inthecube
音楽と物語に関する文章を書いています。
ワイルドじゃなくてもいいからタフになりたい
THE WORLD IS EXPRESSED BY THE IMPRESSIVE WORDS
ブログトップ
30th FINAL 01: JUST LIKE PARADISE 2015
TM NETWORK 30th FINAL

TM NETWORK 30th FINAL

TM NETWORK


空に舞い、雲を突き抜け、地上に向けて落ちていくのは一本のバトン。潜伏者からのメッセージを携えたバトンは地球を駆け巡り、そして人間と人間をコネクトします。

***

エンジン音が鳴り響き、小型ジェット機のプロペラが回り始める。刻むリズムをプロペラが絡み取ります。やがてキックの音がソフト・シンセの音を巻き込み、コーラスを巻き込み、ひとつの曲が形作られます。機体は空へ空へと駆け上る。

このコンサートのために新たに録音された音源が流れます。音は層を成し、重なりながら、ひとつひとつが屹立します。キックの音が全体の印象を形づくり、そこにベースやスネアが絡み付きます。速すぎず、遅すぎず。絶妙なテンポで刻むリズムは観客の身体を疼かせ、心に火を灯します。

TM NETWORKにおいて独特のリズム・パターンを持つこの曲は、「JUST LIKE PARADISE 2015」です。音が導くテイクオフ、音の世界にいざなうテイクオフ。二十年の時を越えてモデル・チェンジした「JUST LIKE PARADISE 2015」がデビュー30周年企画の集大成であるコンサート「TM NETWORK 30th FINAL」の幕を開きます。巨大なLEDスクリーンに流れる映像に合わせ、オープニング用のSEとして会場に響き渡ります。

***

コーラス・パートは♪Just like paradise♪と♪Gonna take you to paradise♪を交互に歌います。その間を縫うように♪That's right!♪が繰り返し飛び出します。感情にフィルターをかけたような声は、クールなエレクトロニック・サウンドに組み込まれます。

声と音の絡み合いは、大人の色気と気怠さを漂わせますね。ダイレクトな言葉でパッチワークされた世界ではなく、経験とイメージが生み出す記憶の世界。ベタついていないのに、とはいえあっさりとしているわけでもない、曖昧な空気の中を漂うメロディ。霧のような雰囲気はオリジナルよりも濃くなり、聴き手を包みます。

男性の声が ♪Baby dance with me through the night♪ と誘うと、女性の声は ♪When you hold me close it's paradise♪ と、誘いに乗るような、腕からすり抜けるような言葉を返す。光の当たる半面では微笑みを浮かべ、しかし陰になる側では表情が消える。体温が感じられるくらいに近い距離で交わすサインは、交差するのか…すれ違うのか。

***

リズムの隙間からシンセサイザーのリフが流れ出てきます。ピアノの音で構築されたリフが観客をシンセサイザー・サウンドの世界に引きずり込みます。ソフト・シンセの太くて厚い音、イルミネーションのようにきらきらと輝く音、スクラッチ・ノイズのような音が織り成すサウンド・インスタレーション。

「JUST LIKE PARADISE 2015」は、1991年に発表されたオリジナルを2015年の音で再構築(リプロダクション)した曲です。よりアクティブに、よりダンサブルに音が進化しました。音が音を呼び、観客を次の音へ、また次の音へとエスコートします。音で魅せるステージ。

この曲はコンサートのオープニングを飾るSEに留まらず、TM NETWORKというミュージック・ファクトリーのエントランスでもあります。「TM NETWORK 30th FINAL」はTM NETWORKサウンドの展示会です。"FINAL" と銘打ちながらも、展示するのはその時点の最新かつ最高の音です。1991年に書いたメロディを2015年の感性と音で鳴らしながら、現在進行形のTM NETWORKサウンドに観客を誘い込みます。まるでパラダイスのように、音が満ちる世界に。 

***

機体は雲を抜け、青空を舞い、再び雲の塊を通り抜ける。空と大地の間に引かれた境界線をたどるフライトは、宇宙と地球をコネクトします。やがて潜伏者は、手にしたバトンをためらうことなく窓の外に放り投げます。

INTRO
JUST LIKE PARADISE 2015/RHYTHM RED BEAT BLACK/CHILDREN OF THE NEW CENTURY 2015
HERE, THERE & EVERYWHERE/SCREEN OF LIFE/Birth
CAROL 2015 I
A DAY IN THE GIRL'S LIFE/CAROL (CAROL'S THEME I)/GIA CORM FILLIPPO DIA
CAROL 2015 II/IN THE FOREST/CAROL (CAROL'S THEME II)/JUST ONE VICTORY
INTERMISSION
月はピアノに誘われて/あの夏を忘れない/TETSUYA KOMURO SOLO -30th FINAL-/GET WILD 2015
WE LOVE THE EARTH/BE TOGETHER/I am/FOOL ON THE PLANET/ELECTRIC PROPHET
OUTRO

2016.01.04
[PR]
by mura-bito | 2016-01-04 10:44 | Music | Comments(0)
<< にがくてあまい レシピ72 あ... HYDE – DEPARTUR... >>

fujiokashinya (mura-bito)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の記事
Afrojack – Bri..
at 2018-09-12 22:36
David Guetta –..
at 2018-09-03 21:20
Bad Liar by Kr..
at 2018-08-28 22:26
ORESAMA「ホトハシル」..
at 2018-08-22 21:25
[PART2] Eir Ao..
at 2018-08-21 21:32
[PART1] Eir Ao..
at 2018-08-20 18:07
David Guetta –..
at 2018-08-17 22:09
以前の記事
記事ランキング
カテゴリ
タグ
ライフログ
TM NETWORK

























TETSUYA KOMURO



quasimode


Linkin Park


Paramore

Immigrant'sBossaBand

Ryu Miho

AVICII


Krewella

Zedd


藍井エイル




ORESAMA




Gacharic Spin


梨木香歩

村上春樹



京極夏彦



小林ユミヲ



Book





Comic








Music


ブログジャンル