人気ブログランキング |
inthecube
音楽と物語に関する文章を書いています。
ワイルドじゃなくてもいいからタフになりたい
OUR WORLD IS EXPRESSED BY IMPRESSIVE WORDS
ブログトップ
[PART2] BTS『MAP OF THE SOUL: PERSONA』:七人の感性が交錯して、美しくタフな音楽世界を築き上げる
ポップで聴きやすく、ロック・スタイルに痺れ、静謐なバラードに心が震える。BTS(방탄소년단)のアルバム『MAP OF THE SOUL: PERSONA』に収められた七つの曲が織り成す世界は、くるくると表情を変え、その度に新しい体験を聴き手に提供してくれます。勢いがあるときは何をやっても認められるものですが、しかしながら勢いだけで曲数を揃えたアルバムとは到底思えませんよね。
b0078188_21513082.jpg
「Make It Right」の第一印象は「美しい」に尽きます。ジャンルとしてはR&Bというべきでしょうか、透明感のあるバックトラックが七人の美声を彩る曲です。シンプルに重ねられた音は、シンプルだからこそ、歌声の美しさや巧みなコーラスワークを引き立てます。心の柔らかい部分にそっと触れるように繊細で、それでいてあたたみを感じさせる歌声ですね。



Make It Right (The Late Show with Stephen Colbert)

「HOME」はオルガンの音を効かせたヒップホップのトラックであり、密度が大きく、濃密なラップが強烈なプレゼンスを放ちます。それでも泥臭くならず、爽やかな曲に仕上がるのがBTSスタイルです。彼らはアメリカのヒップホップに影響を受けているとはいえ、そこに大きく近づくわけではなく、オリジナルのヒップホップを作り出します。そうして湧き上がる美しさが人々の心を引き寄せます。



HOME

K-POP全般についていえることですが、バラードの美しさは筆舌に尽くしがたい。その美しさを実感する曲が「Jamais Vu」です。世界がK-POPを求める要因のひとつは、この美しい歌声なのだと思います。男性のK-POPアーティストが歌うバラードには特有の美しさがあり、欧米のバラードとは異なる、オリジナルな魅力として受け入れられているのでしょう。夜明けの静謐な時間を思わせる歌声の響きです。



Jamais Vu

荒々しく駆け巡る歌と音。「Dionysus」が『MAP OF THE SOUL: PERSONA』の最後を飾ります。この曲を初めて聴いたとき、プログレのテイストを感じました。音やメロディがドラマチックに移ろい、展開が変わるたびに印象が刷新されます。ボーカルやラップが絶え間なく交差する様子がプログレの雰囲気を中和していますが、途中あるいはエンディングに長めのインストが入れば一気にプログレに寄りそうです。



Dionysus

BTSはひとつのテーマを定めて数枚のアルバムを制作します。この “MAP OF THE SOUL” もシリーズとなるそうで、第一弾の “PERSONA” に続く次の作品が控えているのでしょう。また、さらなるコラボレーションやリミックスを期待してもよさそうです。次は何を見せてくれるのか? 世界規模で彼らへの期待は日に日に高まるばかりですが、その重圧の中でも『MAP OF THE SOUL: PERSONA』のような素晴らしい作品を送り出すタフさに驚き、そして感動しています。
2019.05.22
# by mura-bito | 2019-05-22 21:41 | Music | Comments(0)
[PART1] BTS『MAP OF THE SOUL: PERSONA』:自信に裏打ちされたポップ・テイスト、高まるK-POPのプレゼンス
BTS(방탄소년단)のアルバム『MAP OF THE SOUL: PERSONA』は2019年4月にリリースされ、瞬く間にヒットを記録しました。本作は、『LOVE YOURSELF 轉 ‘Tear’』および『LOVE YOURSELF 結 ‘Answer’』に続き、三作連続でBillboard 200のトップを獲得しました。Halseyをフィーチャーした「Boy With Luv」もBillboard Hot 100の一桁台に食い込んでいます。
b0078188_21513082.jpg
BTSの人気は数字で示されていますが、もちろんアルバムの内容も素晴らしい。ボーカルやラップ、ソングライティング、アレンジなど、さまざまな点で聴き応えのあるアルバムです。ひとつひとつに耳を傾け、じっくり聴き込むことで、七曲が持つ鮮やかな色が浮かび上がってきます。



