inthecube
音楽と物語に関する文章を書いています。
ワイルドじゃなくてもいいからタフになりたい
OUR WORLD IS EXPRESSED BY IMPRESSIVE WORDS
ブログトップ
藍井エイル – Eir Aoi Special Live 2018 “RE BLUE” at NIPPON BUDOKAN
会場に響く ♪あの日交わした 約束を守りにいく この歌を届けにいく♪ という言葉。こう歌う「約束」からライブが始まりました。藍井エイルが再び歌を届けるためにやってきた場所、それが〈Eir Aoi Special Live 2018 “RE BLUE” at NIPPON BUDOKAN〉のステージです。

2018年8月16日に開催されたライブのBlu-ray/DVDがリリースされました。ライブで披露された20曲とMCを余すところなく収録しており、「再会」の感動がまるごとパッケージされています。観客席で刻んだ歌と音と光の記憶は、ディスクに記録された映像によって刷新されます。
b0078188_21552403.jpg
ステージに登場して「約束」を歌う藍井エイルは、真っ白な衣装に身を包んでいました。その姿は、活動休止前の〈Eir Aoi Special Live 2016 “Last Blue” at NIPPON BUDOKAN〉で着た白い衣装に重なります。けれども、Last Blueで色を消すかのように見えた白は、「約束」の音色が響くRE BLUEではリスタートを象徴するように思えました。

「約束」が終わるとステージが暗転します。再び光を得ると、青い衣装で「IGNITE」を歌い始めます。♪迷わずに今♪ のサビで始まる、藍井エイルの代表曲です。最初のサビを歌い終わると、彼女は「ただいまーー!」と叫びます。曲名のとおりライブに火が点き、体感速度がぐんと上がります。ヒートアップする会場の空気は、空白の期間を一気に埋め尽くすかのようでした。

ライブは2時間にわたり、定番のシングル曲を中心に、活動再開後の新曲「約束」、「流星」、「ヒトカケラの勇気」を交えたセット・リストが組まれました。「AURORA」、「ラピスラズリ」、「シンシアの光」、「INNOCENCE」など、お馴染みの曲は活動休止前と変わらない魅力を存分に伝えます。

また、新たな試みも披露され、複数の角度から楽しめたステージでもあります。「KASUMI」では、ギター・プレイを披露しました。「アクセンティア」、「レイニーデイ」、「GENESIS」、そしてアンコールの「シリウス」ではパフォーマーを加えて、ステージを彩りました。演出に厚みを持たせたことで、エンタテインメントとして大きく膨らんだのではないでしょうか。変わらない魅力と、変わることで生まれる新しい魅力。藍井エイルは停止していたのではなく、旅をして帰ってきたのだと思います。



藍井エイル – Eir Aoi Special Live 2018 “RE BLUE” at NIPPON BUDOKAN (Trailer)

「アカツキ」は活動休止直前に発表され、Last Blueで初めて披露された曲のひとつです。エモーショナルな歌声、ピアノとギターとストリングスが絡み合って生み出すドラマチックな音に心を奪われます。映像では、他の曲とは色の質感が少し変わり、少しくすんで彩度が下がった印象を受けました。歌詞やサウンドから浮かぶ、夜と朝の境界線を彷徨うイメージがより強まります。曲を聴くだけでもメロディの美しさに心が震え、ライブ映像が加わるとその震えは一層強まります。

多くの曲ではステージを広く使っていたのですが、「アカツキ」では中央からほとんど動きませんでした。その場で勢いよくターンしたり、崩れ落ちるように両膝をついたりする動きが印象に残りました。映像で表情を含めて確認してみると、これらの動きが曲の叙情性を高めているように思えました。

