inthecube
音楽と物語に関する文章を書いています。
ワイルドじゃなくてもいいからタフになりたい
OUR WORLD IS EXPRESSED BY IMPRESSIVE WORDS
ブログトップ
[PART1] LINKIN PARK『One More Light』:成熟したサウンドが歌を支え、歌声がメロディの魅力を聴き手に届ける
b0078188_15443030.jpg
2017年5月、LINKIN PARKの7枚目のオリジナル・アルバム『One More Light』がリリースされました。先行して「Heavy [feat. Kiiara]」、「Battle Symphony」、「Good Goodbye [feat. Pusha T & Stormzy]」といった曲が公開され、ミュージック・ビデオも制作されました。

『One More Light』のサウンドは、腰を据えて安定した、という雰囲気があります。ヘビー・ロックやラップ・ロックを牽引したかつてのLINKIN PARKからは離れたところにいる、という感じですね。十数年にわたるバンドのキャリアにおいてヘビー・ロックを標榜したのは最初の数年ですが、初期の『Hybrid Theory』や『Meteora』があまりにも有名なので、そのイメージが強い。とはいえ、これまでにリリースされたどのアルバムもアイデンティティを持っています。その中でも、『One More Light』の音づくりはシンプルさが際立つと思います。



LINKIN PARK – Sorry for Now (Audio)

今作をどのように受け取るかは聴き手次第ですが、個人的には「メロディの美しさ、柔らかさ、味わい深さ」を楽しめるアルバムだと思います。アルバムから最初にシングル・カットされた「Heavy」ではKiiaraをゲストに迎えて、Chester Benningtonとの歌の共演を聴かせてくれました。(Fワードを含みつつも)そのメロディは優しく、心をなでるようなイメージが浮かんだものです。「Battle Symphony」もまた流線型を描くChesterのボーカルが美しく、聴いた瞬間に素晴らしいメロディだと思った記憶があります。

アルバムで新たに聴いた曲のうち、例えば「Sorry for Now」では、Mike Shinodaのボーカルをメインに据えて、Chesterがラップのように歌います。二人が歌うメロディは、それぞれに輝き、異なる角度から曲を彩る。リード・ボーカルとラップの担当をひっくり返すというアプローチですが、「包容力を感じさせるMike、シャープに歌うChester」というように各自の歌い方が良い。このパターンはもっと聴いてみたいと思いました。

2017.07.29
[PR]
by mura-bito | 2017-07-29 09:39 | Music | Comments(0)
<< [PART2] LINKIN ... ORESAMA「Trip Tr... >>

fujiokashinya (mura-bito)
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新の記事
藍井エイル – Eir Ao..
at 2018-12-13 22:08
TM NETWORK「A D..
at 2018-12-09 09:30
BTS「MIC Drop -..
at 2018-12-06 22:15
AUTUMN2018
at 2018-12-04 21:29
Steve Aoki and..
at 2018-12-03 21:44
Black Coffee a..
at 2018-11-27 21:54
[EN] Shawn Men..
at 2018-11-26 21:11
以前の記事
記事ランキング
カテゴリ
タグ
ライフログ
TM NETWORK

























TETSUYA KOMURO



quasimode


Linkin Park


Paramore

Immigrant'sBossaBand

Ryu Miho

AVICII


Krewella

Zedd


藍井エイル





ORESAMA




Gacharic Spin


梨木香歩

村上春樹



京極夏彦



小林ユミヲ



Book





Comic








Music


ブログジャンル