inthecube
音楽と物語に関する文章を書いています。
ワイルドじゃなくてもいいからタフになりたい
OUR WORLD IS EXPRESSED BY IMPRESSIVE WORDS
ブログトップ
イノセントな気持ちと世間的な何か
シアター!

シアター!

有川 浩


つぶれそうな劇団が再起を図る物語。全体的にコミカルな要素が強く、春の風を感じているかのように、軽快にテンポよく読み進めることができました。大学生のときに芝居をちょっとやっていたので、そのころのことを思い返しながら、半ば思い出に浸りつつ、楽しくページを繰っていました。学生だったということもあるんですが、何かに打ち込む(芝居に限らず、楽器でもいいし、スポーツでもいい)ときのイノセントな気持ちって何物にも変え難いんですよね。一流になれるか、それがお金になるか、絶対にわからないまま、そしていつまで続けるかもはっきりとは言えないまま、ただこの瞬間に表現したいことはある、という意思表示をする。その世界から離れれば離れるほど、そのイノセントさはまぶしい。離れて数年経ったぐらいでは未練もあるだろうし、中途半端に社会人気取りで、かつての自分やその道を歩き続けている人を見下すかもしれない(それが表出するか潜在しているかの違いはあれど)。まあ、時間が経てば思い出になって、だからこそ美しいのかもしれませんが。

そんなイノセントさと対極に位置するのが、いわゆるアートとお金の関係ですね。劇団なんて食えない、食えるのは一部の人間だけだ。それはもう定説と言ってもいいんでしょうし、それの是非なんて議論しても仕方ないですよね。一般論はどうでもよくて、それぞれが自分たちのやりたいことをやり続けるために、自分で考えてなんとかする。この作品の中の主題(visibleな主題)とも言えるのが、劇団運営です。芸術だろうがアートだろうが、お金を出して観る人がいるのだから、お金との関係がルーズであっていいはずがない。赤字前提で商品を売るなんてありえない。そんなことが書かれた一節を読んで、利益を考えないのは「表現」という言い訳でコーティングされた甘えなんだろうなと思いました。仕事でお金をやりとりしていれば、そのあたりの感覚は常識かとは思いますが。いわゆる、世間の常識。

僕の中ではイノセントな気持ちと世間の常識が、どうしても「壁と卵」に思えて仕方ありません。「壁と卵」は、村上春樹がエルサレムで話した有名な一節ですよね。大きなシステムと、壊れやすい小さな個人。「世間ではこうだ」、「常識で考えろ」…そんな言葉を聞くたびに、飲み込めない違和感がまとわりつく。壊れやすいイノセントな気持ちは、先に進もうとすればするほど、世間が立ちはだかり、ぶつかればばらばらになってしまう。大人しく、大人らしく、世間に従う。果たしてそれは本当に幸せなことなのだろうか。

そこでこの作品の「invisibleな主題」(あくまでも僕が感じたものですが)が関係すると思います。すなわち、やり切ってダメだったらあきらめられる、ただしそれは親身になって、支えてくれる人が一人でもいれば、の話です。たったひとりですべてを背負って壁にぶつかれなんて、勝手に自殺しろと言い放っているに等しい。誰か一人でもいっしょに壁に向かっていく人がいれば、そこに意味は残る気がします。というか、一緒に壁に向かう人だからこそ、立ち向かえと言える。卵に寄り添う卵。作品の最後に刻まれた言葉は、まさしくそれを物語っています。

2011.01.23
[PR]
by mura-bito | 2011-01-23 22:52 | Book | Comments(0)
<< Magic Ensemble Aki Takase x Yu... >>

fujiokashinya (mura-bito)
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新の記事
藍井エイル – Eir Ao..
at 2018-12-13 22:08
TM NETWORK「A D..
at 2018-12-09 09:30
BTS「MIC Drop -..
at 2018-12-06 22:15
AUTUMN2018
at 2018-12-04 21:29
Steve Aoki and..
at 2018-12-03 21:44
Black Coffee a..
at 2018-11-27 21:54
[EN] Shawn Men..
at 2018-11-26 21:11
以前の記事
記事ランキング
カテゴリ
タグ
ライフログ
TM NETWORK

























TETSUYA KOMURO



quasimode


Linkin Park


Paramore

Immigrant'sBossaBand

Ryu Miho

AVICII


Krewella

Zedd


藍井エイル





ORESAMA




Gacharic Spin


梨木香歩

村上春樹



京極夏彦



小林ユミヲ



Book





Comic








Music


ブログジャンル