inthecube
音楽と物語に関する文章を書いています。
ワイルドじゃなくてもいいからタフになりたい
Note my experiences with impressive music/story.
ブログトップ
タグ:ONO NATSUME ( 5 ) タグの人気記事
ACCA13区監察課 オリジナルサウンドトラック:紫煙のように立ち昇る音、鏡が映す13の世界
2017年の1月から3月までTOKYO MXなどで放送されたアニメ「ACCA13区監察課」のオリジナルサウンドトラックがリリースされました。サブタイトルは「SMOKE and MIRRORS」。物語の進行において鍵を握り、大きな役割を果たした煙草ですが、そこから立ち昇る煙と、その間に見え隠れする鏡。鏡が映す物語は、いつの間にか大きな流れ、大きな渦となって、主人公であるジーン・オータスを巻き込んでいきます。それでも本人は飄々として、煙草の煙のように漂い続けます。
b0078188_21205721.jpg
音楽を担当したのは高橋諒。ジャズやフュージョンを軸にしたアレンジで、物語を支えます。音楽は物語を引き立たせる助演であることは疑いようもありませんが、音楽を聴いているだけでも物語が浮かび上がります。印象的なメロディや音は、絵や台詞とともに記憶に刻み込まれます。時間が経てばディスクで確認するのでなければ具体的なシーンを思い描くのは難しくなりますが、サウンドトラックを聴くことで、断片的に物語が蘇ってきます。それらを継ぎ合わせ、オリジナルの世界が立ち上がります。それもまた、拡散したACCA13区の世界、もうひとつのACCA13区です。



アニメ「ACCA13区監察課」オリジナルサウンドトラック
SMOKE and MIRRORS

ホーンを効かせた「SMOKE and MIRRORS - Theme of ACCA」や「Movin’ On」が特に好きですね。物語が始まったり、一気に動いたりと、躍動感に満ちています。「Manic Funk」はファンキーなベースとギター、軽快に鳴るホーンとエレクトリック・ピアノを効かせています。「Cool Talk」は、よく記憶に残っています。この曲からシーンが始まり、やがて台詞が重なるため、耳に残っているんですよね。「Rising Over」は緊張感を一気に高めて、同時にエキサイトさせてくれる曲です。

My Own Order」では渋く響くベースに、遠くを見つめるようなピアノがそっと加わります。「Turn Your Eyes On」は、ノイジーな音から始まり、不穏な雰囲気を醸します。扇情的なピアノ、ループするピアノ。不安定な世界の中でも、その旋律が心地好く、音が上がるときの高揚感は素晴らしい。サイズを長くして、アップダウンが何度もあるバージョンも聴いてみたいですね。ひとつの曲として成立すると思います。「Breaking News」は、暗闇を切り裂く光のように鮮やかなジャズ・ピアノに、ふくらみのあるストリングスが重なります。



ONE III NOTES – Shadow and Truth
結城アイラ – ペールムーンがゆれてる

主題歌または挿入歌はシングルとしてリリースされていますが、本作には劇中で流れたサイズで収録されています。オープニング主題歌はONE III NOTESの「Shadow and Truth」であり、一方、エンディング主題歌は結城アイラの「ペールムーンがゆれてる」です。前者はオープニングらしく鋭くダイナミックに響き、後者は柔らかに包み込むような温かい肌触りを感じます。どちらもそれぞれのアニメーションとともに記憶されています。

結城アイラの「It’s my life」は挿入歌として一度だけ流れましたが、耳にした瞬間に、はっとした記憶があります。劇中で流れるとアコースティック・ギターのカッティングの存在感が大きくて、印象に強く残りました。そして、最終回のエンド・ロールでは、ONE III NOTESの「Our Place」が使われました。フルサイズとは終わり方が異なり、とても印象的でした。エンド・ロールともに、煙がふっと消えるように歌がカット・アウトします。その記憶が余韻を残す中、物語はアニメ独自のエンディングを迎えたのでした。
2017.05.08
[PR]
by mura-bito | 2017-05-08 21:21 | Music | Comments(0)
ONE III NOTES – Our Place
Shadow and Truth

Shadow and Truth

ONE III NOTES


ONE III NOTESの「Our Place」は、シングル「Shadow and Truth」に収録されている曲です。ホーンやストリングスを従えて華やかな演奏を聴かせる表題曲と異なり、オルガンやベースの抑制的な、それでいて味わい深い音が印象に残ります。音の雰囲気から「夜に立ち込める霧」のイメージが浮かびました。メロウな音に重なる歌とラップは、霧に包まれた中で進むべき方向を教えてくれるかのようです。