「GENESIS」の終盤では藍井エイルが姿を消し、プログレにも思えるインストをバンドが奏でる中で、黒い衣装をまとった6人のパフォーマーが踊ります。パフォーマーが姿を消すと、バンドの演奏はさらに熱を帯び、それはやがて「シューゲイザー」のイントロにつながりました。ギターの音が会場をヒートアップさせ、それをDJが煽ります。再び姿を見せた彼女の衣装は、黒を基調にして赤いラインを入れたものに変わりました。

「シューゲイザー」の映像を観ていると、表情の変化が印象に残ります。マイクを離して顔を横に向ける時の表情、赤いライトに染まる表情。青や白の光に包まれているときとは違うものを感じます。感情を吐き出すように歌うエモーショナルなボーカル・スタイルと相まって、強さと艶のある表情に惹きつけられます。
b0078188_21554604.jpg
本編ラストに披露された曲は「虹の音」です。曲の最後に届けられる「ありがとう」の言葉が強く印象に残ります。この曲はLast Blueのオーラスでも歌われました。「虹の音」を本編ラストに配した理由は、Blu-rayに収録されたドキュメント映像を観ると推察できます。「虹の音」を最後に歌うことに強い気持ちを持っていたことが分かります。

Last Blueで残された「ありがとう」と、RE BLUEで届けられた「ありがとう」は同じ言葉でも意味は大きく異なります。「今までありがとう」と「待っていてくれてありがとう」。感謝の気持ちを表わす点では同じでも、終わりを前提にするか、始まり(再開)を前提にするかで、違う言葉といえるほどに意味が変わり、受け止めた側の心にも別々の印象が刻まれます。再び時を動かしてくれたからこそ、こうした違いについて思いを巡らせることができ、そのためRE BLUEの「ありがとう」に深く感動できたのだと思います。

2018年2月8日に「約束」のミュージック・ビデオが公開され、その後も約2ヶ月おきに新曲の配信やシングルのリリースが続き、このライブはその最終地点ともいえます。再始動プロジェクトを締め括るマイルストーン。ここから次のステップに向けての歩みが始まります。アンコール前にはシングルのリリースが予告され、時間は未来に向けて動き出しました。

2018年8月16日は、過去と現在をつなぎ、そして現在と未来をつなぐ結節点でした。この日に予告された未来のひとつ目はすでに実現しており、今はさらにその先に向かって歩き出しています。「約束」で ♪新しい景色を また見つけよう♪ と歌われているように、新たに延びる道を歩きながら新しい景色を見ている、今はそんな感じです。

2018.12.13
[PR]
# by mura-bito | 2018-12-13 22:08 | Music | Comments(0)
TM NETWORK「A DAY IN THE GIRL’S LIFE/CAROL (CAROL’S THEME I)」:音は物語を綴り、物語は音を奏で、少女は世界を救う
最初の音が鳴った瞬間、イメージの中で世界は切り替わり始め、目の前でグラデーションを描きます。響く音、響く歌声が聴く人の手を取り、その向こうへと導く。黒く塗りつぶされた森の中に足を踏み入れ、奥へ奥へと歩みを進めると、やがて現実から切り離された意識は物語の世界に溶け込んでいきます。
b0078188_09171337.jpg
1988年12月、TM NETWORKのアルバム『CAROL -A DAY IN A GIRL’S LIFE 1991-』がリリースされました。「キャロル」という名の少女が異世界を旅する物語をつくり、その物語に関連する曲を中心にしたアルバムです。アルバムを軸にしたツアーではミュージカル風の演出が盛り込まれ、観客の目と耳を通して物語を描き出しました。僕はこのステージを生はもちろんのこと、映像でも観たことがありませんが、タイムマシンがあるのなら時間を巻き戻し、観客のひとりになってその世界に潜り込みたい。

