inthecube
音楽と物語に関する文章を書いています。
ワイルドじゃなくてもいいからタフになりたい
Write my fire with impressive songs and stories.
ブログトップ
LiSA – Catch the Moment
LiSAの曲を初めて聴いたのは2018年に発表された「Thrill, Risk, Heartless」ですが、その後、Apple Musicで「Catch the Moment」という曲に出会い、プレイリストに入れて聴いています。2017年にシングルとしてリリースされ、ミュージック・ビデオも制作されました。先日リリースされたベスト・アルバムにも収録されています。
b0078188_21240897.jpg
とても素敵なメロディを聴かせてくれるポップスです。胸に響くそのメロディは、心の中に隠れている柔らかい部分に触れます。ゆっくりと熱が伝わってくる。聴き手の心の状態によっては、涙を誘うのではないでしょうか。メロディはメロディだけでは成立せず、歌声と組み合わさることで、その良さが伝わります。彼女の歌声があってこそ、そのメロディに感動するのだろうと思います。別のシンガーがカバーしたら、それはそれで新しい世界が広がるとは思いますが。



LiSA – Catch the Moment

どの部分にフォーカスしても心地好く、楽しめると思います。イントロから聴けるピアノやギターの音色は鮮やかで美しい。歌はAメロ、Bメロと進むにつれてじわじわと気持ちを高揚させ、先の展開に期待が膨らみます。そして、サビに入るとメロディの美しさは一段と増し、その世界に引き込まれます。雨上がりに少し晴れて涼しい風が吹くような心地好さを感じます。
b0078188_21244693.jpg
ポップスは多くの人に門戸を開く音楽です。それは大衆的というより、多面的といえるのかもしれません。音楽を聴いて何を思い何を感じるかは聴き手に委ねられていますが、その幅が広いのがポップスの魅力なのだと思います。僕はずっと、多くの人が同じ部分に同じように反応するのがポップスだと捉えていました。けれども最近は、いくつもの表情を持った多面的な音楽だと思うようになっています。そういう音楽は何度聴いても楽しいし、新しい表情を見せるその瞬間をつかまえる楽しみが、そこにはあります。
2018.05.24
[PR]
by mura-bito | 2018-05-24 21:25 | Music | Comments(0)
<< PANDORA – Be Th... Candyman by Zed... >>

fujiokashinya (mura-bito)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の記事
藍井エイル「流星/約束/ヒト..
at 2018-06-13 22:56
Change by ONE ..
at 2018-06-06 21:57
梨木香歩 – 村田エフェンデ..
at 2018-05-31 21:34
PANDORA – Be T..
at 2018-05-29 22:03
LiSA – Catch t..
at 2018-05-24 21:25
Candyman by Ze..
at 2018-05-22 21:00
m.s.t.『緑と風』:モノ..
at 2018-05-17 21:04
以前の記事
記事ランキング
カテゴリ
タグ
ライフログ
TM NETWORK

























TETSUYA KOMURO



quasimode


Linkin Park


Paramore

Immigrant'sBossaBand

Ryu Miho

AVICII


Krewella

Zedd


藍井エイル




ORESAMA



Gacharic Spin


梨木香歩

村上春樹



京極夏彦



Book




Comic








Music


ブログジャンル