味わい深く響くベースと、パーカッションを引き連れるドラム。心地好いテンポで刻むリズムの上をオルガンやピアノの音が流れていきます。エレクトリック・ピアノらしき音も垣間見えます。フュージョンあるいはクラブ・ジャズの雰囲気を感じますね。CDに収録されているインストゥルメンタルを聴くと、音符が踊っている様子がよく分かります。

「Shadow and Truth」と「Our Place」は対を成すように、あるいは互いを補完するように雰囲気が分かれます。後者は前者の「影」のように、静かに存在します。アニメ『ACCA13区監察課』で使われているのは表題曲だけですが、「Our Place」が挿入歌として流れたらピタリとはまるかもしれません。音だけでイメージすると、似合いそうなのは首都であるバードン区でしょうか。地下鉄が張り巡らされ高層ビルが立ち並ぶ大都市。夜の片隅で囁かれる一対の言葉、それを静かに包む音。

b0078188_2127298.jpg
2017.03.04

[PR]
by mura-bito | 2017-03-04 21:28 | Music | Comments(0)
ONE III NOTES – Shadow and Truth
Shadow and Truth

Shadow and Truth

ONE III NOTES


ドアを開けて夜の街に踏み出す――そんなイメージが似合うパーカッションの音から始まる「Shadow and Truth」。この曲はアニメ版の『ACCA13区監察課』のオープニング・テーマとして使われており、ジャズやロック、ポップスの要素をブレンドしています。スリリングな音を奏でるピアノ、曲の輪郭を描くリズム・セクションなどに、ホーンやストリングスを加えており、音の重なりが心地好い曲です。

「Shadow and Truth」を発表したのは「ONE III NOTES(ワン・サード・ノーツ)」という名前を冠した三人組。三人の役割はそれぞれサウンドメイクおよびソングライティング、ボーカル、ラップです。ボーカルとラップのバランスが絶妙だと思います。ボーカルを活かすラップ、という感じがしますね。前に出るところや後ろで支えるところがうまくはまっているので、ボーカルとラップのバトン・パスが曲のスピード感を高めています。音に乗せて、声に煽られて、鮮やかに踊れ。



アニメ ACCA13区監察課 PV Vol. 2

初めて耳にしたときから、その歌声に虜になりました。サビの1行目の ♪Let's go, come on, come on, on a journey♪ が印象的だったのですが、特に頭の部分が好きですね。勢いよく飛び出し、サビを駆け抜けていきます。歌うのはPON(ぽん)という、普段はORESAMAというデュオで活動するシンガーです。彼女の歌声はもちろんサビだけではなくて、随所で軽やかに、そして鮮やかに舞います。

ホーン隊はトランペット、トロンボーン、およびサックス(アルト、テナー、バリトン)で構成されています。この五管編成は『ACCA13区監察課』に登場する「ACCA 5長官」を意識したのでしょうか。そうだとすれば、それぞれの楽器に5長官のキャラクターが重なるのかもしれませんね。キー・パーソンである「グロッシュラー」は? あるいは「リーリウム」は? 物語と音をリンクさせると、イメージは広がるばかりです。
b0078188_15571693.jpg
inthecube: [PART1] オノ・ナツメ – ACCA13区監察課 1
inthecube: [PART2] オノ・ナツメ – ACCA13区監察課 1
2017.02.26
[PR]
by mura-bito | 2017-02-26 15:58 | Music | Comments(0)
[PART2] オノ・ナツメ – ACCA13区監察課 1
ACCA13区監察課 1

ACCA13区監察課 1

オノ・ナツメ


[back to PART1] 飄々とした佇まいで、往来の中や広場のど真ん中で煙草を吸うジーン。この世界では、煙草には高額の税金が課されており、金持ちの道楽として認知されています。ACCAのサラリーは薄給で知られており、少なくともジーンのように気ままに煙草を吸えるものではない。一体どのような生活をしているのか、人々は憶測を重ね、煙草をふかす彼の姿を眺めます。

最初、煙草はただの小道具として、ジーンのキャラクター設定のひとつとして登場します。やがて重要な役割を担うことになり、物語を読み解く鍵として機能します。監察課副課長として行く先々で煙草を取り出し、火を点ける。彼が使うライターには、ACCAの名の由来となったこの世界の鳥「アッカ」が描かれています。