アルバムの1曲目と2曲目に配置されているのが「A DAY IN THE GIRL’S LIFE ~永遠の一瞬~」「CAROL (CAROL’S THEME I)」です。前者のエンディングは後者のイントロにつながっており、ひとつの曲と考えることもできます。制作初期の構想では、物語に関わる曲をつなげて30~40分のトラックにしようとしていたそうですが(『Keyboard magazine』1988年9月号・1989年1月号)、このつながりはそのアイデアの名残りなのかもしれません。
b0078188_09224946.jpg
「CAROL」という物語をモチーフにして書かれた曲は全部で6曲あります。その制作は、小室さんが語るところによると「A DAY IN THE GIRL’S LIFE」から始まりました(『キーボード・ランド』1989年1月号)。アルバムの核であり、物語に関わる曲の源流といえるでしょう。「A DAY IN THE GIRL’S LIFE」の吸い込まれるようなイントロの音は、ただの空気の振動ではなく、物語の最初のページをめくる役割を担います。

『CAROL -A DAY IN A GIRL’S LIFE 1991-』を制作する前に、小室さんは映画「ぼくらの七日間戦争」の劇伴を担当し、その後は音楽座ミュージカル「マドモアゼル・モーツァルト」や映画「天と地と」でも音楽を担当します。ステージや映像が先にあり、そこに音楽を加えていくという役割。物語を意識しながら音楽作品として世界を作り上げていくミュージシャンおよびプロデューサーとしての役割。ふたつの役割が交差しながら生み出されたのが『CAROL -A DAY IN A GIRL’S LIFE 1991-』なのだろうと思います。



TM NETWORK – A DAY IN THE GIRL’S LIFE
(Live from TM NETWORK 30th 1984〜 QUIT 30 HUGE DATA)

「A DAY IN THE GIRL’S LIFE」も「CAROL (CAROL’S THEME I)」も、ウツの歌声が大きな魅力のひとつであることは間違いありません。その一方で、ストリーミング・サービスで配信されている『CAROL -A DAY IN A GIRL’S LIFE 1991-』のインストゥルメンタルを聴くと、バックトラックの魅力をダイレクトに感じることができます。ふと思い立って聴いてみたのですが、それまで強く意識しなかった音が、これまでとは異なる響きをもって僕の中で鳴り始めました。

「A DAY IN THE GIRL’S LIFE」は、ボーカルの裏で鳴っているシンセサイザーやギターの音がとてもリリカルで美しい。歌メロとは異なる角度から響くメロディが胸を打ちます。その感動は、次の「CAROL (CAROL’S THEME I)」にも波及しました。ピアノ、ストリングス、ギターが奏でるメロディに心を揺さぶられます。驚くほど奥が深く、そして懐の深さ、包み込むような壮大さを感じるアレンジです。リアルタイムではないにせよ何度も聴いてきたアルバムであり、曲なのですが、感動に震える余地が充分にあったことに驚きます。
b0078188_09231124.jpg
『CAROL -A DAY IN A GIRL’S LIFE 1991-』はロンドンで録音され、ドラムやパーカッションは海外のミュージシャンを起用し、Anne Dudleyが指揮したフル・オーケストラの音も加わりました。改めてオリジナルの音を聴くと、オーガニックな響きが印象に残ります。シンセサイザーの音すら丸みを帯びて、ロンドンに響く音と溶け合います。このアルバムを聴くたびに1988年のロンドンの空気が漂うかのようです。

2014年には「CAROL」関連の曲が新たにレコーディングされました。音も演奏も録音技術もスタジオも別物なので比較しようがないのですが、リメイクで印象が大きく変わったのはウツの歌声だということはいえると思います。歌声の存在感がより大きくなり、そしてより前に出ている。その痕跡は、2015年のコンサート〈TM NETWORK 30th 1984〜 QUIT 30 HUGE DATA〉におけるパフォーマンスに残されています。
b0078188_09234999.jpg
「A DAY IN THE GIRL’S LIFE」から「CAROL (CAROL’S THEME I)」へとつながるところは、オープニング・テーマの終了からそのまま物語が始まり、プロローグとして日常が描かれるイメージが浮かびます。ロンドンでいつもの生活を送る少女キャロル。彼女は少しずつ自分の周りの変化に気づき、その違和感はやがて大きく膨らみ、焦燥感となって彼女の背中を押します。そしてSOSにも聞こえる音に導かれ、その世界に飛び込んでいくのです。