Intro: Persona

『MAP OF THE SOUL: PERSONA』の開幕を告げる「Intro: Persona」では、RMのラップがこれでもかと前面に押し出されます。「アルバムの導入」と位置づけるだけでは充分ではありません。それ自体が個性の強い曲であり、聴き手を巻き込み、呑み込むパワーがあります。溢れんばかりの言葉をノイジーなギター・サウンドに盛り、Limp BizkitやLINKIN PARKのようなラップ・ロックに匹敵する厚みを感じさせます。



Boy With Luv [feat. Halsey] (Good Morning America)

リード・トラックの「Boy With Luv」を聴いたとき、彼らのポップを捉えるセンスに驚いたものです。これだけ注目されている中で、その期待のど真ん中に打ち込む潔さ、それができる自信。揺るがぬ自信に裏打ちされたポップ・ミュージックの強さを目の当たりにしました。



Boy With Luv [feat. Halsey] (The Lata Show with Stephen Colbert)

アメリカの音楽番組でBTSが歌った「Boy With Luv」の動画がYouTubeにアップされています。ミュージック・ビデオでは編集を余儀なくされますが、ステージでは七人のパフォーマンスが余すところなく披露されるため、流れるように動く七つの立体的な軌跡を存分に楽しめます。“Good Morning America” では明るい屋外の舞台が爽やかな曲調にフィットしていますし、“The Lata Show with Stephen Colbert” ではThe Beatlesを思わせるセットでパフォーマンスを披露しています。



Mikrokosmos

「Mikrokosmos」は「Boy With Luv」とは違ったタイプのポップ・テイストを見せてくれる曲です。柔らかいメロディが気持ちを穏やかにしてくれます。光の粒が弾けるように音が弾み、涼しげな風が吹き抜けるように歌も軽やかに舞う。この曲を聴いていると自らを縛っていたものから解放され、心地好い浮遊感が味わえます。

2019.05.21
# by mura-bito | 2019-05-21 21:53 | Music | Comments(0)
[PART3] 藍井エイル『FRAGMENT』:FROATIN’/アイリス/今/フラグメント
心に刺さるメロディを美しい歌声で届ける。エモ系ロックというスタイルは藍井エイルの魅力のひとつです。それはアルバム『FRAGMENT』でも存分に発揮されており、「FROATIN’」も一役買っています。そのメロディからは切なさがあふれ、空間と心を満たします。

空白を塗りつぶすかのような歌の入れ方です。音符が連鎖し、メロディが連鎖する。言葉に言葉をつなげ、そこに込めた想いを何とか届けようとする。言葉を継いでいくさまは勢いというよりは、焦燥感のようなものに追い立てられているイメージがあります。強さよりは弱さを露呈している曲なのではないでしょうか。
b0078188_19261015.jpg
「アイリス」は2018年10月にシングル・カットされた曲です。ピアノが奏でる音から生まれるメランコリックな響き。この曲の記憶はミュージック・ビデオの雰囲気とリンクしています。彩度が落ち、くすんだ色合いの映像が脳裏によみがえり、音やメロディに絡みつきます。

シングルを聴いたとき、ボーカルの雰囲気が少し変わっている気がしました。特にAメロの歌い方が印象に残り、この変化は何を意味しているのか考えたものです。『FRAGMENT』では全体的に厚みの増した歌声を聴けますが、録音された順序は分からないものの、厚みを増すきっかけは「アイリス」にあったのかもしれません。



藍井エイル – FRAGMENT (Album Trailer)

「今」は王道ともいえるポップスですが、こうした曲調は藍井エイルとしては少ないため、新鮮な気持ちで聴けます。ボーカルはポップスのフォーマットにうまくはまっています。明るくて、柔らかい。Hysteric Blue「春~spring~」のカバーを聴いたときにも感じましたが、ポップなメロディを活かす歌い方もまた彼女の魅力ですね。

歌だけではなくサウンドも曲を柔らかなものにしており、メロディのポップかつソフトな部分を強調しています。特に印象に残るのはピアノやオルガンといった鍵盤の音です。ギターを中心にした曲が多いアルバムの中でも、少し雰囲気の異なるアレンジです。
「約束」で始まった『FRAGMENT』は、藍井エイル自身が書いた「フラグメント」が締め括ります。軽やかでありながら重心の低い音の中、歌声が伸びやかに響き渡る曲です。ライブで披露されるシーンが目に浮かびますね。特にフィナーレで演奏され、爽快な気分でライブが幕を下ろすところまで想像しました。

