人気ブログランキング |
inthecube
音楽と物語に関する文章を書いています。
ワイルドじゃなくてもいいからタフになりたい
OUR WORLD IS EXPRESSED BY IMPRESSIVE WORDS
ブログトップ
Party the Playwright
Party the Playwright
2013-07-07 at Shinjuku LOFT


Live 1: fox capture plan
Live 2: bohemianvoodoo feat. Maestro Lady
Live 3: Tres-men feat. Tomoko Nagashima (orange pekoe), Saigenji & Broken Sport (Jazzy Sport)
Live 4: Immigrant's Bossa Band feat. Saigenji
MC: 社長 (SOIL & "PIMP" SESSIONS)

2013年に入ってからPlaywrightというレーベルの音楽に出合い、これがまた自分にフィットしているのでよく聴いています。Tres-menに始まり、タワレコ新宿店で推されていたfox capture plan、そしてSoundCloudのライブ音源で心をつかまれたImmigrant's Bossa Bandにつながっていきました。これらのバンドが一緒にイベントやってくれたらなぁと思っていたら、なんと実現しました。上記のメンバーにbohemianvoodooを加えた4組のバンドが出演して、暑い夜に熱い演奏を惜しげもなく披露してくれました。


fox capture plan

キックオフの合図を受けて最初に飛び出したのはfox capture plan。6月のライブで初めてその演奏を体験して衝撃を受けました。この日はアルバム『trinity』のリード・トラック「衝動の粒子」から始まりました。いきなりギアがトップに入り、で否応なく会場のボルテージが上がります。オアシスのカバー「wonderwall」で緊張をほぐし、最初にリリースしたアルバムに収録されている「Flexible」や「capture the Initial "F"」で一気に駆け抜ける。ドラムス井上さんが繰り出すキックはとても強烈で、ロックの衝動を感じさせます。

fox capture plan * livephotograph



fox capture plan - 衝動の粒子


bohemianvoodoo

2番手のbohemianvoodooは、僕はライブはおろか音源に関してもファースト・コンタクトでした。木村イオリさんのピアノはクラブ・イベントのセッションで聴いたことがありますが、ではバンドのスタイルはいかなるものか……踊れる!フロントで奏でるギターは歌うようだし、ピアノのフレーズがギターを彩るように鳴ります。ベースのNassyさんがすごく楽しそうに音を出していたので、初めてでもすっと興奮の輪に入っていけました。さらに、女性3人組の「Maestro Lady」が流線型のダンスを披露した曲や、最後に演奏された「Adria Blue」というワルツ調の曲がとても良かったです。

bohemianvoodoo feat. Maestro Ladys * livephotograph



bohemianvoodoo - Adria Blue


Tres-men

後半戦の開始とともに、3つのホーンとエレクトリック・ベースを加えたTres-menがフルスロットルで発進します。Tres-menの3人はキーボード、パーカッション、そしてキックを中心とした打ち込みサウンドを操ります。「Cosmic Lust」のイントロと同時に、男性のダンサー・チーム「Broken Sport」が登場し、鋭いステップで観客を沸かせます。「WHY」、「That's What Friends Are For」ではorange pekoeのナガシマトモコさんが加わり、「One Fine Morning」ではSaigenjiさんが加わって熱いボーカルを披露してくれました。音の重なりで、流れるようなソロ回しで、そして息もつかせぬダンスで魅せてくれるそのパフォーマンスは、圧巻の一言です。

Tres-men feat. BrokenSport * livephotograph



Tres-men - WHY [feat. orange pekoe]


Immigrant's Bossa Band

イベントの最後を飾るのはImmigrant's Bossa Bandです。先日の無料ライブを観てから期待が高まりましたが、その期待をあっさり超えてくれました。ゆったりと始まる「You've Got To Have Freedom」を1曲目に持ってきて、僕は意表を突かれました。shocoさんのボーカルは気持ちが満ちあふれていて、バラードでありながら会場の熱をさらに高めます。IBBを好きになるきっかけの曲であり、生で聴きたいと思っていただけに、この選曲はものすごく嬉しかったです。

「You've Got To Have Freedom」の終盤からアップテンポに切り替わると、その流れを引き継いで「Trigger」、「La Isla Bonita」、新曲「NEWDAY」が披露されます。もう、踊りっぱなしです。そして、ドラムスとパーカッションのソロ合戦をはさんで「Bonito」が始まり、途中からSaigenjiさんがスキャットとフルートで加わり、後はもう一気に駆け抜けます。アンコールでは、新作から「Do U Remember?」が演奏されました。この曲は途中でサンバ調に変わり、LaLaLa...のリフレインが続きます。最後はイベントの成功を祝うかのようにみんなでLaLaLa...と歌って、熱狂のフェスティバルが幕を閉じました。

Immigrant's Bossa Band * livephotograph



Immigrant's Bossa Band - NEWDAY

2013.07.08

【追記】
イベントの様子を撮影されていたmomokooogakiさんのブログ「momokoogaki * livephotograph blog」のリンクを貼りました。ステージから放たれた音、会場に満ちあふれていた熱狂が伝わってくる写真の数々。是非、ご覧ください。パフォーマンスの記憶が呼び起こされ、音が聞こえてくるようです。ライティングをうまく捉えた写真は、どれも素晴らしいです。Immigrant's Bossa Bandのボーカル、shocoさんと目が合った瞬間を捉えたカットがとても素敵ですね。

2013.07.27
by mura-bito | 2013-07-08 21:41 | Music | Comments(0)
<< TM NETWORK - BE... TM NETWORK - CO... >>

fujiokashinya (mura-bito)
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の記事
Mike Posner an..
at 2019-08-14 21:39
David Guetta a..
at 2019-08-08 21:15
藍井エイル「月を追う真夜中」..
at 2019-07-30 21:02
Zara Larsson「A..
at 2019-07-24 21:23
[PART2] Eir Ao..
at 2019-07-18 21:24
[PART1] Eir Ao..
at 2019-07-17 21:20
AVICII and Chr..
at 2019-07-09 19:23
以前の記事
記事ランキング
カテゴリ
タグ
ライフログ
TM NETWORK

























TETSUYA KOMURO



quasimode


Linkin Park


Paramore

Immigrant'sBossaBand

Ryu Miho

AVICII


Krewella

Zedd


藍井エイル





ORESAMA




Gacharic Spin


梨木香歩

村上春樹



京極夏彦



小林ユミヲ



Book





Comic








Music


ブログジャンル