人気ブログランキング |
inthecube
音楽と物語に関する文章を書いています。
ワイルドじゃなくてもいいからタフになりたい
OUR WORLD IS EXPRESSED BY IMPRESSIVE WORDS
ブログトップ
30th FINAL 22: FOOL ON THE PLANET
TM NETWORK 30th FINAL

TM NETWORK 30th FINAL

TM NETWORK


潜伏期間(incubation period)として定められたのは、地球の時間に換算すると三十年。宇宙のどこかからやってきた潜伏者にとって三十年は、どれくらいの長さを意味するのでしょうか。一瞬で過ぎ去って何も残らないものだったのか、あるいは有限だからこそ感じる価値があったのか。永遠の中では、限りある時間というものは、儚く消える雪の結晶のように特異な存在なのかもしれません。

時間という物差しが別の星、あるいは別の銀河でも一定とは限らないのですが、少なくとも地球において三十年は、世代がひとつ変わるほどの時間です。ポップ・ミュージックが栄え始めてから、ひとつのグループが三十年間続くことは、決して簡単なことではありません。TM NETWORKは、数年のインターバルをところどころに挟みながら三十年という時間を積み上げ、音楽を残してきました。

「TM NETWORK 30th FINAL」の最後に演奏されたのは「FOOL ON THE PLANET」です。この曲は「TM NETWORK CONCERT -Incubation Period-」の最初に演奏され、三年かけて構築されたプロジェクトの起点となりました。プロジェクトを締め括るために、再び「FOOL ON THE PLANET」は演奏されます。青い光に染まったステージで、白く明るい光が三人を照らします。天井に見える光源の白い点は夜空に瞬く星のようです。

「FOOL ON THE PLANET」のメロディはとても優しく、滑らかです。個人的にライブで初めて聴いたのは「TM NETWORK CONCERT -Incubation Period-」ですが、包容力と言うべきか、オーケストラのようなものとは異なる壮大さを感じました。シンセサイザーが生み出す壮大さ、荘厳さがあります。圧倒するような壮大さではなく、包み込んで温めるような雰囲気。満天の星空は、地上で生きる人々を優しく包み込みます。

歌詞が描くのは、夢を抱き、周りから冷めた目で見られようとも、行くべき道を進んでいこうとする人間の姿です。TM NETWORKが地球に降り立ったとき、最初に見たものは何だったのか。それは地球で生きる人々の姿。時が積み重なって巡っても、呼吸して生きる場所が変わっても、交わす言葉が違っても、地球の人々はそれぞれの形で、色とりどりの夢を抱きます。夢を叶えることを諦めたり、ささやかな夢すら見ることすらできなかったりする中で、それでも夢を追う人々。その姿を目の当たりにして、潜伏者たちは調査報告書に記します。三十年の潜伏期間において、折に触れ、夢追い人たる人間の姿が記録されてきました。

シンセサイザーとドラムの音は双璧をなすように、それぞれ特徴的な響きを聞かせてくれます。シンセサイザーの音は柔らかく、インテリジェントな雰囲気を醸し、対照的にスネアの音が激しく、強烈に響きます。スネアから生み出される分厚い音は、シンセサイザーと同じくらいに「FOOL ON THE PLANET」を象徴しています。そして、スネアの音が激しく鳴らされるたびに、幕が少しずつ下りていきます。スネアの音が止むと、シンセサイザーの音が残響のように漂い、物語の終わりを告げます。

INTRO
JUST LIKE PARADISE 2015/RHYTHM RED BEAT BLACK/CHILDREN OF THE NEW CENTURY 2015
HERE, THERE & EVERYWHERE/SCREEN OF LIFE/Birth
CAROL 2015 I
A DAY IN THE GIRL'S LIFE/CAROL (CAROL'S THEME I)/GIA CORM FILLIPPO DIA
CAROL 2015 II/IN THE FOREST/CAROL (CAROL'S THEME II)/JUST ONE VICTORY
INTERMISSION
月はピアノに誘われて/あの夏を忘れない/TETSUYA KOMURO SOLO -30th FINAL-/GET WILD 2015
WE LOVE THE EARTH/BE TOGETHER/I am/FOOL ON THE PLANET/ELECTRIC PROPHET
OUTRO

2016.12.12
by mura-bito | 2016-12-12 21:24 | Music | Comments(0)
<< 藍井エイル – アカツキ (L... [PART3] Gachari... >>

fujiokashinya (mura-bito)
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の記事
Mike Posner an..
at 2019-08-14 21:39
David Guetta a..
at 2019-08-08 21:15
藍井エイル「月を追う真夜中」..
at 2019-07-30 21:02
Zara Larsson「A..
at 2019-07-24 21:23
[PART2] Eir Ao..
at 2019-07-18 21:24
[PART1] Eir Ao..
at 2019-07-17 21:20
AVICII and Chr..
at 2019-07-09 19:23
以前の記事
記事ランキング
カテゴリ
タグ
ライフログ
TM NETWORK

























TETSUYA KOMURO



quasimode


Linkin Park


Paramore

Immigrant'sBossaBand

Ryu Miho

AVICII


Krewella

Zedd


藍井エイル





ORESAMA




Gacharic Spin


梨木香歩

村上春樹



京極夏彦



小林ユミヲ



Book





Comic








Music


ブログジャンル