人気ブログランキング |
inthecube
音楽と物語に関する文章を書いています。
ワイルドじゃなくてもいいからタフになりたい
OUR WORLD IS EXPRESSED BY IMPRESSIVE WORDS
ブログトップ
30th FINAL 04: HERE, THERE & EVERYWHERE
TM NETWORK 30th FINAL

TM NETWORK 30th FINAL

TM NETWORK


オープニングから立て続けにダンス・ミュージックやロックが披露され、会場は熱で満たされます。その熱をクールダウンさせるのが、木根さんのカウントで始まるミディアム・テンポの「HERE, THERE & EVERYWHERE」です。

温かみのあるメロディは、手を重ねた温かみに似たものがあります。冬の夜空をモチーフにした歌詞とメロディが一体化し、心の隅々まで満ちていきます。音符がひとつひとつ身体に染み込み、芯から温かくしてくれますね。天を仰げば満天の星空が広がり、空を横切る流れ星まで見える。聴く人を冬の夜空のもとに連れていってくれることでしょう。

***

ソフト・シンセの音に重なるギターは、サウンドに輪郭が生まれ、柔らかな表情を曲に与えます。木根さんがアコースティック・ギターを弾くことで、冬の冷たさや星空の静謐さが伝わってきます。サポート・ギタリストの二人(葛城哲哉・松尾和博)が重ねるエレクトリック・ギターは、ふとした瞬間に出会う流れ星のようです。

ドラムを叩く阿部薫、パーカッションを叩くRuyというふたりのミュージシャンがリズムを支えます。スネアの音が印象に残るリズムはパーカッションを加えることで、聴き手の心をほぐし、サウンドに溶け込ませます。良質なポップスは、構えることなく音に身を委ねることができますね。メロディの魅力を噛みしめ、味わい、歌詞の世界に没入できます。

***

歌詞に登場するのはギリシア神話の神々、アルテミスとオリオンです。冬の夜空を見上げ、星座が織り成す物語を、地上でなぞります。アルテミスとオリオンの話は悲恋ですよね。この曲で綴られる物語もまた、アルテミスとオリオンをなぞるかのように、寂しさが漂う。メロディがとてもポップで柔らかいだけに、歌詞に漂う悲哀さが一層目立ちます。

あの人は同じ星空、同じ星座を見上げている…と信じている。隣で見ることが叶わないならば、せめて同じ空を見ていると信じたい。未練がましく記憶に縛られるのは冬の夜空のせいか、どうしようもない別れ方のせいか。冬はやがて春へと移り変わります。冷たい空気に満ちた空を見上げながら、春が訪れたときのことを思う。春になったら雪がとけるように、思い出も、未練も消えるのかもしれません。春になれば、前に進めるのでしょうか。

***

二番のサビで音が消えます。ウツはマイク・スタンドの前から離れ、観客席をぐるりと見渡します。木根さんと小室さんのコーラスが響き、観客も一緒にサビを歌います。AメロもBメロも親しみやすく、サビは歌うともっと心地好くなります。メロディの良さがこの曲のコアであり、メロディを音が引き立てます。その中には十代の小室さんが書いたメロディが含まれる、とされています。

十代のころ、小室さんは学校の授業で作曲する機会があり、教師から「この中に将来作曲家になるかもしれない人がいる」と言われ、その才能を認められたとのことです(Eテレの『ミュージックポートレイト』より)。当時から作曲のセンスは突出していたということでしょうか。近い時期に書かれたメロディを「HERE, THERE & EVERYWHERE」で体験することができます。

INTRO
JUST LIKE PARADISE 2015/RHYTHM RED BEAT BLACK/CHILDREN OF THE NEW CENTURY 2015
HERE, THERE & EVERYWHERE/SCREEN OF LIFE/Birth
CAROL 2015 I
A DAY IN THE GIRL'S LIFE/CAROL (CAROL'S THEME I)/GIA CORM FILLIPPO DIA
CAROL 2015 II/IN THE FOREST/CAROL (CAROL'S THEME II)/JUST ONE VICTORY
INTERMISSION
月はピアノに誘われて/あの夏を忘れない/TETSUYA KOMURO SOLO -30th FINAL-/GET WILD 2015
WE LOVE THE EARTH/BE TOGETHER/I am/FOOL ON THE PLANET/ELECTRIC PROPHET
OUTRO

2016.01.23
by mura-bito | 2016-01-23 17:02 | Music | Comments(0)
<< AVICII – Broken... 宮下奈都 – 羊と鋼の森 >>

fujiokashinya (mura-bito)
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の記事
Mike Posner an..
at 2019-08-14 21:39
David Guetta a..
at 2019-08-08 21:15
藍井エイル「月を追う真夜中」..
at 2019-07-30 21:02
Zara Larsson「A..
at 2019-07-24 21:23
[PART2] Eir Ao..
at 2019-07-18 21:24
[PART1] Eir Ao..
at 2019-07-17 21:20
AVICII and Chr..
at 2019-07-09 19:23
以前の記事
記事ランキング
カテゴリ
タグ
ライフログ
TM NETWORK

























TETSUYA KOMURO



quasimode


Linkin Park


Paramore

Immigrant'sBossaBand

Ryu Miho

AVICII


Krewella

Zedd


藍井エイル





ORESAMA




Gacharic Spin


梨木香歩

村上春樹



京極夏彦



小林ユミヲ



Book





Comic








Music


ブログジャンル