人気ブログランキング |
inthecube
音楽と物語に関する文章を書いています。
ワイルドじゃなくてもいいからタフになりたい
OUR WORLD IS EXPRESSED BY IMPRESSIVE WORDS
ブログトップ
<   2020年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧
TM NETWORK「10 YEARS AFTER」:ダイナミックに転換する俯瞰と対話のリリック・スタイル
TM NETWORKの活動は1994年に一度停止し(「TMN終了」)、1999年に再開しました。再始動にあたってリリースされた2枚のシングルのひとつが「10 YEARS AFTER」です。アコースティック・ギターとエレクトロニック・サウンドが組み合い、穏やかな雰囲気ながらも芯の通ったサウンドを響かせます。ウツのボーカルは緩やかに言葉をつなぎますが、あふれんばかりの言葉をラップのように歌うこともあり、言葉に合わせて変わる譜割が印象に残ります。

小室さんが「10 YEARS AFTER」で綴った歌詞の特徴は、大胆に転換する視点であり、歌ったウツも印象的だったと語りました。地球を俯瞰していたかと思えば、次の瞬間には、地上でのささやかな心の触れ合いにフォーカスする。「人間」や「国家」といった大きな単位で語る一方で、大事な人に向けた気持ちを表現しており、その切り換わりが唐突で意表を突かれます。こうした転換は折に触れて登場し、例えば2004年の「PRESENCE」や2012年の「I am」などを聴くとよく分かります。

「10 YEARS AFTER」の音に関わるトピックとして挙げられるのがヒップホップです。当時の小室さんがヒップホップに関心を寄せていたためか、ラッパーのCOMMONが参加したリミックスが制作されました。アウトテイク集『キヲクトキロク』で聴くことができます。ベースやキックが強調された肉厚なエレクトロニック・サウンド、ボーカルの大部分がミュートされて代わりに差し込まれたCOMMONのラップ。TM NETWORKの曲の中で、最もヒップホップに寄った作品となりました。
TM NETWORK「10 YEARS AFTER」:ダイナミックに転換する俯瞰と対話のリリック・スタイル_b0078188_21082913.jpg
「10 YEARS AFTER」をコンサートで聴けたのは、2004年のDOUBLE-DECADEです。横浜アリーナに響き渡るイントロの中、「聴けるとは思わなかった」という驚きと「聴けてよかった」という感動が交錯しました。コンサートの音楽的テーマがトランスだったため、「10 YEARS AFTER」でもキックの音が強調され、ずしりと身体に響きました。重厚なリズムの中で、ボーカルの優しいメロディやギターの音が心地好かったことを覚えています。

その後、コンサートで聴く機会は得ていません。2012年の〈TM NETWORK CONCERT -Incubation Period-〉では、セット・リストの草案に「10 YEARS AFTER」が入っていたのですが、最終的に外れました。このコンサートの「潜伏者が宇宙から地球に降り立つ」というテーマに合う曲なので、セット・リストに組み込まれていたら、僕のイマジネーションは大いに刺激されたことでしょう。

僕がTM NETWORKを現在進行形で聴けるようになったのが1999年であり、「10 YEARS AFTER」は記念碑ともいえる曲です。改めて「10 YEARS AFTER」を聴くと、再始動について「これから何が起こるのだろう?」と思いを巡らせ、期待に胸を膨らませていた1999年を思い出します。タイムマシンに乗って時間を遡ることができるのなら、当時の自分に「素晴らしい曲に次々と出会えるよ」というメッセージを伝えたい。

2020.03.30
by mura-bito | 2020-03-30 21:11 | Music | Comments(0)
OVA『ACCA13区監察課 Regards』:拡がる物語世界に潜り込み、人々の日常を垣間見る
オノ・ナツメの漫画『ACCA13区監察課』が完結したのが2016年。翌2017年にアニメシリーズが放送され、そのラストシーンから約一年後を描いた、新作OVA『ACCA13区監察課 Regards』が2020年に劇場公開されました。ストーリーはOVAオリジナルですが、そこにサイドストーリー集『ACCA13区監察課 P.S.』のエピソードや本編のワンシーンが回想として盛り込まれました。本編の主要なキャラクターを中心に、今作オリジナルの新キャラクターが加わり、物語が進みます。
OVA『ACCA13区監察課 Regards』:拡がる物語世界に潜り込み、人々の日常を垣間見る_b0078188_21384739.png
『ACCA13区監察課 Regards』はスピンオフというほどではなく、事件らしい事件もなく、単行本のおまけ漫画にありそうなエピソードを綴りました。「若手が組織の体質に不満を持つ」や「進路に悩む」といったトピックは、本編のような網目の細かさはないものの、この世界のキャラクターたちの日常的な顔を見ることができた点が良かったと思います。



