inthecube
音楽と物語に関する文章を書いています。
ワイルドじゃなくてもいいからタフになりたい
THE WORLD IS EXPRESSED BY THE IMPRESSIVE WORDS
ブログトップ
藍井エイル – アカツキ
藍井エイルの「アカツキ」はベスト盤『BEST -E-』に収録された新曲です。彼女の代表曲「IGNITE」を彷彿とさせるアップテンポの曲であり、エモ系の雰囲気は「シューゲイザー」や「幻影」に通じるものがあります。冒頭からピアノとともに彼女の歌声が響き渡り、ぐっと引き込まれます。圧倒的な声の存在感。エネルギーの塊のような、熱を帯びた歌声が紡ぐ美しいメロディに心を奪われます。
b0078188_21284893.jpg
タフなロック・サウンドに乗って、絡みつくよう響くアコースティック・ギター、どこかジャズを思わせるピアノ、哀愁が漂うストリングスが曲を彩ります。歌声とメロディとアレンジが組み合わさって、幾度となく心を強く揺さぶります。BGMとして軽く聞き流すことは難しい、じっくり聴きたくなる曲です。聴かねばならない気持ちすら生まれます。間奏ではストリングスからエレクトリック・ギターへとソロが移ります。切なさから激情に大きく変化し、やがて両者は再び交わり、重なります。



藍井エイル – BEST -E-/BEST -A- (Trailer)

言葉は音に導かれたのでしょうか。「アカツキ」では、詞が描く世界もまた美しく、歌声に乗って届く言葉はショート・ムービーのような短い物語をイメージさせます。次第に色が落ちていって、サイレント・フィルムのような、声も色も消えた世界が残ります。曲がドラマチックに盛り上がり、音が乱高下を繰り返すにつれ、浮かぶイメージはモノクロームの世界に近づいていきます。

♪夜が朝に溶ける前に♪ や ♪夜と朝が分かつ前に♪ という言葉に惹かれます。もうすぐ夜が終わる、もうすぐこの時間が終わる、もうすぐ取り返しがつかなくなる。わずかに残された時間を惜しむように…という情熱とともに、どうすることもできない、この先にあるものに呑み込まれるしかない無力感が漂います。できるのは、ただ歩を進める、ただ過ぎていく時間を数える、そして明るくなっていく空を眺めること。
2016.10.31
[PR]
by mura-bito | 2016-10-31 21:12 | Music | Comments(0)
<< 30th FINAL 19: ... 藍井エイル – レイニーデイ >>

fujiokashinya (mura-bito)
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新の記事
Afrojack – Bri..
at 2018-09-12 22:36
David Guetta –..
at 2018-09-03 21:20
Bad Liar by Kr..
at 2018-08-28 22:26
ORESAMA「ホトハシル」..
at 2018-08-22 21:25
[PART2] Eir Ao..
at 2018-08-21 21:32
[PART1] Eir Ao..
at 2018-08-20 18:07
David Guetta –..
at 2018-08-17 22:09
以前の記事
記事ランキング
カテゴリ
タグ
ライフログ
TM NETWORK

























TETSUYA KOMURO



quasimode


Linkin Park


Paramore

Immigrant'sBossaBand

Ryu Miho

AVICII


Krewella

Zedd


藍井エイル




ORESAMA




Gacharic Spin


梨木香歩

村上春樹



京極夏彦



小林ユミヲ



Book





Comic








Music


ブログジャンル