人気ブログランキング |
inthecube
音楽と物語に関する文章を書いています。
ワイルドじゃなくてもいいからタフになりたい
OUR WORLD IS EXPRESSED BY IMPRESSIVE WORDS
ブログトップ
DEPAPEPE「GUILTY」:モノクロームに染まるアコースティック・ギターの音色
2020年4月、DEPAPEPEのアルバム『Seek』がリリースされました。アルバムのリード・トラックであり、ミュージック・ビデオも制作された曲が「GUILTY」です。ふたりのテクニカルな面は言うまでもないとは思いますが、その技術に裏打ちされたメロディの表現に感動します。淀みなく筆を動かし、カンヴァスに生み出す絵画のようです。ギターの響きを聴いて、その美しさを噛み締める時間はささやかな幸せを感じる、そういう音でありメロディです。
DEPAPEPE「GUILTY」:モノクロームに染まるアコースティック・ギターの音色_b0078188_07070623.jpg
ギターの音が包むメロディはとても美しく、特に終盤になって転調する瞬間が好きです。その美しさをモノクロームの映像が引き立てます。最初はカラフルな映像の方が効果的なのではと思いましたが、否、これはモノクロだからこそ音が際立つのかもしれないと考えを改めました。「GUILTY」を聴いた人は、音や映像から、どのような色を思い浮かべるのでしょうか。聴いた人の数だけ色がある。それらが集まれば、初夏の花々のように色鮮やかな世界が広がることでしょう。



DEPAPEPE – GUILTY

DEPAPEPEのふたりが弾くアコースティック・ギターは、それだけで素晴らしいアンサンブルを生み出します。ふたりの音を引き立てるのが他の音です。たとえば、ベースを弾いている須長和広(quasimode)は、ジャズの他にもポップス、ロック、K-POPのコンサートにも参加しており、ジャンルを越えて活躍しています。彼の音は「GUILTY」をボトムで支えながら、ときとして顔を覗かせて存在感を示します。

2020.05.21
by mura-bito | 2020-05-21 07:07 | Music | Comments(0)
<< 藍井エイル「ゆらり」「JUMP... Kygo, Zara Lars... >>

fujiokashinya (mura-bito)
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新の記事
TM NETWORK「WE ..
at 2020-07-07 21:34
Reol「No title」..
at 2020-07-01 20:47
LINKIN PARK「VI..
at 2020-06-24 21:27
小林希『世界の美しい街の美し..
at 2020-06-16 07:36
King Gnu「白日」:表..
at 2020-06-09 07:51
m.s.t.「Days」:移..
at 2020-06-02 21:28
藍井エイル「負けないで」「糸..
at 2020-05-30 21:09
以前の記事
記事ランキング
カテゴリ
タグ
ライフログ
TM NETWORK

























TETSUYA KOMURO



quasimode


Linkin Park


Paramore

Immigrant'sBossaBand

Ryu Miho

AVICII


Krewella

Zedd


藍井エイル





ORESAMA




Gacharic Spin


梨木香歩

村上春樹



京極夏彦



小林ユミヲ



Book





Comic








Music


ブログジャンル