ACCA13区監察課 Regards

高橋諒が作った音楽もテレビシリーズと同じものが使われました。ジャズやファンクの雰囲気を感じる、味わい深くも熱い音は、このアニメに欠かせない要素であり、映画館の大きなスピーカーで聴けたことを嬉しく思います。そして、エンディングではONE III NOTES(高橋諒、Foggy-D、ぽん)の「Our Place」が流れました。この曲はテレビシリーズの最終回でも使われ、物語を締め括る役割を果たしました。ボーカルの終わりとともに曲がカット・アウトし、『ACCA13区監察課』の世界の余韻が漂うところがとても好きです。

オノ・ナツメは同じ舞台設定で『BADON』という漫画を連載しています。登場する地名や店名から『ACCA13区監察課』の空気を感じつつ、しかしそれとは異なる視点で描かれ、新しい意味をまとった物語が堪能できます。『ACCA13区監察課』は形を変え、新たな形をとって生き続けています。『ACCA13区監察課 Regards』もまた、拡張する『ACCA13区監察課』の世界の一部です。パズルのピースを見つけ、欠けたところにはめ込むようにして楽しむことができました。

2020.03.23
by mura-bito | 2020-03-23 21:40 | Visualart | Comments(0)
SPRING2020: Alive with the sound of spring
Spring is alive, spring is blooming, and spring has come.
SPRING2020: Alive with the sound of spring_b0078188_20400323.jpg
SPRING2020: Alive with the sound of spring_b0078188_20401103.jpg
SPRING2020: Alive with the sound of spring_b0078188_20405862.jpg
SPRING2020: Alive with the sound of spring_b0078188_20410333.jpg
SPRING2020: Alive with the sound of spring_b0078188_20410944.jpg
SPRING2020: Alive with the sound of spring_b0078188_20411599.jpg
SPRING2020: Alive with the sound of spring_b0078188_20412266.jpg
SPRING2020: Alive with the sound of spring_b0078188_20413261.jpg
SPRING2020: Alive with the sound of spring_b0078188_20414079.jpg
SPRING2020: Alive with the sound of spring_b0078188_20414925.jpg
2020.03.18
タグ:
by mura-bito | 2020-03-18 20:47 | Photograph | Comments(0)
BTS「ON」:歌は聴き手の心を呑み込み、道なき道を進み続ける
2020年2月、BTS방탄소년단)のアルバム『MAP OF THE SOUL: 7』がリリースされました。アルバムの中で最も注目された曲が、リード・トラックの「ON」です。第一印象だけでも曲の素晴らしさを感じられましたが、聴く回数を重ねることで、もっと好きになりました。聴き込む楽しさを与えてくれるのは良い曲の証です。
BTS「ON」:歌は聴き手の心を呑み込み、道なき道を進み続ける_b0078188_21104842.jpg
「ON」を聴いて、最初に強く印象に残ったのがオルガンの音です。僕はロックやジャズで使われるオルガンがとても好きで、サウンドの幅を広げてくれる楽器だと思っています。クールにもメランコリックにも聞こえる、想像力を刺激する音が魅力的です。その音に吸い込まれ、そして虜になる。絡みついて離れない腕のように、音の記憶は残り続けます。



BTS – ON

ずしりと響くリズムに支えられ、オルガンを含むサウンドが歌声を包むと、ボーカルやラップの存在が一回りも二回りも大きくなって響きます。歌声はリズミカルに言葉をつなぎ、「ON」の世界を拓きます。特に好きなのが ♪Rain be pourin’/Sky keep fallin’/Everyday, on na na na♪ の部分であり、同じメロディで最後に ♪All that I know/Is just goin’ on and on and on and on♪ という歌詞に変化するところは、もう最高です。



BTS – ON [feat. Sia]

リリース前に「ON」が注目された大きな理由はSiaとのコラボレーションです。配信のみで、Siaのボーカルを混ぜたバージョンがアルバムの最後に収録されています。Siaのハスキーでソウルフルな歌声がBTSの美声と交錯することで、新しい立体感が生まれ、新しい価値を創出する。彼女のボーカルが聞こえるところでポイントが切り替わるというべきか、レールが分岐して、オリジナルとは違う風景が見えます。がらりと印象を変えるわけではないのに、別物の曲として味わえます。楽しめるポイントがいくつもあり、「スポットライトが当たるのには理由がある」ということを実感できる曲です。

2020.03.16
タグ:
by mura-bito | 2020-03-16 21:13 | Music | Comments(0)
Tim Berg, Norman Doray, Sebastien Drums「Tweet It」:エレクトロニック・サウンドに支配された身体はループの快感に酔う
「どうしてこんなに素晴らしい曲を今まで知らなかったのだろう?」と悔しがることが多々あります。何かのきっかけでその曲を聴き、そして感銘を受ける。リリースされたのは何年も前でありながら、その曲は新曲と同じくらいの新鮮さを届けてくれます。
Tim Berg, Norman Doray, Sebastien Drums「Tweet It」:エレクトロニック・サウンドに支配された身体はループの快感に酔う_b0078188_21050863.jpg
僕がAVICIIを聴くようになったのは2013年のアルバム『True』からです。それから過去の曲を聴くようになりましたが、すべてをカバーするまでには至っていません。自分の知らないAVICIIのオリジナル曲やリミックスがある中、2019年12月に開催された〈AVICII TRIBUTE CONCERT: IN LOVING MEMORY OF TIM BERGLING〉で「Tweet It」を知りました。この曲が始まって数秒で心をつかまれ、強く揺さぶられました。



