inthecube
音楽と物語に関する文章を書いています。
ワイルドじゃなくてもいいからタフになりたい
Write my fire with impressive songs and stories.
ブログトップ
LiSA – Thrill, Risk, Heartless
どこで耳にしたのか。どこで出会ったのか。あやふやな記憶の中で、それでも印象的なメロディと音の残像が残り続けていました。あるとき思い立ってYouTubeでミュージック・ビデオの編集版を観て、フルサイズを聴くためにApple Musicで検索したものの見つからず、それならばとiTunes Storeにアクセスしてダウンロードしました。その曲は、LiSAというシンガーが歌う「Thrill, Risk, Heartless」です。
b0078188_21063798.jpg
メタルというべきかハード・ロックというべきか。獣のように吠えるノイジーなギター、荒ぶるツーバスの音は、とてもスリリングです。勢いはもちろんのこと、音の厚みも申し分ないロック・サウンドが聴けます。間奏ではアコースティック・ギターの音が響いて曲をクールダウンさせますが、それはむしろ再びハートに火を点けるための助走です。再び勢いよくアクセルを踏み込むと、疾走してクライマックスを迎えます。



LiSA – Thrill, Risk, Heartless

LiSAの歌声からは強くてタフな印象を受けます。さらに言うならば「エモい」です。ただ、感情をぶつけるようなストレートな強さを見せるだけではなく、舌がもつれるほどに連なる言葉を巧みに操り、淀みなく移ろうメロディを自分のものにしています。言葉を乗せた歌声で聴き手の心を撃ち抜きます。

ミュージック・ビデオはおおまかに2種類の映像を組み合わせています。LiSAが歌ったり走ったりするシーンと、バンドの演奏とパフォーマーの動きを収めたシーンです。ダイナミックに展開する演奏に合わせて、映像もまた躍動します。LiSAは聴き手を煽らんばかりの表情を見せ、視線を突き刺してきます。「Thrill, Risk, Heartless」で見せる表情や歌声はロック・スター然としており、そのパフォーマンスに魅了されます。

2018.04.03
[PR]
by mura-bito | 2018-04-03 21:07 | Music | Comments(0)
<< LINKIN PARK「IN ... SPRING2018: Win... >>

fujiokashinya (mura-bito)
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新の記事
Candyman by Ze..
at 2018-05-22 21:00
m.s.t.『緑と風』:モノ..
at 2018-05-17 21:04
Green days, gr..
at 2018-05-15 21:00
IN MY REMAINS ..
at 2018-05-10 21:34
Gacharic Spin ..
at 2018-05-08 21:55
藍井エイル「流星」:流れ流れ..
at 2018-05-01 22:30
ORESAMA ワンダーラン..
at 2018-04-26 21:30
以前の記事
記事ランキング
カテゴリ
タグ
ライフログ
TM NETWORK

























TETSUYA KOMURO



quasimode


Linkin Park


Paramore

Immigrant'sBossaBand

Ryu Miho

AVICII


Krewella

Zedd


藍井エイル



ORESAMA



Gacharic Spin


梨木香歩

村上春樹



京極夏彦



Book




Comic








Music


ブログジャンル