inthecube
音楽と物語に関する文章を書いています。
ワイルドじゃなくてもいいからタフになりたい
OUR WORLD IS EXPRESSED BY IMPRESSIVE WORDS
ブログトップ
ソーシャル図書館
今のところ、日本における電子書籍はなかなか波に乗れず、その火も消えようとしているのか、いやまだあきらめるのは早いのか、地味な混沌の中にあります。そんなこんなでその手の話題から離れていましたが、昨年末から今年初めにかけて、Kindleでは購入した本を他人に貸せる機能が加わった模様です。Nookではすでに実現していたそうですが、この「貸し借り」という機能はおもしろいなぁと思いました。データを貸し借りするって概念は盲点と言いますか、新鮮な感覚ですね。データは複製されるものであって、一時的に貸与されるものではないので。

本や音楽が広まって残ってきたのって、貸し借りがあったからなのかなと思う。デジタルデータでもその感覚を実現できるかどうかが、電子書籍定着のカギなのかも?自分が買った本と借りたい本を公開してシェアし合うソーシャル図書館とかね。

http://twitter.com/fujiokashinya/status/88950204241416194

ソーシャル図書館ってどうだろう、と考えてみました。自分が購入した本のリストを公開するネット・サービスはいくつかありますが、そこにシェアという行動を組み込んでみるのです。配信で購入した作品を公開しておいて、借りたい人に貸すことができる。借りるのはもちろん先着順。貸した実績のある人は、借りるときに優先してもらえる。また、自分が買った本と借りたい本を公開すると、反対の組み合わせを公開している人とのマッチングが図られる、なんてのも考えられますね。パズルのピースがはまるようにギブアンドテイクが成立するのです。

インプレスと大日本印刷が共同で「オープン本棚」(電子書籍を一元管理するソフトウェア。仮称)を開発するとのことで、例によってスペックがどうのオリジナルの機能があるだの、あれこれアピールしていました。それはそれとして、イメージ図の中では、「共有する」や「借りる」といった言葉が友人の本棚との間に書かれており、おやっと思いました。購入した電子書籍をどうシェアするんだろう? NookやKindleのように貸し借り機能が実現するのだろうか? とりとめのない空想だけが浮かんでいますが、産業としてちゃんと成立しつつ、ストレスなく使える電子書籍サービスの実現は待ち遠しいんですよね。言葉を生業とする者として。

2011.07.08
[PR]
by mura-bito | 2011-07-08 22:29 | Book | Comments(0)
<< おおきなかぶ、むずかしいアボカド 白州10年でLush Hour! >>

fujiokashinya (mura-bito)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新の記事
TM NETWORK「RHY..
at 2018-10-16 22:37
Zedd and Elley..
at 2018-10-04 21:09
Shawn Mendes a..
at 2018-10-02 21:30
小林ユミヲ『星くずのプリンス..
at 2018-09-28 22:10
TM NETWORK「THE..
at 2018-09-26 21:57
ORESAMA ワンダーラン..
at 2018-09-20 21:54
Afrojack – Bri..
at 2018-09-12 22:36
以前の記事
記事ランキング
カテゴリ
タグ
ライフログ
TM NETWORK

























TETSUYA KOMURO



quasimode


Linkin Park


Paramore

Immigrant'sBossaBand

Ryu Miho

AVICII


Krewella

Zedd


藍井エイル




ORESAMA




Gacharic Spin


梨木香歩

村上春樹



京極夏彦



小林ユミヲ



Book





Comic








Music


ブログジャンル