人気ブログランキング |
inthecube
音楽と物語に関する文章を書いています。
ワイルドじゃなくてもいいからタフになりたい
OUR WORLD IS EXPRESSED BY IMPRESSIVE WORDS
ブログトップ
[PART2] Eir Aoi LIVE TOUR 2019 “Fragment oF”
Eir Aoi LIVE TOUR 2019 “Fragment oF”
2019-07-06 at TOHKnet Hall Sendai

〈LIVE TOUR 2019 “Fragment oF”〉のステージでは、藍井エイル自身がギターを弾く曲が増えたのも印象的でした。記憶にある限りでは「SINGULARITY」「FROATIN’」「流星」「パズルテレパシー」だったかと思います。どの曲も意外というか予想もしておらず、ギターを持って曲が始まるたびに「この曲でも弾くのか」と驚きました。ギターを弾く姿がどんどん馴染んでいると思います。

ちなみに、リハーサルで彼女にギターを教えているバンド・メンバーの土屋浩一は、「葛G」こと葛城哲哉の門下生とのこと。葛Gはglobeの録音やライブをサポートした期間が長く、その縁なのか、土屋浩一がプロとして弾く初めてのステージがglobeだったそうな。自分の聴いてきた音楽が予期せぬところでつながることに(ひとりで勝手に)感動しています。
b0078188_21172991.jpg
本編のラストに演奏した曲は、アルバムでも最後を飾った「フラグメント」です。スクリーンにはライブやジャケット撮影のワンシーン、オフショットなどが映し出されます。それらは彼女がたどってきた記憶の断片(フラグメント)であり、この曲のテーマ、アルバムのテーマ、そしてライブのテーマにつながります。からっとした雰囲気で爽やかに駆け抜けるバンド・サウンドが心地好く、このままずっと演奏してもらいたいと思いながら曲のすべてを楽しみ尽しました。



藍井エイル – FRAGMENT (Album Trailer)

アンコールでは、ちょうどこの日から配信が始まった新曲「月を追う真夜中」が披露されました。バンドでキーボードを担当する重永亮介が書いており、彼が提供した「約束」や「SINGULARITY」にも通じる、美しいメロディが特徴的な曲です。「月を追う真夜中」のメロディには美しさに加えて、胸を締め付ける強烈な力を感じます。

フィナーレを「サンビカ」が飾り、2時間に渡り勢いよく駆け抜けたライブがゴールを迎えました。僕はアルバム『FRAGMENT』がとても好きで、どの曲も大事に聴いています。そのため、アルバムの曲をすべて組み込んだ今回のセット・リストは実に嬉しいギフトでした。Fragment oF Sendaiで受け取った歌や音は自分の音楽体験の一部となり、それはいくつもあるカケラのひとつかもしれないけれど、欠くことのできない大切な記憶にもなりました。
2019.07.18
# by mura-bito | 2019-07-18 21:24 | Music | Comments(0)
[PART1] Eir Aoi LIVE TOUR 2019 “Fragment oF”
Eir Aoi LIVE TOUR 2019 “Fragment oF”
2019-07-06 at TOHKnet Hall Sendai

藍井エイルのツアー〈LIVE TOUR 2019 “Fragment oF”〉が2019年5月から7月にかけて開催されました。幸運にも仙台公演のチケットが取れたので、緑と霧雨に包まれた定禅寺通りを歩いて会場に向かい、その歌声とバンドの音を目一杯浴びてきました。
b0078188_21172991.jpg
オープニングのSEが観客のボルテージを上げ、それが途絶えると響く「UNLIMITED」のイントロ。スクリーンに映るクラシックな時計の映像を背にして、藍井エイルが姿を現わし、歌い始めます。4月にリリースしたアルバム『FRAGMENT』の全曲が披露されました。そのぶん定番の曲は厳選されましたが、「IGNITE」や「シリウス」、「INNOCENCE」や「ラピスラズリ」などがライブに安定感をもたらします。一方で、「空を歩く」のようにデビュー・アルバムの曲を披露する一幕もありました。



藍井エイル – FRAGMENT (Album Trailer)