気持ちを明るく照らしてくれるサウンドです。スネアの音が追い風のごとく背中を押し、ギターとピアノはセッションをしているかのように縦横無尽に駆ける。歌が終わった後も、終幕を惜しむかのように音が鳴り続けます。このエンディングの演奏が魅力的だからこそ、またアルバムを聴きたくなるんですよね。それでも演奏は終わりますが、アルバムを聴きながら拾い集めたカケラを眺め、心地好い余韻に浸ります。
2019.05.17
# by mura-bito | 2019-05-17 21:50 | Music | Comments(0)
[PART2] 藍井エイル『FRAGMENT』:グローアップ/螺旋世界/パズルテレパシー
アルバム『FRAGMENT』ではこれまでになかったアプローチの曲が聴けるため、藍井エイルの音楽の新しい表情をいくつも見ることができます。そのひとつが「グローアップ」です。ギターの音が刺々しく、触れたら怪我をしそうな尖った感じが出ています。とはいえノリが良くて、その意味ではとてもポップです。

思春期の反発と本音を交錯させた歌詞が綴られています。反抗したい気持ちと素直になりたい気持ちがぶつかり、葛藤し、右へ左へと移ろう。ラップというわけではないのですが、言葉を詰め込んで、相手に言葉を投げつけるようなボーカルになっています。遊び心に満ちた曲です。
b0078188_19222396.jpg
がらりと雰囲気が変わり、重く沈み込むようなギターの音で「螺旋世界」が始まります。エンディングまで渦巻く音のループに身を任せてみましょう。ギターとピアノが入れ替わるようにして存在感を放ち、曲を引っ張ります。特に、イントロやエンディングでループする濃密なギターの音、最後の間奏で披露される流麗なピアノの音に心が震えました。

エレクトリック・ギターやピアノの印象が強いものの、裏で鳴るアコースティック・ギターもいい味を出しています。表には出てこないものの、エレクトリック・ギターの後ろからパーカッションの音も聞こえる。色気を出しながらボトムを支えるベースも実に心地好い。じっくり聴いて奥の方まで音を感じると、多層的に構成されており、その重なりが曲に厚みを持たせていることが分かります。



藍井エイル – FRAGMENT (Album Trailer)

「螺旋世界」では、ボーカルがまとう空気もサウンドと一体化しています。ピアノが奏でるフレーズはジャズを思わせますが、それに引き寄せられたのか、歌声がメランコリックな響きを漂わせます。哀愁や陰鬱な空気が混ざって、藍と黒のグラデーションとでもいうべき色が見えます。

イメージの中で、ぐるぐると回り続けるスパイラルが浮かびます。綴られた言葉から思い浮かぶのは、自分の力ではどうにもできない大きなものに抗いながら、翻弄されるひとりの人間の姿です。その渦中で見えたもの。伸ばした手に触れたもの。それを手にして、螺旋階段を歩くように生きる先に出会うものとは。
「パズルテレパシー」は、リズムの跳ねる感じが足取りを軽くしてくれます。そしてポップでありながらも、どこかつかみどころがない曲です。底抜けに明るいというわけでも、暗く沈んでいるというわけでもない。「ポップだけどもひねりが効いている」という特徴は、『FRAGMENT』の随所に見られますね。

ボーカルの雰囲気が独特なのも「パズルテレパシー」のポイントだと思いました。全体的に低めといえるかもしれません。藍井エイルの肩書きのように使われるハイトーンボイスとは異なり、ややハスキーで、声の端々に艶っぽい響きを感じます。感情が迸るエモ系ロックのボーカルも好きですが、『FRAGMENT』ではそのカテゴリーを越えるボーカルも聴けて、そして聴き応えがあります。
2019.05.15
# by mura-bito | 2019-05-15 21:02 | Music | Comments(0)
[PART1] 藍井エイル『FRAGMENT』:約束/SINGULARITY/流星/UNLIMITED
藍井エイルのアルバム『FRAGMENT』は「約束」から始まります。ピアノの優しい音で幕を開け、力強く安定したバンドの演奏が重なり、さらにストリングスの美しい旋律をまとう曲です。歌詞が主役といってもいい曲の中で、アレンジが言葉の輪郭を際立たせ、音が歌を支えています。

