人気ブログランキング |
inthecube
音楽と物語に関する文章を書いています。
ワイルドじゃなくてもいいからタフになりたい
OUR WORLD IS EXPRESSED BY IMPRESSIVE WORDS
ブログトップ
30th FINAL 03: CHILDREN OF THE NEW CENTURY 2015
TM NETWORK 30th FINAL

TM NETWORK 30th FINAL

TM NETWORK


JUST LIKE PARADISE 2015」、「RHYTHM RED BEAT BLACK」、そして「CHILDREN OF THE NEW CENTURY 2015」と続く序盤の三曲は、このライブにおけるポイントのひとつです。ダンス・ミュージックとロックというふたつの柱を提示することで、TM NETWORKが現在進行形であることを証明します。

1987年にリリースされた曲を2015年の感性でアップデートした「CHILDREN OF THE NEW CENTURY 2015」は、エレクトロとロックの要素を内包し、渾然一体となったアレンジで披露されます。エレクトロとロックは相反するものではなく、かといって仲良く手を取り合うものでもありません。せめぎ合って高め合う、と表現する方がより近いかと思います。

***

エレクトロとロックの混合スタイルは、近年のTM NETWORKの特徴でした。2014年に『DRESS2』というアルバムを出し、とりわけ「COME ON LET'S DANCE 2014」や「BE TOGETHER 2014」などでEDMとロックのミクスチャーを表現しました。同年の後半に行なわれたツアー「TM NETWORK 30th 1984~ QUIT30」では、原曲はハード・ロックだった「TIME TO COUNT DOWN」を大きくEDMに寄せました。

これらのミックスで感じるのは、ロック・スターの肉食的なサウンドとも、EDMのパーティー感あふれるサウンドとも異なる、ということです。エレクトロとロックがせめぎ合い、互いを高め合うサウンドこそがTM NETWORKらしいエレクトロであり、TM NETWORKらしいロック。TM NETWORKを特定のジャンルにカテゴライズすることは難しく、その雑食性がTM NETWORKのアイデンティティなのでしょう。

***

アルバム『humansystem』の1曲目として世に出た「CHILDREN OF THE NEW CENTURY」は、ジェット・コースターのようなダイナミックな展開で聴き手を翻弄します。音が波のように押し寄せる「動」から、音が抜けてボーカルだけになる「静」になることが何度かあり、急転直下、音の落差がとても印象に残ります。沈み込んでまた浮上し、また沈むといった上下動を繰り返します。

2013年のコンサート「TM NETWORK FINAL MISSION -START investigation-」では、オープニングSEとして使用されました。音は完全にEDM仕様。ボーカルの入っていないインストゥルメンタルだったこともあり、シンセサイザーのリフがこれでもかというくらい強調されていました。そして2015年はロックの側に再び寄り、バンド・サウンドを前面に押し出しています。1987年に回帰しながら、2015年の音をふんだんに盛り込みます。JD-XAの音がギタリストたちの音と火花を散らし、ロック・スタイル全開のアレンジを盛り上げます。

***

「CHILDREN OF THE NEW CENTURY 2015」の途中では、火球や火柱といった特殊効果による演出が盛り込まれています。爆音や火柱といった特殊効果は2012年のコンサート「TM NETWORK CONCERT -Incubation Period-」から活用され、彼らのコンサートの特徴のひとつとなりました。小室さんのシンセサイザー・パフォーマンスを視覚的にバックアップしたり、ストーリーにおいて重要な役割を担ったりしてきました。

間奏でウツが観客に背を向けてステージ後方に向かい、スクリーンの前に立って、両手を挙げます。すると両側から火球が吹き上がります。再び両手を挙げると、また火球が吹き上がります。次に、片手を挙げて振り下ろすたびに、左右から火球が立ち上がります。最後に、ウツは振り返り、両手を天に向けて勢いよく掲げます。左右から複数の火柱が一気に吹き上がります。炎が音に勢いを与え、曲はそのままエンディングまで突き進みます。

INTRO
JUST LIKE PARADISE 2015/RHYTHM RED BEAT BLACK/CHILDREN OF THE NEW CENTURY 2015
HERE, THERE & EVERYWHERE/SCREEN OF LIFE/Birth
CAROL 2015 I
A DAY IN THE GIRL'S LIFE/CAROL (CAROL'S THEME I)/GIA CORM FILLIPPO DIA
CAROL 2015 II/IN THE FOREST/CAROL (CAROL'S THEME II)/JUST ONE VICTORY
INTERMISSION
月はピアノに誘われて/あの夏を忘れない/TETSUYA KOMURO SOLO -30th FINAL-/GET WILD 2015
WE LOVE THE EARTH/BE TOGETHER/I am/FOOL ON THE PLANET/ELECTRIC PROPHET
OUTRO

2016.01.16
by mura-bito | 2016-01-16 15:15 | Music | Comments(0)
<< 宮下奈都 – 羊と鋼の森 30th FINAL 02: ... >>

fujiokashinya (mura-bito)
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の記事
Mike Posner an..
at 2019-08-14 21:39
David Guetta a..
at 2019-08-08 21:15
藍井エイル「月を追う真夜中」..
at 2019-07-30 21:02
Zara Larsson「A..
at 2019-07-24 21:23
[PART2] Eir Ao..
at 2019-07-18 21:24
[PART1] Eir Ao..
at 2019-07-17 21:20
AVICII and Chr..
at 2019-07-09 19:23
以前の記事
記事ランキング
カテゴリ
タグ
ライフログ
TM NETWORK

























TETSUYA KOMURO



quasimode


Linkin Park


Paramore

Immigrant'sBossaBand

Ryu Miho

AVICII


Krewella

Zedd


藍井エイル





ORESAMA




Gacharic Spin


梨木香歩

村上春樹



京極夏彦



小林ユミヲ



Book





Comic








Music


ブログジャンル