ACCA13区監察課

第1巻では、ジーンは13区のうち「ファーマス区」と「バードン区」を視察します。ファーマスは広大な農地を持つため農業生産に優れており、ドーワー王国の食糧庫とも言えます。一方、バードンは首都の機能も持ち合わせ、中央議会もACCA本部もあります。ファーマスはアメリカの農村のような風景が広がるのに対して、バードンはニューヨークのマンハッタンのように現代的なビルが立ち並びます。

各区を視察するジーンを追いかける物語は、「視る」側のジーンが「視られ」て、いつしかさまざまな思惑に巻き込まれていく様子を描きます。ページを繰った瞬間から、結末に向かって伏線が張られていきます。それらの間にミッシング・リンクを見出し、読み解いてみるのもおもしろいと思います。すべての謎が解き明かされた今だからこそ、各所に置かれた布石をミステリー感覚で楽しむことができます。そしてもちろん、オノ・ナツメの独特の絵柄とそこに漂う雰囲気もまた素晴らしく、楽しみは尽きない作品だと思います。

2017.01.24
[PR]
by mura-bito | 2017-01-24 21:38 | Visualart | Comments(0)
[PART1] オノ・ナツメ – ACCA13区監察課 1
ACCA13区監察課 1

ACCA13区監察課 1

オノ・ナツメ


オノ・ナツメの『ACCA13区監察課』という漫画を読みました。流れているアニメを偶然目にして、原作も読んでみようと思い立ったのですが、こういうときにKindle版は便利ですね。あれよあれよと言う間に最終巻まで読み終えました。漫画自体は2016年12月に刊行された第6巻で終了し、2017年1月からはアニメがスタートしました。

物語の舞台は架空の世界にある「ドーワー王国」。国は13の「区」から構成されており、それぞれが独自の文化を持ち、自治区として治められています。例えば北に位置する区は雪深く、強い酒で身体を温めるのを好みます。西端の区では、領地に多くの島を含み、漁業が盛んです。南方には温暖な気候の区があり、それゆえか平均寿命が高い。広大な砂漠の中で洞窟に街を作って暮らす区もあれば、ギャンブルに人生を捧げる人々が集まる区もあります。13色に塗られた区は、ひとつの国が孕む多様性を示しているかのようです。



ACCA13区監察課

13区はかつて独立した国でした。あるときにドーワー王国としてひとつに束ねられたものの、その後、クーデターによって分裂の危機が訪れます。分裂を防ぐために区ごとの自治が認められ、中央の政治は各区の代表者からなる議会で行われることになり、王室は象徴的な存在となりました。そして、警察、消防、医療などの公共的な機能は統一した組織のもとで運営されるようになりました。その組織が「ACCA(アッカ)」であり、議会からは独立した機関として、国民の生活に根差してきました。

主人公の「ジーン」は、首都に置かれたACCA本部の「監察課」に勤める青年です。監察課のメンバーは、本部と各区に駐在しています。派遣された監察課のメンバーは、不正などを防止するために各区のデータを管理して本部に送っています。そして、それらのメンバーが適切に業務を行なっていることを確かめるのがジーンの仕事です。副課長の肩書きを持ち、不定期に各区を視察して、報告書を作成しています。そんな彼の指には、いつも煙草が挟まっており、ゆらゆらと煙が立ち上ります。人々は彼のことを「もらいタバコのジーン」と呼びます。[to PART2]

2017.01.23
[PR]
by mura-bito | 2017-01-23 22:01 | Visualart | Comments(0)

fujiokashinya (mura-bito)
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新の記事
高野 雀 – It’s yo..
at 2017-11-20 22:09
Rick Wakeman –..
at 2017-11-14 22:15
quasimode – Hi..
at 2017-11-06 21:42
ORESAMA ワンダーラン..
at 2017-11-01 22:02
T.UTU with The..
at 2017-10-31 22:00
コアラモード. – 大旋風
at 2017-10-26 22:25
ORESAMA「流星ダンスフ..
at 2017-10-25 21:24
以前の記事
記事ランキング
カテゴリ
タグ
ライフログ
TM NETWORK

























TETSUYA KOMURO




quasimode


Linkin Park


Paramore

Immigrant'sBossaBand

Ryu Miho

AVICII


Krewella

Zedd

藍井エイル






Gacharic Spin


梨木香歩

村上春樹



京極夏彦



Book





Comic







Music



ブログジャンル