人気ブログランキング |
inthecube
音楽と物語に関する文章を書いています。
ワイルドじゃなくてもいいからタフになりたい
OUR WORLD IS EXPRESSED BY IMPRESSIVE WORDS
ブログトップ
Why I live in mortal dread of public speaking(なぜ人前で話す恐怖の中で生き続けるのか)


TEDxSydney: Megan Washington
Why I live in mortal dread of public speaking
(なぜ人前で話す恐怖の中で生き続けるのか)

Megan Washingtonというシンガーソングライターを知りました。元日のEテレで伊藤穰一さんと山中伸弥さんの対談が放送されたのですが、そこでピックアップされたTED TalkのひとつがMegan Washingtonによるものです。スピーチの和訳はこちらにアップされています。山中さんは彼女のプレゼンテーションが優れている要因を三つ挙げました。メッセージを正確に伝えている、弱点を明らかにしている、そしてユーモアを忘れていない。

彼女のウィーク・ポイントとは、吃音です。彼女にとって歌は、一時的にであれ、吃音を克服するために重要な役割を果たしました。歌っているときは吃音が出ないし、歌うように話せばうまくしゃべれる。もちろん、歌うように話すことは、すべての場面ではできないため、苦しみから逃れることはできません。

彼女は自らが吃音をテーマにした話をTED Talkのステージで展開します。これまでの苦労や恐怖の記憶をたどりながら、そして吃音の症状を見せながら、自分の思いを言葉にします。それは決して過去の回想ではなく、現在の自分の姿を晒すことです。言葉を連ねるほどに自らの吃音を世に晒すことになる。

彼女は、片手に持ったスマートフォンを何度も見遣り、言うべきことを確認しています。その姿は、必ずしもTEDが完全無欠の人間が立つ場所ではないことを示しています。地位や知名度とは別の尺度、すなわちメッセージの内容によって注目されるか否かが決定する。もちろん同情でもなく。

僕は彼女の話を聴き、話す姿や表情を見て感銘を受けましたし、同じ症状を持つ者として頷くポイントがいくつもありました。自分と同じことを考えている人がいるのだと思い、はっとしました。分かっていても忘れがちなことですね。わりと気にしなくなってきたものの、時として声が出なくなり、その度に恐怖に苛まれる。

いつの間にか、自分しか見えなくなって、苦しみのスパイラルにはまります。そこから抜け出すのは容易ではないけれど、誰かが発したメッセージが届くことで、壁が崩れることがあります。メッセージは発信し続けることが大事なのですね。有名無名を問わず、誰かのメッセージが誰かを励まし、背中を押すかもしれない。

他の障害と同様に、吃音を完全に克服することはできません。マイナスをゼロにしようとするのではなく、自分を構成する要素のひとつとして付き合っていく。マイナスでもプラスでもないものとして受け入れる。周囲の反応を気にすることで症状が出たり悪化したりするものですが、とはいえ、世間の理解が深まることを期待しない方がいい。

いわゆる「異常」なものに対して抱く戸惑いは、誰しもありますよね。視点を変えれば、他の障害に対して自分も偏見を持っていることに気づくはずです。アンフェアな状況であることを前提にして、(努力は必要になるけれど)自分が関わる人に理解してもらうようにすれば、少しは生きやすくなる、はず。

そうしていれば、他の人が抱える悩みを理解しやすくなるかもしれません。こうしたかたちで互いにサポートできれば、それは相互扶助のひとつなのではないかと思います。経済的な相互扶助とは異なる、理解を交換する相互扶助のネットワーク。そういうものがいくつもできれば、吃音が障害ではなく、特徴のひとつになるんじゃないかなと思います。

2015.01.05
by mura-bito | 2015-01-05 22:18 | Words | Comments(0)
<< Megan Washingto... [PART2] TM NETW... >>

fujiokashinya (mura-bito)
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の記事
Mike Posner an..
at 2019-08-14 21:39
David Guetta a..
at 2019-08-08 21:15
藍井エイル「月を追う真夜中」..
at 2019-07-30 21:02
Zara Larsson「A..
at 2019-07-24 21:23
[PART2] Eir Ao..
at 2019-07-18 21:24
[PART1] Eir Ao..
at 2019-07-17 21:20
AVICII and Chr..
at 2019-07-09 19:23
以前の記事
記事ランキング
カテゴリ
タグ
ライフログ
TM NETWORK

























TETSUYA KOMURO



quasimode


Linkin Park


Paramore

Immigrant'sBossaBand

Ryu Miho

AVICII


Krewella

Zedd


藍井エイル





ORESAMA




Gacharic Spin


梨木香歩

村上春樹



京極夏彦



小林ユミヲ



Book





Comic








Music


ブログジャンル