inthecube
音楽と物語に関する文章を書いています。
ワイルドじゃなくてもいいからタフになりたい
OUR WORLD IS EXPRESSED BY IMPRESSIVE WORDS
ブログトップ
LiSA – Thrill, Risk, Heartless
どこで耳にしたのか。どこで出会ったのか。あやふやな記憶の中で、それでも印象的なメロディと音の残像が残り続けていました。あるとき思い立ってYouTubeでミュージック・ビデオの編集版を観て、フルサイズを聴くためにApple Musicで検索したものの見つからず、それならばとiTunes Storeにアクセスしてダウンロードしました。その曲は、LiSAというシンガーが歌う「Thrill, Risk, Heartless」です。
b0078188_21063798.jpg
メタルというべきかハード・ロックというべきか。獣のように吠えるノイジーなギター、荒ぶるツーバスの音は、とてもスリリングです。勢いはもちろんのこと、音の厚みも申し分ないロック・サウンドが聴けます。間奏ではアコースティック・ギターの音が響いて曲をクールダウンさせますが、それはむしろ再びハートに火を点けるための助走です。再び勢いよくアクセルを踏み込むと、疾走してクライマックスを迎えます。



LiSA – Thrill, Risk, Heartless

LiSAの歌声からは強くてタフな印象を受けます。さらに言うならば「エモい」です。ただ、感情をぶつけるようなストレートな強さを見せるだけではなく、舌がもつれるほどに連なる言葉を巧みに操り、淀みなく移ろうメロディを自分のものにしています。言葉を乗せた歌声で聴き手の心を撃ち抜きます。

ミュージック・ビデオはおおまかに2種類の映像を組み合わせています。LiSAが歌ったり走ったりするシーンと、バンドの演奏とパフォーマーの動きを収めたシーンです。ダイナミックに展開する演奏に合わせて、映像もまた躍動します。LiSAは聴き手を煽らんばかりの表情を見せ、視線を突き刺してきます。「Thrill, Risk, Heartless」で見せる表情や歌声はロック・スター然としており、そのパフォーマンスに魅了されます。

2018.04.03
[PR]
by mura-bito | 2018-04-03 21:07 | Music | Comments(0)
<< LINKIN PARK「IN ... SPRING2018: Win... >>

fujiokashinya (mura-bito)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新の記事
TM NETWORK「RHY..
at 2018-10-16 22:37
Zedd and Elley..
at 2018-10-04 21:09
Shawn Mendes a..
at 2018-10-02 21:30
小林ユミヲ『星くずのプリンス..
at 2018-09-28 22:10
TM NETWORK「THE..
at 2018-09-26 21:57
ORESAMA ワンダーラン..
at 2018-09-20 21:54
Afrojack – Bri..
at 2018-09-12 22:36
以前の記事
記事ランキング
カテゴリ
タグ
ライフログ
TM NETWORK

























TETSUYA KOMURO



quasimode


Linkin Park


Paramore

Immigrant'sBossaBand

Ryu Miho

AVICII


Krewella

Zedd


藍井エイル




ORESAMA




Gacharic Spin


梨木香歩

村上春樹



京極夏彦



小林ユミヲ



Book





Comic








Music


ブログジャンル