inthecube
音楽と物語に関する文章を書いています。
ワイルドじゃなくてもいいからタフになりたい
OUR WORLD IS EXPRESSED BY IMPRESSIVE WORDS
ブログトップ
走りながら考えるのはオシム・ジャパンだけではない
高間邦男 『学習する組織 現場に変化のタネをまく』高間邦男 『学習する組織 現場に変化のタネをまく』

「学習する組織」を説明する場合には、
「走りながら考えるサッカー」が例になるかもしれません。

組織を運営するにあたり、
外の新しい動きに対応するために、
新しい仕組みを作らねばならない時、どうするか?



しくみを先に作って当てはめるのは逆効果であり、
メンバーが主体的につくり出すしくみが良い、と。

ざっくり言うと、メンバーが自発的に動き、
考えましょうってことになるのですが、
その動機づけを工夫しなければならないのです。

理念やビジョンを浸透させ共有することが、
動機づける方策のひとつとして、挙げられます。
上が一方的にビジョンを叫ぶのではなく、
時間をかけて環境を整えて共有していく、
そのための方策が書かれている本です。

意外と情緒的な話だなあと思います。
組織への愛という意味での情緒ではない。

帰属意識ではなく、目的意識を高める。

--------------------------------------------------------
舞台で言うならば、
「いい芝居をつくりたい」という理念があり、
さらに具体的な言葉に落とし込んでいきます。
主人公の気持ちに共感してもらいたい、とか、
役者の身体の動きに注目してもらいたい、とか。
(マニアックすぎるか?)
集客を前回の2倍にする、とかでもいいですしね。
これらが共有されていないと破綻します、いつか。

同じ方向を向くことで、メンバーが主体性を持ち、
相互に関わる可能性が高まるのです。
役者同士が互いの演技を指摘したり、
演出家に対して提案をしてみようと思ったり。

実に個人的な話ですが、
芝居サークルで裏方をやっていた時、
裏方同士の相互作用は大きかったと思います。
演出家のビジョンを共有していたからこそ、
互いのアウトプットに刺激され、指摘し合って、
面白い舞台美術と照明ができのだと思います。
もちろん、それを支える舞台監督もビジョンを
理解していたため、アイデアが実現できました。
--------------------------------------------------------

情緒的な要素は会社組織では不要かなと思っていましたが、
適切に組み込んでいくことがやはり必要だと思いますね。

集団で動く以上、相互作用が欠けてはならない。

走るのは一人の力ですが、
走る方向、走り方を考えるのは一人でなくてもいい。
まあ、そんなところですかね。

2007.01.10
[PR]
by mura-bito | 2007-01-10 22:29 | Book | Comments(0)
<< 最後の瞬間に何を見て何を聴くのか 蕎麦より御節より七草よりも、物語を。 >>

fujiokashinya (mura-bito)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新の記事
TM NETWORK「RHY..
at 2018-10-16 22:37
Zedd and Elley..
at 2018-10-04 21:09
Shawn Mendes a..
at 2018-10-02 21:30
小林ユミヲ『星くずのプリンス..
at 2018-09-28 22:10
TM NETWORK「THE..
at 2018-09-26 21:57
ORESAMA ワンダーラン..
at 2018-09-20 21:54
Afrojack – Bri..
at 2018-09-12 22:36
以前の記事
記事ランキング
カテゴリ
タグ
ライフログ
TM NETWORK

























TETSUYA KOMURO



quasimode


Linkin Park


Paramore

Immigrant'sBossaBand

Ryu Miho

AVICII


Krewella

Zedd


藍井エイル




ORESAMA




Gacharic Spin


梨木香歩

村上春樹



京極夏彦



小林ユミヲ



Book





Comic








Music


ブログジャンル