このライブで最も強く印象に残った曲は「螺旋世界」です。この曲の最大の特徴は、ギターが奏でるメインのフレーズのループ。ライブでは新井弘毅のギターがこのフレーズを爆音で鳴らし、曲名のごとく観客を螺旋の中に巻き込みます。イントロ、間奏、エンディングで聴けるこのフレーズは、聴けば聴くほど心を奪われる。アルバムでも存在感の大きさに衝撃を受けましたが、ライブではもっと前に出てきて第一印象を上回るインパクトがありました。ライブで化けたというより、解き放たれたというべきでしょうか。最高でした。

聴き慣れた曲でもアレンジの変化によって印象が刷新されることは多々あります。アルバムの先頭に収録された「約束」は、藍井エイルのボーカル、重永亮介のピアノ、土屋浩一のアコースティック・ギターというシンプルな構成で披露されました。オリジナルのアレンジはストリングスとベースの効いた重厚なバンド・サウンドですが、こうしたアコースティック・セットで演奏されると、歌声の輪郭が浮かび上がり、より鮮明になります。その魅力にもう一度出会い、そして素晴らしい歌であることを改めて感じる時間でした。
2019.07.17
# by mura-bito | 2019-07-17 21:20 | Music | Comments(0)
AVICII and Chris Martin「Heaven」:その音楽は聴き手に届き、生命を吹き込まれる ◢ ◤
世界を沸かせたEDMスター、AVICII(Tim Bergling)。彼の遺作を集めたアルバム『TIM』がリリースされました。アルバムの2曲目に収録されているのが「Heaven」です。ColdplayのボーカリストChris Martinとのコラボレーションで生まれた曲であり、彼の歌声がAVICIIの音の中を縦横無尽に駆け巡る素晴らしい曲です。
b0078188_19220477.jpg
アルバムに寄稿されたKatie Bain(Billboardなどのエディター/ライター)のメッセージによると、この曲が制作されたのは2014年とのことです。その後、AVICIIが2016年に仕上げました。そのため、未完成の曲を旧知のプロデューサーたちが仕上げた曲がほとんどを占める中で、プロデューサーとしてAVICIIの名前が単独でクレジットされた曲のひとつです。



AVICII and Chris Martin – Heaven (Lyric Video)

イントロから響くAVICIIらしいシンセサイザーのリフレイン、ピアノに重なるChris Martinの歌声。まずはそれらに魅せられ、「Heaven」の虜になります。『True』のようでもあり『Stories』のようでもありますが、やはりそれらとは異なる点に存在する曲です。

耳が慣れたところで、より深い部分に潜ってみると、ベースが奏でるフレーズに心が吸い寄せられます。特に後半のじわじわと盛り上がっていくところが魅力的です。緻密に組み立てられたサウンドの中で、ボトムを支えるベースの存在が強く感じられます。身体に染み込ませるようにして聴きたい音ですね。
2019.07.09
# by mura-bito | 2019-07-09 19:23 | Music | Comments(0)
BTS「Lights/Boy With Luv/IDOL」:光を放つ歌声のギフト
BTS방탄소년단)がミディアム・テンポの新曲「Lights」をストリーミングおよびCDでリリースしました。彼らの美しい歌声を存分に味わえる曲です。歌詞は日本語で書かれており、日本のファンに向けたギフトという感じでしょうか。いずれ韓国語や英語で歌うバージョンが出るのかもしれません。
b0078188_21312182.jpg
そこそこ長くEDMやロック、ジャズやファンクなどを聴いてきて、最近は、音楽における「ポップ」の魅力を噛み締めています。そのためか、BTSなどを通してすんなりと身体に入ってくるポップさが心地好い。彼らはポップであることを究めようとして、進化と深化を続けている。BTSの曲を聴くたびにそう思います。

もともとヒップホップを軸にしたグループではありますが、ファンクやエレクトロなどの要素を含みつつ、どの曲も親しみやすい。常に優れたポップ・センスが感じられ、「Lights」のような王道のポップスになると、それが全面に押し出されます。そのセンスを堪能するために、じっくりと耳を傾けてみましょう。



BTS – Lights

シングルには、これまでにリリースされた曲の日本語版が収録されています。そのひとつが記憶に新しい「Boy With Luv」です。僕はさまざまなアーティストが新曲を出すと、まずは新曲用のプレイリストに放り込んで聴きます。その中で、リリースから3ヶ月にわたって上位をキープしているのが「Boy With Luv」のオリジナルです。