2018.12.09
[PR]
# by mura-bito | 2018-12-09 09:30 | Comments(0)
BTS「MIC Drop -Steve Aoki Remix-」:声の魅力を最大限に引き出すリミックス、七つの身体が見せる圧倒的なパフォーマンスの密度
「Waste It On Me」をきっかけにBTS(방탄소년단)の音楽を聴く機会が増えています。Apple MusicやYouTubeで曲を聴いてみたところ、Steve Aokiがリミックスした「MIC Drop」に出会い、第一印象で気に入りました。それからオリジナルの「MIC Drop」に遡ってみると、こちらもまた良い。音が違えばラップやボーカルも印象が変わり、複数の角度から曲を楽しむことができます。
b0078188_22044477.jpg
2018年11月、「MIC Drop」のダウンロード数およびストリーミング回数が100万ユニットに達し、プラチナ・ディスクに認定されたことが、RIAA(Recording Industry Association of America、アメリカレコード協会)によって発表されました。なお、2017年の9月にリリースされた後、2018年2月に50万ユニットを達成してゴールド・ディスクに認定されていました。

「MIC Drop」にはオリジナルの他、ラッパーのDesiignerをフィーチャーしたSteve Aoki Remix、さらにDesiignerのラップをBTSのラップに戻したFull Length Versionがあります。Billboardの記事によると、100万ユニットとは、これらのダウンロード数と曲やビデオのストリーミング回数を合わせた数字とのことです。BTSはソーシャル・メディアを活用して人気を集めてきた(『K-POP ――新感覚のメディア』より)とされますが、彼ららしい記録の樹立なのではないでしょうか。
BTSの曲では韓国語のラップや歌に英語が混ざります(全編英語詞の曲を歌ったのは「Waste It On Me」が初めてだそうな)。ハングルは読みも意味も分からないので音だけの印象なのですが、「MIC Drop」を聴いていると韓国語が持つ独特な響きを感じます。Mandarinなどのチャイニーズや日本語のポップスとも違うし、英語の歌に近いわけでもない。言語が違えば歌の雰囲気も変わることを改めて実感します。

アジアの中でも東南アジアの雰囲気を感じた…というのが最初の印象です。ただ、聴いていくとヒップ・ホップの色も強まり、それでいてボーカルは美しく響くため、僕の中では聴いたことのないカオスが広がりました。Steve Aokiの音が吹き荒れる中で、韓国語と英語が入り乱れ、そうなるともう地域がどこなのかそんなことはどうでもよく、イメージの断片が交錯して見たことのない世界を描き出します。



BTS – MIC Drop -Steve Aoki Remix-

BTSを含むK-POPグループの特徴のひとつに「칼군무(カルグンム、刀群舞)」が挙げられます。華麗に刀を振り回すかの如く鋭い動きが乱れなく合わさるパフォーマンスです。特にYouTubeを通じた映像配信において、K-POPムーブメントの広がりに拍車をかけてきた要素といえます。

「MIC Drop -Steve Aoki Remix-」のミュージック・ビデオでは、彼らが披露するカルグンムの鋭さを存分に味わうことができます。圧倒的なパフォーマンスの密度。カメラワークと編集によって彼らのパフォーマンスの勢いが余すところなく表現されています。

BTSの音楽は、ブラックミュージックに基づいている。それは、サウンドやビートだけではなく、態度や表現方式までを含む。その音楽には、BTSというチームやメンバーそれぞれの経験や社会に対するさまざまなメッセージが、彼らのアイデンティティとして表現される。

