inthecube
音楽と物語に関する文章を書いています。
ワイルドじゃなくてもいいからタフになりたい
OUR WORLD IS EXPRESSED BY IMPRESSIVE WORDS
ブログトップ
Martin Garrix and Pierce Fulton「Waiting For Tomorrow [feat. Mike Shinoda]」:EDMに組み込まれたMike Shinodaの歌声
Martin GarrixのEP「BYLAW」に「Waiting For Tomorrow」という曲が収録されています。Pierce FultonというDJ/プロデューサーと共作しており、ボーカルとして参加しているのはLINKIN PARKのMike Shinodaです。まさかMikeがMGの曲に参加するとは思いもよらず、このコラボレーションを聴いたときには感動を覚えました。LINKIN PARKとしてSteve Aokiとコラボレーションしたことはありますが、EDMでMikeの声が響くケースは少なく、それだけにこうして聴けるのはとても新鮮であり、嬉しく思います。
b0078188_21455442.jpg
「Waiting For Tomorrow」はポップな要素を多く含みつつ、深みのある音の展開がとても魅力的な曲です。ポップ・ミュージックとして楽しく聴け、それと同時に、EDMらしく激しいエレクトロニック・サウンドにヒートアップします。Chorusで響くシンセサイザーのリフが心地好い。VerseやPre-ChorusにおけるMikeの抑え目な、それでいて厚みのある歌声は、シンセサイザーで引っ張るChorusに向けた助走となり、エネルギーを溜め込みます。Mikeの ♪Waiting for tomorrow♪ という声をトリガーにして一気に音が弾けるEDM的展開がもたらす快感。それはもう筆舌に尽くしがたい。



Martin Garrix and Pierce Fulton – Waiting For Tomorrow [feat. Mike Shinoda]

LPはヘビー・ロックのバンドですが、エレクトロニック・サウンドを取り入れることが多く、特に『REANIMATION』や『RECHARGED』などのリミックス・アルバムではエレクトロに積極的に接近していました。もともとエレクトロニック・サウンドとは親和性が高いんですよね。大胆にEDMに寄せた曲は先述のSteve Aokiとの「A LIGHT THAT NEVER COMES」ですが、これはLPらしさが見受けられます。Chester Benningtonのボーカルも入っているからでしょう。

「Waiting For Tomorrow」にLPの要素はもちろん見られず、それどころかMike自身の色すら薄めて、MG/Pierceのサウンドに溶け込んでいます。シンセサイザーを軸にしたEDM的な盛り上がりをサポートする歌声、EDMにおける重要なパーツとして機能する歌声。LPやソロとは異なる、Mikeの歌の新しい一面、新しい魅力を見ました。

2018.11.07
[PR]
by mura-bito | 2018-11-06 21:54 | Music | Comments(0)
<< [EN] Steve Aoki... Steve Aoki and ... >>

fujiokashinya (mura-bito)
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新の記事
藍井エイル – Eir Ao..
at 2018-12-13 22:08
TM NETWORK「A D..
at 2018-12-09 09:30
BTS「MIC Drop -..
at 2018-12-06 22:15
AUTUMN2018
at 2018-12-04 21:29
Steve Aoki and..
at 2018-12-03 21:44
Black Coffee a..
at 2018-11-27 21:54
[EN] Shawn Men..
at 2018-11-26 21:11
以前の記事
記事ランキング
カテゴリ
タグ
ライフログ
TM NETWORK

























TETSUYA KOMURO



quasimode


Linkin Park


Paramore

Immigrant'sBossaBand

Ryu Miho

AVICII


Krewella

Zedd


藍井エイル





ORESAMA




Gacharic Spin


梨木香歩

村上春樹



京極夏彦



小林ユミヲ



Book





Comic








Music


ブログジャンル