人気ブログランキング |
inthecube
音楽と物語に関する文章を書いています。
ワイルドじゃなくてもいいからタフになりたい
OUR WORLD IS EXPRESSED BY IMPRESSIVE WORDS
ブログトップ
07. I am/GET WILD
TM NETWORK 30th 1984~ QUIT30 HUGE DATA

TM NETWORK 30th 1984~ QUIT30 HUGE DATA

TM NETWORK


「I am」のオリジナルは2012年にリリースされました。一年が経って二種類のリミックス(「I am 2013」、「I am -TK EDM Mix-」)が発表され、その一年後には、アルバム『QUIT30』にアルバム用に音のバランスを変えたバージョンが収録されました。このアルバム・ミックスを手がけたのがマーティ・フレデリクソンです。オリジナルのインストゥルメンタルも含め、それぞれに異なる印象を受けました。

ライブでは2013年のリミックスをもとにしつつ、イントロがエレクトロに寄ったり、間奏でソフト・シンセの音を押し出したりしてきました。そして、今回のライブで披露された「I am」について特筆すべきは、オリジナルで使われたギター・ソロが再現されていることでしょう。マイク・スミスが弾いていたフレーズです。

「I am」では、三人がマイクに向かって歌う姿が印象に残ります。重なる三人の声。こうして彼らが声を重ねる姿を見ると、TM NETWORKを象徴する曲であると強く感じます。2012年に再び走り始めたTM NETWORKというプロジェクトの核となり、リスナーを含むTM NETWORKというネットワークをアクティベートしました。アクシデントに見舞われたり、ストーリーの修正があったりする中でも、プロジェクトを貫く軸であり続けました。

♪Yes I am Yes I am Yes I am a human♪のフレーズは物語を綴るストーリーテリングの役割を果たしつつ、ステージと観客席をつなぎます。それはまるで、人と人をつなぐバトンのようです。ネットワークの中を飛び回り、点と点を結ぶ。「I am」がシグナルとなって、TM NETWORKというネットワークが活性化し、関わるすべての人々をつないできました。

「I am」の最後の音を継ぐように、新たな音が重なり、混ざり、そしてまた新たな音にシフトします。ステージで小室さんがひとり、光の中でソフト・シンセのモニターと向き合います。音を選び、重ね、省き、混ぜ、馴染ませる。ソフト・シンセに加え、Virus TI Polar、Virus Indigo 2 Redback、Nord Lead 3といったハード・シンセの音を加えて、サウンドを構築していきます。

ソフト・シンセをコントロールするために使われているのは二台のYAMAHA社のMOTIF XF6です。それぞれにモニターが設置されていますが、それらは透明のパネルです。床に置いたプロジェクターからアプリケーションの画面を投影しています。遠目にはモニターがあるようには見えず、画面が宙に浮いているように見えました。

「GET WILD」の音は、ライブを重ねる度に変化します。イントロ、Bメロ、間奏、アウトロと必ずどこかが変わります。シンセサイザーを使った小室さんのパフォーマンスと一体化することもあり、また1987年のリリース以降、数々のリミックスやライブ・アレンジが披露されました。「GET WILD」は変わり続ける宿命を背負った曲と言えます。

2013年のライブがトリガーとなり、「GET WILD」はEDMへの道をひた走ります。今回のライブではイントロが大きく変わり、エレクトロの疾走感が増します。と、不意に音が変わり、光とカメラが別の場所を捕らえます。鳴り響くのはアコースティック・ギターのカッティング。木根さんがアコースティック・ギターを激しくかき鳴らすと、それに呼応するように、前回のツアー「TM NETWORK 30th 1984~ the beginning of the end」で組み込んだフレーズが飛び出します。小室さんがコントロールするソフト・シンセの音も激しさを増していき、二人のプレイが生み出す音が火花を散らします。

一瞬のエア・ポケットを抜け、響き渡るのはオリジナルの「GET WILD」のイントロ。歌が始まってからも、曲の変化は随所に感じられます。Bメロにおいてリズムの間隔が空き、ボーカルやシンセサイザーの音が強調されるようになったのは2013年からです。最初はダブステップで使われるワブル・ベースでしたが、今回のライブではストリングス系の音に変わり、ドラマチックな雰囲気を漂わせます。

ここで体験した「GET WILD」の変化は最終型ではありません。この時は予想もしなかった変化が、未来で待っています。きっと変わるだろうと思っていても、具体的な音は観客の想像の範疇にはなく、驚きと興奮をもって迎えられることになります。2014年型の「GET WILD」はこのツアーで完成しましたが、近い未来、2015年型が登場するのです。

01. QUIT30 PART1: Birth
02. WILD HEAVEN/TIME TO COUNT DOWN
03. QUIT30 PART2: The Beginning Of The End/Mist
04. Alive/君がいてよかった
05. Always be there/STILL LOVE HER
06. QUIT30 PART3: Glow
07. I am/GET WILD
08. QUIT30 PART4: Loop Of The Life/Entrance Of The Earth
09. THE POINT OF LOVERS' NIGHT/SELF CONTROL/LOUD
10. QUIT30 PART5: The Beginning Of The End II/III

2015.08.12
by mura-bito | 2015-08-12 21:19 | Music | Comments(0)
<< 08. QUIT30 PART... 06. QUIT30 PART... >>

fujiokashinya (mura-bito)
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の記事
Mike Posner an..
at 2019-08-14 21:39
David Guetta a..
at 2019-08-08 21:15
藍井エイル「月を追う真夜中」..
at 2019-07-30 21:02
Zara Larsson「A..
at 2019-07-24 21:23
[PART2] Eir Ao..
at 2019-07-18 21:24
[PART1] Eir Ao..
at 2019-07-17 21:20
AVICII and Chr..
at 2019-07-09 19:23
以前の記事
記事ランキング
カテゴリ
タグ
ライフログ
TM NETWORK

























TETSUYA KOMURO



quasimode


Linkin Park


Paramore

Immigrant'sBossaBand

Ryu Miho

AVICII


Krewella

Zedd


藍井エイル





ORESAMA




Gacharic Spin


梨木香歩

村上春樹



京極夏彦



小林ユミヲ



Book





Comic








Music


ブログジャンル