日本語版を聴いてみると、オリジナルの韓国語との響きの違いを楽しむことができます。歌詞のメロディへの載せ方が、韓国語と日本語では異なり、韓国語は英語の方に近いのかなと思いました。特にラップのパート(SUGA、J-HOPE、RM)を聴くと、韓国語の方が滑らかに流れる印象を受けます。



BTS – Boy With Luv -Japanese Version-

もう一曲は「IDOL」です。2018年にリリースされた曲ですが、七人で歌うオリジナルの他に、Nicki Minajをフィーチャーしたバージョンがアルバムのボーナス・トラックとして収録されています。どこかラテン・ミュージックの雰囲気を感じさせる曲であり、ヒップホップやエレクトロなどの要素と混ざり合って、実に混沌としたトイボックスを思わせます。

「IDOL」の日本語版は、オリジナルと比べて印象が変わった気がしません。なぜか? おそらくオリジナルを聴いた時間の差だろうと思います。「IDOL」のオリジナルを聴いたのは、このシングルを聴いた後であり、「Boy With Luv」の3ヶ月に比べると、ほとんど聴いていないに等しい。白紙の状態でオリジナルと日本語版を聴いても、言語の違いはあまり際立たないのかもしれません。



BTS – IDOL -Japanese Version-

「Lights」のリリースに伴ない、日本でのプロモーションにも力が入っており、その熱にファンも呼応しています。BTSが表紙を飾った『CanCam』が予約だけで完売となって、発売前にもかかわらず増刷が決まるというアナウンスに驚きました。

人気の漫画や小説であればそこまで驚かないのですが、全体的に発行部数が落ちている雑誌では珍しいことなのではないでしょうか。背景には国内のみならず海外からも注文が「殺到」したことがあるようで、彼らの影響力の大きさを改めて感じる出来事です。
2019.07.05
# by mura-bito | 2019-07-05 21:40 | Music | Comments(0)
藍井エイル「グローアップ」:夜の片隅で交差する反発と本音、新たなアプローチで築くNEW EIR WORLD
2019年4月に藍井エイルが発表したオリジナル・アルバム『FRAGMENT』では、彼女の音楽の新しい表情を見ることができます。これまでとは異なるいくつかのアプローチが新しい印象を与えてくれます。そのひとつが「グローアップ」です。リリース直後に彼女が出演したイベント〈ROCK AX Vol. 2〉で初めて演奏されました。
b0078188_18522251.jpg
心の中に蓄積した文句を歌詞にして、攻撃的な音でコーティングして歌います。それでいて、素直になれない自分を客観視する視点も見せ、気持ちが複雑に絡み合う多感な時期を描きます。その中で ♪しばらく家には帰りません♪ などと言い放つところは、藍井エイルの曲には見られなかったコミカルさが感じられ、実に新鮮です。

思春期における反発や、隠し切れない本音。反抗したい気持ちと素直になりたい気持ちがぶつかり、葛藤し、右へ左へと移ろう。ラップというほど自由ではないものの、言葉を詰め込み、相手に言葉をリズミカルに投げつけるボーカルです。ギターの音が刺々しく、触れたら怪我をしそうな尖った感じが出ています。とはいえノリは良く、その意味ではとてもポップで遊び心に満ちています。



藍井エイル – グローアップ

「グローアップ」のミュージック・ビデオは、『FRAGMENT』がリリースされる数日前に公開されました。歌詞の世界を具現化した演出です。夜の片隅をさまよう少女と、色あせた世界に閉じ込められて歌う藍井エイルが交互に映し出されています。

夜の公園、夜の街角。少女は閉塞感に苛立つような表情を浮かべていますが、♪どうしたら素直になれるのか/足りないものはひとつ♪ と歌うように、そこから抜け出すのは意外と簡単なことなのかもしれません。まあ、それができたら苦労しないよ…と思うのは多くの人が直面する「大人への通り道」ではありますが。
2019.07.02
# by mura-bito | 2019-07-02 21:03 | Music | Comments(0)
The Chainsmokers and Bebe Rexha「Call You Mine」:音が渦を巻いて、唯一無二の歌声が響く
唯一無二の歌声に感動して、ギターの音に心をつかまれる。The ChainsmokersBebe Rexhaの連名で新曲「Call You Mine」が発表されました。初めて聴いたとき、その歌声と音のコラボレーションに衝撃を受けました。感動が止まりません。
b0078188_21185815.jpg
ロックを感じさせる太くてエッジの効いたサウンド。情感あふれるギターの響きがとても魅力的であり、とりわけ強く印象に残るのがエンディングです。ギターの音は曲を締め括るどころか、さらに鮮やかに彩り、まだまだこれから続くと思わせます。曲が終わるのが惜しく、もっと聴きたい…音の渦に呑み込まれたい…と思いました。ギターが奏でるメロディはどこかメランコリックですが、気持ちは沈むどころか高揚し、やがて渇望に変わります。



