedly and leave the various impressions on me. The air produced by the song seamlessly changes along with the changes in the expression of Maren’s vocal. She is a great singer. I am so glad to meet her singing voice, and appreciate the wonderful collaboration.



Zedd, Maren Morris and Grey – The Middle (Lyric Video)

Zedd and Grey describe how difficult the production of The Middle has been on the YouTube page for the lyric video. Zedd says “We worked really hard on this record to get it just right,” and Grey says “For a while there it seemed like this song didn’t want to come out.”

The difficulty is incomprehensible to me because I have not worked about music production. I am just a music lover. I love their sounds which they have created in the song such as snare, bass, or guitar. As the sounds are mixed with Maren’s vocal, the song becomes tough and strong.



Zedd, Maren Morris, and Grey – The Middle (Music Video)

The music video has arrived in “the middle” of the 60th Annual Grammy Awards. Maren plays a starring role in the video, performing with many performers on the stage. Zedd plays keyboards and Grey plays a guitar or drums. Watch the video first. We should talk about how wonderful it is after that.

I love the stage direction of the video. The performers move around on the stage and sets: back and forth, right and left, up and down. And, use of the limited colors is impressive for me. Maren wears red and black, Zedd wears white, and Grey and performers wear black and white. Dynamic, three-dimensional movement of the colors blooms the world of The Middle vibrantly.

2018.02.13
[PR]
# by mura-bito | 2018-02-13 21:00 | Music | Comments(0)

fujiokashinya (mura-bito)
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新の記事
Candyman by Ze..
at 2018-05-22 21:00
m.s.t.『緑と風』:モノ..
at 2018-05-17 21:04
Green days, gr..
at 2018-05-15 21:00
IN MY REMAINS ..
at 2018-05-10 21:34
Gacharic Spin ..
at 2018-05-08 21:55
藍井エイル「流星」:流れ流れ..
at 2018-05-01 22:30
ORESAMA ワンダーラン..
at 2018-04-26 21:30
以前の記事
記事ランキング
カテゴリ
タグ
ライフログ
TM NETWORK

























TETSUYA KOMURO



quasimode


Linkin Park


Paramore

Immigrant'sBossaBand

Ryu Miho

AVICII


Krewella

Zedd


藍井エイル



ORESAMA



Gacharic Spin


梨木香歩

村上春樹



京極夏彦



Book




Comic








Music


ブログジャンル