Tim Berg, Norman Doray, Sebastien Drums – Tweet It

「Tweet It」は、AVICIIがTim Bergという名義で、Norman DoraySebastien Drumsとともに発表した曲です。AVICIIが音楽家としてのキャリアをスタートさせたばかりの時期ですが、それほど年数をおかずに代表曲「Levels」を世に送り出しているので、AVICIIは最初からAVICIIというか、別格だったのでしょう。そのことは「Tweet It」の素晴らしさによって補強されます。

ピアノが奏でるひとつのフレーズが曲を引っ張り、そのフレーズのリフレインが聴き手をボルテージを上昇させます。リフレインといっても、少しずつ変化していくので、その様子は螺旋階段を上るようだと表現できます。ぐるぐる回る音の中で、興奮の度合いが上昇していく。エレクトロニック・サウンドの螺旋に巻かれた僕らは、音楽的に支配され、その快感に陶酔します。

2020.03.09
by mura-bito | 2020-03-09 21:07 | Music | Comments(0)
映画『にがくてあまい』:野菜を介して影響し合い、置き去りにした苦い過去と向き合う
映画『にがくてあまい』が劇場公開されたのは2016年。原作は小林ユミヲの同名の漫画です。原作ファンだったので映画で改変されるのが嫌で観なかった…というわけではなく、むしろどのような世界に仕上がるか楽しみだったのですが、タイミングを逸しました。封切りから3年以上が経ち、やっと観る機会を得ました。
映画『にがくてあまい』:野菜を介して影響し合い、置き去りにした苦い過去と向き合う_b0078188_21554736.jpg
映画のストーリーは原作の単行本第1巻が軸になっており、そこに第2巻以降の登場人物やエピソードが盛り込まれました。マイナーチェンジはあるものの、原作から大きくかけ離れたという印象はありません。原作のテーマや表現を大事にしながら、エピソードのボリュームや順番を調整し、新しい物語としてまとめる。「このシーンとこのシーンをこういう風につなげるのか」などと、物語の編み方を楽しみながら観ました。僕は別に原作原理主義ではないのですが、それでも原作で好きなシーンが映画にも登場すると嬉しくなります。

物語は、食べ物に無頓着な「マキ」川口春奈)の仕事風景を映すところから始まります。彼女は極度の野菜嫌いでしたが、「渚」林遣都)と出会うことで野菜を食べるようになり、その魅力に引き込まれていきます。そして野菜嫌いの原因であるマキの父親「豊」との確執についても、渚の助けを借りながら向き合います。



映画『にがくてあまい』特報

渚も問題を抱えていました。彼は兄の死の責任をずっと感じ続けてきましたが、マキとの同居生活の中で、その消化しきれない思いが変わります。渚はマキに影響を与えながら、同時にマキから影響を受けていた。そのことを示すのが、マキがトマトを食べるラストシーンであり、ここは原作でも感動したポイントです。

その他、「操」(マキの母)、「ばばっち」(渚の後輩教師)、「アラタ」(渚の元同居人)、「ヤッさん」(二人が通うバーのマスター)、「ミナミ」(マキの仕事相手)などの脇を固めるキャラクターや、映画オリジナルのキャラクターが、物語に華…というか、笑いを添えます。新田真剣佑(当時は「真剣佑」)や松本穂香といった、今やCMやドラマでよく見る役者たちも出演しています。動画配信サービスでも観られるので、この世界を一度味わってみるのはいかがでしょうか。

2020.03.02
タグ:
by mura-bito | 2020-03-02 21:57 | Visualart | Comments(0)

fujiokashinya (mura-bito)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
TM NETWORK「WE ..
at 2020-07-07 21:34
Reol「No title」..
at 2020-07-01 20:47
LINKIN PARK「VI..
at 2020-06-24 21:27
小林希『世界の美しい街の美し..
at 2020-06-16 07:36
King Gnu「白日」:表..
at 2020-06-09 07:51
m.s.t.「Days」:移..
at 2020-06-02 21:28
藍井エイル「負けないで」「糸..
at 2020-05-30 21:09
以前の記事
記事ランキング
カテゴリ
タグ
ライフログ
TM NETWORK

























TETSUYA KOMURO



quasimode


Linkin Park


Paramore

Immigrant'sBossaBand

Ryu Miho

AVICII


Krewella

Zedd


藍井エイル





ORESAMA




Gacharic Spin


梨木香歩

村上春樹



京極夏彦



小林ユミヲ



Book





Comic








Music


ブログジャンル