The Chainsmokers and Bebe Rexha – Call You Mine

Bebe Rexha自身の曲やコラボレーションで生まれた曲を聴くたびに、より深く、彼女の歌声に魅了されていきます。ハスキーでかすれ気味な歌声が、他のシンガーにはない魅力を漂わせます。それは狂気を誘う色気なのかもしれませんし、孤独に取り残された哀愁なのかもしれません。

それでもやはりポップさを感じる歌声であり、ポップ・ミュージックの世界でこそ光るのだと思います。彼女の歌声を聴いて浮かぶイメージは夜ですが、湿っぽい夜ではありません。パーティーで盛り上がるような夜をイメージさせますが、それでもどこかに冷めた視線を感じます。派手な光の隙間でささやくメランコリックな表情。いくつものレイヤーを持った歌声なのではないでしょうか。

2019.06.26
# by mura-bito | 2019-06-26 21:20 | Music | Comments(0)
Katy Perry「Never Really Over」:歌声が言葉を紡ぎ結びつけ、言葉が心に絡まり心を満たす
素晴らしい音楽ほど、言葉にしたくなる。そう思いながらKaty Perryの新曲を聴き、この文章を書いています。曲を聴いて感じたことを書き留めることで感動した記憶を記録する行為は、何度繰り返しても飽きません。

新曲「Never Really Over」の音楽世界に潜り込んでみましょう。プロデュースを担当したのはZeddであり、そしてDreamlabというチーム(プロデュースとソングライティングを生業とする二人組)です。つい最近の出来事ではありますが、Katy PerryとZeddは「365」という曲でコラボレーションを実現させました。このエキサイティングな組み合わせから生まれる音楽に期待以外の何がありましょうか。
b0078188_21535455.jpg
メロディと歌声とサウンドの三位一体。特にChorusが好きです。ダンサブルに舞いながら、歌メロが胸を締め付け、心にしみます。とても美しい。言葉が連なり、束となって次から次へと押し寄せます。特に曲の終盤では、絶え間ない言葉の奔流が快感をもたらします。サウンドは歌声を照らすスポットライトのようであり、歌声の魅力を存分に伝える助演として輝きます。



Katy Perry – Never Really Over

「365」を聴いて、Katy Perryの歌声の素晴らしさに気づきました。それまでも彼女の曲を聴いてはいたものの、心を掴まれたのは「365」が初めてです。それまでとは何が違うのか、それはまだ分かりません。けれどもスイッチがぱちんと入るように、美しい歌声の虜になりました。

そして「Never Really Over」に出会います。この曲を聴いて、さらに深く、さらに強く、彼女の歌声に惹かれます。星の数ほどもあるポップスの一部だと思っていたのに、一際大きな輝きを放つ星になるとは思ってもいませんでした。あるとき突然ドアが開き、一歩踏み込んだら、目の前に広がる世界に吸い込まれる。景色が変わる、気持ちが変わる。新しい世界が広がります。
2019.06.11
# by mura-bito | 2019-06-11 21:56 | Music | Comments(0)

fujiokashinya (mura-bito)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新の記事
[PART2] Eir Ao..
at 2019-07-18 21:24
[PART1] Eir Ao..
at 2019-07-17 21:20
AVICII and Chr..
at 2019-07-09 19:23
BTS「Lights/Boy..
at 2019-07-05 21:40
藍井エイル「グローアップ」:..
at 2019-07-02 21:03
The Chainsmoke..
at 2019-06-26 21:20
Katy Perry「Nev..
at 2019-06-11 21:56
以前の記事
記事ランキング
カテゴリ
タグ
ライフログ
TM NETWORK

























TETSUYA KOMURO



quasimode


Linkin Park


Paramore

Immigrant'sBossaBand

Ryu Miho

AVICII


Krewella

Zedd


藍井エイル





ORESAMA




Gacharic Spin


梨木香歩

村上春樹



京極夏彦



小林ユミヲ



Book





Comic








Music


ブログジャンル