しかしそれは、アメリカのラップ・ヒップホップを一方的に受け入れているという意味ではない。(中略)つまりBTSの音楽が基づいているブラックミュージックとは、K-POPとアメリカのもの両方を意味するといえよう。

金 成玟(Kim Sungmin)
『K-POP ――新感覚のメディア』

『K-POP ――新感覚のメディア』では韓国のポップ・ミュージックの歴史が概観され、その最前線であるK-POPがいかにして成立、そして拡張していったのかということが論じられています。著者はもちろんBTSにも言及しており、「BTSの音楽が基づいているブラックミュージックとは、K-POPとアメリカのもの両方を意味する」と指摘します。自国のアイデンティティを押し出すのでもなく、受動的にアメリカン・カルチャーをコピーするのでもない。ハイブリッドに組み合わせて新しい表現を生み出していくのがBTSのスタイルです。

Steve Aokiのサウンドを得たことで、「MIC Drop」はふたつの地域の融合だけではない、多彩な拡張を見せるようになりました。「MIC Drop -Steve Aoki Remix-」は「1+1=2」の向こう側に到達したというべきコラボレーションなのではないでしょうか。前に進み続け、拡張を続ける音楽を知り、聴いて、心を動かされるというのは、なんと素晴らしいことか。またひとつ、価値ある音楽体験を得ることができました。
2018.12.06
[PR]
# by mura-bito | 2018-12-06 22:15 | Music | Comments(0)
AUTUMN2018
The time is tinged with autumn.
b0078188_21225069.jpg
b0078188_21231907.jpg
b0078188_21251063.jpg
b0078188_21233483.jpg
b0078188_21234995.jpg
b0078188_21240852.jpg
b0078188_21235767.jpg
b0078188_21254792.jpg
b0078188_21244890.jpg
b0078188_21260282.jpg
Autumn leaves with autumn leaves.

2018.12.04
[PR]
# by mura-bito | 2018-12-04 21:29 | Photograph | Comments(0)
Steve Aoki and Lauren Jauregui「All Night」:美しくタフな歌声が夜を駆け巡る
Steve Aokiのアルバム『Neon Future III』を聴くと、コラボレーションの多さに驚き、そして新たな歌声との出会いを楽しむことができます。「Be Somebody」や「Waste It On Me」に続き、僕が気になった曲が「All Night」です。この曲はシンガーLauren Jaureguiとの連名で、シングルとしてリリースされました。その後、いくつかのリミックスも発表されています。
b0078188_21364071.jpg
Lauren Jaureguiの歌声は聴き手に美しい響きを届け、それでいて厚みもあり、特にエモーショナルに響くところではとても聞き応えがあります(どこかAriana Grandeを思わせる)。カラフルというほどに変化に富むわけではありませんが、強さだけを押し出すような歌声ではないというか、わずかに印象が変わるポイントがあって、その度に気持ちは引き寄せられます。



Steve Aoki and Lauren Jauregui – All Night

RemixesにはSteve Aoki Remixが収録されています。オリジナルはポップスのマーケットに照準を合わせたアレンジですが、このリミックスではEDMに振り切っている。彼らしい音というか、僕が抱いていたイメージに合致するサウンドですね。Wobble Bassとキックの音が前に押し出され、ボーカルや他の音を喰らい尽くすほどのインパクトがあります。



