inthecube
音楽と物語に関する文章を書いています。
ワイルドじゃなくてもいいからタフになりたい
OUR WORLD IS EXPRESSED BY IMPRESSIVE WORDS
ブログトップ
藍井エイル – レイニーデイ
藍井エイルのデビュー5周年を記念した2枚のベスト盤、『BEST -E-』と『BEST -A-』がリリースされました。それぞれの最後を新曲が飾っており、「レイニーデイ」という曲は『BEST -A-』に収録されています。アルバム・ジャケットのカラーリングはアメジストを思わせ、肩越しに視線を向ける瞳もまた紫に輝きます。
b0078188_21282654.jpg
「レイニーデイ」はポップな曲調が印象に残り、ポジティブな気持ちにさせてくれますね。J-POPのイメージが形づくられていった1990年代の雰囲気を感じるアレンジです。偶然か意図的か、歌詞の一部には有名なポップ・ソングへのオマージュが垣間見られます。ある部分は佐野元春の「Someday」、また別の部分は岡本真夜の「TOMORROW」を想起させます。こういう遊びは、とても好きです。



藍井エイル – BEST -E-/BEST -A- (Trailer)

音の面では、メロディアスに奏でるギターが中心に据えられています。僕が印象に残ったのは、小気味良く鳴るハンドクラップ(あるいはそれに近いエフェクト)です。イントロやサビ、間奏、アウトロで、ギターに乗せて随所で響きます。これが絶妙で、いいアクセントになっています。曲が放つ明るい雰囲気は、こうしたところからも感じられます。ライブでは演奏に合わせて手を叩きたい。Clap your hands!

「レイニーデイ」を聴いていると、濡れた道を軽やかに颯爽と歩いていくイメージが浮かびます。雨の日は気が乗らないものですが、すべてがそうと言うわけでもなく、雨が降っていても明るい気持ちで外を歩ける日もありますよね。それはいいことがあった日かもしれないし、新しい傘を初めて使う日かもしれません。道行く人が差す傘までもが咲き誇る花に見えるような、不思議と穏やかな気持ちになるレイニーデイ。
2016.10.27
[PR]
by mura-bito | 2016-10-27 20:43 | Music | Comments(0)
<< 藍井エイル – アカツキ 30th FINAL 18: ... >>

fujiokashinya (mura-bito)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新の記事
TM NETWORK「RHY..
at 2018-10-16 22:37
Zedd and Elley..
at 2018-10-04 21:09
Shawn Mendes a..
at 2018-10-02 21:30
小林ユミヲ『星くずのプリンス..
at 2018-09-28 22:10
TM NETWORK「THE..
at 2018-09-26 21:57
ORESAMA ワンダーラン..
at 2018-09-20 21:54
Afrojack – Bri..
at 2018-09-12 22:36
以前の記事
記事ランキング
カテゴリ
タグ
ライフログ
TM NETWORK

























TETSUYA KOMURO



quasimode


Linkin Park


Paramore

Immigrant'sBossaBand

Ryu Miho

AVICII


Krewella

Zedd


藍井エイル




ORESAMA




Gacharic Spin


梨木香歩

村上春樹



京極夏彦



小林ユミヲ



Book





Comic








Music


ブログジャンル