最初、歌はためらいがちですが、次第に確信を手繰り寄せ、やがて強さを増して響きます。最後は ♪あの日交わした約束を守りにいく/この歌を届けにいく♪ というフレーズを力強く歌い、曲が終わります。時計の針が再び動き出し、それまでの空白が埋まり始める。活動再開のアナウンスとともに聴いた曲であり、そのときの感動が鮮やかに蘇ります。
b0078188_19221847.jpg
アルバムを順に聴くと最初に出会う新曲、それが「SINGULARITY」です。ギターが重厚な音を響かせるロック・スタイルであり、その中で歌声が感情豊かに響きます。後半に入ると、歌に込められた気持ちが大きく膨らみ、その響きはよりエモーショナルに、よりダイナミックになります。

歌声が言葉に生命を吹き込む。言葉は歌声によって力を与えられ、いくつもの壁を乗り越えて心の奥に届けられます。♪出会えたことが奇跡で/手を取り合えたことも奇跡で♪ や ♪どれだけ傷ついても/生きたいと願ったのは君のせい♪ という歌詞が強く印象に残りました。“singularity” という曲名に結びつく言葉ですが、彼女の歌で聴くと心の柔らかい部分に触れるような気がします。



藍井エイル – FRAGMENT (Album Trailer)

「流星」は、「約束」とともに再始動後のシングルに選ばれた曲です。イントロからエンディングまで勢いを保ち、トップスピードで駆け抜けます。ジャンルでいうならハード・ロックでしょうか。

『FRAGMENT』の中でも再始動前の彼女のイメージに最も近い曲だと思います。裏を返せば、アルバムの大部分が過去のイメージから離れているということができます。その中で、基本形のような「流星」を聴くことで、「今の藍井エイル」が「過去の藍井エイル」ともつながっていることを実感できます。
アルバムが発売される一ヶ月前に先行して配信された「UNLIMITED」は、アルバムへの期待をぐっと高めてくれました。からりと乾いた感じのスネアが印象に残ります。力強くて、分厚くて、それでいてスピード感に満ちている。オルタナを聴いているときの感覚に近いかなと思います。

「UNLIMITED」を聴いて、歌声がぐっと厚くなり、よりタフになったと思いました。ヘビーなロック・サウンドを率いるのに相応しい歌声。太くなったというよりは厚くなったという表現が合いますね。『FRAGMENT』を聴いた後に過去のアルバムを聴いてみると、その変化がよく分かります。今の声で録音したら印象が変わる曲も多いと思います。それくらい幅が広くなったのではないでしょうか。
2019.05.13
# by mura-bito | 2019-05-13 19:25 | Music | Comments(0)
Steve Aoki and Alan Walker「Are You Lonely [feat. ISÁK]」:身体に刻まれる音のループ、記憶の底に降り積もる歌声
Steve Aokiとともに “Aoki Jump” で写真に収まるアーティストの姿をよく見かけます。彼は多くのシンガーやDJ/producerとのコラボレーションで曲を発表しており、その音楽を通じて新たな歌声やメロディに出会うことが多々あります。例えばNicky Romeroと共作した「Be Somebody」ではKiiaraをボーカルに迎えていましたが、そのスタイルと同じ体制で制作されている曲が、Alan Walkerとの連名で発表した「Are You Lonely」です。
b0078188_20114558.jpg
「Are You Lonely」はAlan Walkerのスタジオ・アルバム『Different World』に収録された「Lonely [feat. ISÁK and Omar Noir]」のリメイクです(オリジナルもSteve Aokiとの連名)。「Are You Lonely」ではラップを外し、Ella Marie Hætta Isaksenのボーカルのみで構成されています。メロディはオリジナルを踏襲していますが、音はもちろんのこと、歌詞も変わっています。



Steve Aoki and Alan Walker – Are You Lonely [feat. ISÁK]

イントロが鳴って数秒で「これはいい」と思いました。印象に残ったのは、跳ねるように響くエレクトロニック・サウンドです。ここからどのようなVerse、Chorusが入るのか? どのようなボーカルが聴けるのか? 続きの展開が気になって最後まで聴くという、抗いがたい吸引力を持ったイントロです。