Steve Aoki and Lauren Jauregui – All Night -Steve Aoki Remix-

かつてはSteve Aokiのこうしたアプローチがバランスの悪さに感じられて敬遠していたものですが、その音楽の多彩さを知ってからはむしろ最大の特徴であり、大きな魅力なのだと思えるようになりました。心と身体を揺さぶる素晴らしいサウンド・パフォーマンスです。
2018.12.03
[PR]
# by mura-bito | 2018-12-03 21:44 | Music | Comments(0)
Black Coffee and David Guetta「Drive [feat. Delilah Montagu]」:身体の奥に火を灯し、熱を与え、身体の中で響くエレクトロニック・サウンド
Black CoffeeDavid GuettaというふたりのDJ/Producerが組み、Delilah Montaguをフィーチャーした「Drive」が配信されています。一貫して心地好いエレクトロニック・サウンドを聴かせてくれるハウス・ミュージックです。アンビエントやヒーリングのように感じる部分もありますが、紛れもなく身体の奥を疼かせるダンス・ミュージックだと思います。
b0078188_21513427.jpg
音はゆっくりと、少しずつ熱を帯びます。低温調理…という比喩が適切かどうかはともかく、時間をかけて音が聴き手を包み込み、その体の奥に奥に浸み込んでいく。

曲の展開は実に緩やかであり、ダイナミックのある起伏は見られません。その中で際立つのは最後の最後です。歌が終わってEndingになると、これから盛り上がっていく雰囲気を醸し、期待は高まる――けれども、曲はそこで終わりました。淡々としているだけではありませんが、EDM的に、肉食的にヒートアップするわけでもない展開。それでも聴き続けると、身体の奥に火が灯る感覚を味わえます。



Black Coffee and David Guetta – Drive [feat. Delilah Montagu]

Delilah Montaguの歌声は、体温低めの音に乗せて、美しく穏やかに響きます。クールな雰囲気の中に感じる、粘り気のある叙情的な手触り。ホットな空気はわずかな間だけ顔を出し、やがてまたクールな霧に紛れて見えなくなる。繰り返される音の中で、奥に熱を秘めた歌声は静かに響き渡ります。

2018.11.27
[PR]
# by mura-bito | 2018-11-27 21:54 | Music | Comments(0)
[EN] Shawn Mendes and Zedd – Lost In Japan -Remix-
Zedd has released the song Lost In Japan Remix, which had been originally performed by Shawn Mendes. Shawn’s vocal and Zedd’s sound are mixed and harmonious in the remix. Amazing comfort is condensed and filled during less than three and a half minutes. I always hope that this wonderful time will continue on and on when listening to the remix.
b0078188_21272499.jpg
Shawn’s singing voice is so sweet and full of sexiness. His voice is entangled with Zedd’s sharp synthesizer sounds and rhythm track consisting of heavy bass guitar and bass drum. This spiral of the vocal and sound stimulates tenderly your heart and body.



Shawn Mendes and Zedd – Lost In Japan -Remix- (Lyric Video)

The scene that stage lighting illuminates the back of an actor and makes a silhouette emerge crosses my mind when I listened to the remix. The sounds performed by Zedd are like many lights and Shawn’s singing voice is like a starring actor on stage.

Light which illuminates the back hides facial expression, however, accentuates the outline of an actor. Even a slight movement of body stands out and wavering mind may be projected there. The sound accentuates the outline of the singing voice in the remix. The collaboration which brings two amazing talents together makes the song Lost In Japan be more attractive.

2018.11.26
[PR]
# by mura-bito | 2018-11-26 21:11 | Music | Comments(0)

fujiokashinya (mura-bito)
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新の記事
藍井エイル – Eir Ao..
at 2018-12-13 22:08
TM NETWORK「A D..
at 2018-12-09 09:30
BTS「MIC Drop -..
at 2018-12-06 22:15
AUTUMN2018
at 2018-12-04 21:29
Steve Aoki and..
at 2018-12-03 21:44
Black Coffee a..
at 2018-11-27 21:54
[EN] Shawn Men..
at 2018-11-26 21:11
以前の記事
記事ランキング
カテゴリ
タグ
ライフログ
TM NETWORK

























TETSUYA KOMURO



quasimode


Linkin Park


Paramore

Immigrant'sBossaBand

Ryu Miho

AVICII


Krewella

Zedd


藍井エイル





ORESAMA




Gacharic Spin


梨木香歩

村上春樹



京極夏彦



小林ユミヲ



Book





Comic








Music


ブログジャンル