歌が入るとクールな雰囲気が漂います。曲名にピックアップされている ♪Are you lonely♪ というフレーズを繰り返すPre-Chorusでは、冷めたような、諦めたような、感情を閉じ込めたような、心を閉ざしているような、それでも解放したい気持ちがあるような…複雑に混ざり合った気持ちを抱えているイメージが浮かびました。想像力を刺激される歌声ですね。
2019.05.08
# by mura-bito | 2019-05-08 20:13 | Music | Comments(0)
BTS「Boy With Luv [feat. Halsey]」:ボーカルはグラデーションを描き、ラップは鮮やかな色を放ち、ワールドワイドに駆け巡る
K-POPというカテゴリーを越えて、今やBTS(방탄소년단)はポップ・ミュージックを牽引する存在のひとつとなっています。彼らの新曲「Boy With Luv」は、2019年4月にリリースされた新しいアルバム『MAP OF THE SOUL: PERSONA』のリード・トラックです。
b0078188_18152215.jpg
BTSのボーカルとラップに、アメリカ出身のシンガー・ソングライターであるHalseyのボーカルを加えています。また、BTSのチームやHalseyだけではなく幾人かの作家が作曲に参加しており、Billboardの記事にはMelanie Joy FontanaとEmily Weisbandというソングライターのインタビューが掲載されています。ふたりとも、書いている時点でHalseyの参加を知らなかったそうな。

Halseyは自身のアルバムで結果を残しつつ、The ChainsmokersやJustin Bieberなどとのコラボレーションも実現させており、素晴らしい歌声の持ち主であることを証明しています。BTSとのコラボレーションである「Boy With Luv」も素晴らしい作品です。BTSの持ち味である美しくタフな歌声のアンサンブルに、ソフトだけども芯の太いHalseyの歌声が混ざり、より間口の広い、親しみやすい曲に仕上がりました。



BTS – Boy With Luv [feat. Halsey]

サウンドの特徴は身体を動かしたくなるノリの良さ、軽快さでしょう。その中でも印象に残るのが、ファンクらしさを全開にしたギターの音です。前に出たり後ろに下がったりして、全体を通して大きなプレゼンスを示します。特にRMがラップを披露する部分ではギターの刻む音がダイレクトに届きます。

BTSのボーカルには七人それぞれのカラーが出ており、しかもそれは七色どころか、それ以上の色が見える気がします。歌声のポジションは目まぐるしく変わり、その色はグラデーションを描いて変化します。対して、間に差し込まれるラップはビビッドな色を主張します。ボーカルは美しく繊細に染め上げられた布が風になびくようで、ラップは翻る旗のごとく自己の存在を示します。



BTS – Boy With Luv [feat. Halsey] (Music Video “ARMY With Luv” Version)

アルバムのリリースと同時に「Boy With Luv」のミュージック・ビデオが公開されました。1980年代(あるいはそれよりも前)のアメリカを思わせるセットを組み、その中で息の合ったシャープかつ流麗なパフォーマンスを披露します。ポップという要素を突き詰めて、多くの人に届くであろうその表現は、BTSというチーム全体の自信を表わしている気がします。一見してold-fashionedな演出であっても、今という時間に組み込み、呑み込んで今の表現に仕上げている。圧倒的に「今」を感じるのがBTSなのです。

「Boy With Luv」はBillboard Hot 100で初登場8位を獲得しました。これまでの躍進を知っていれば、チャート上位に食い込むことを予想するのは特に難しいことではありません。それでも実際にその結果を見ると、勢いというか追い風というか、BTSが生み出すムーブメントの強さを感じます。Grammysの記事では “K-POP Kings” と書かれており、その言葉が大袈裟ではないと思えるほど、BTSはポップ・ミュージックの最前線で存在感を示しています。
2019.04.30
# by mura-bito | 2019-04-30 18:23 | Music | Comments(0)

fujiokashinya (mura-bito)
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新の記事
[PART2] BTS『MA..
at 2019-05-22 21:41
[PART1] BTS『MA..
at 2019-05-21 21:53
[PART3] 藍井エイル『..
at 2019-05-17 21:50
[PART2] 藍井エイル『..
at 2019-05-15 21:02
[PART1] 藍井エイル『..
at 2019-05-13 19:25
Steve Aoki and..
at 2019-05-08 20:13
BTS「Boy With L..
at 2019-04-30 18:23
以前の記事
記事ランキング
カテゴリ
タグ
ライフログ
TM NETWORK

























TETSUYA KOMURO



quasimode


Linkin Park


Paramore

Immigrant'sBossaBand

Ryu Miho

AVICII


Krewella

Zedd


藍井エイル





ORESAMA




Gacharic Spin


梨木香歩

村上春樹



京極夏彦



小林ユミヲ



Book





Comic








Music


ブログジャンル