inthecube
音楽と物語に関する文章を書いています。
ワイルドじゃなくてもいいからタフになりたい
Note my experiences with impressive music and story.
ブログトップ
DARK SIDE OF THE MOON
裏側を知れば知るほど、楽には生きられないなあと思います。裏側というのは社会の裏側、あるいは会社の裏側ということですし、楽にというのは、何も考えずにとか、深く考えずにとか、そういうことです。知れば知るほど、沢山、あるいは深く深く考えてしまいます。知らなければもうしばらくは気楽な新入社員でいられたんでしょうけど、といったところです。僕は元来、知りたがり屋でして、物事の裏を知りたくて仕方がありません(舞台照明に興味を持ったのもそのせいですね)。ただ、いざ知ってしまうと―ほんの一部ではありますが―、その現実的に過ぎる部分、強大な存在に恐れを感じてしまいます。なんだか、いい気分のものではありません。むしろ嫌な気分がします。頭がおかしくなる。理想と現実のギャップ? 遅れてきた五月病?? 何のために仕事をしているのやら…。月の裏側を覗いてみたら、そこには狂気が潜んでいたわけです。その狂気に取り込まれるのか、それを取り込んでしまうのか。しばらくのテーマはそんなことになりそうです。

2006.07.19
[PR]
# by mura-bito | 2006-07-19 22:10 | Comments(0)
LOVEPARADE 2006
独ベルリンの「ラブパレード」が3年ぶりに復活
Exciteニュースより

かの有名なテクノ・フェス、
LOVEPARADE」が今年は開催されたそうで。
公式サイトを覗いてみたら、
やっぱり知っている名前がありましたよ。
Paul van Dyk。恥ずかしながら
それくらいしか知らないんですが。
DJ TKも、「ガチコラ」やってるより、
こういうところで回してくれた方が
よっぽどおもしろいんですけど!
GABALLを動かしていた時の
世界的音楽的戦略は、今いずこ…。

LOVEPARADE 2006公式サイト

2006.07.17
[PR]
# by mura-bito | 2006-07-17 21:47 | Music | Comments(2)
Linkin Park Live Performance
LIVE IN TEXASLinkin ParkLIVE IN TEXAS

CDとDVDがパックになったLinkin Parkのライブ盤。
彼らのライブ・パフォーマンスを始めて見ましたが、
実にカッコイイ。ライティングがシンプルなのと、
無機質な質感の映像が相まって、バンドの
パフォーマンスが際立って見えます。
代表曲「IN THE END」のイントロが
流れた瞬間に鳥肌が立ちましたね。
イントロのピアノが鳴らすフレーズは、
すごい力を持っているような気がします。

Linkin Parkは、カッコイイです。とても。
毛嫌いしていた「DJとMCを含むバンド・スタイル」が
カッコイイことを僕に教えてくれたすごい連中です。

サマーソニックも荒れるに違いない!

2006.07.16
[PR]
# by mura-bito | 2006-07-16 15:55 | Music | Comments(0)
ROCK FUJIYAMA ウツ出演
登場がボーカルとは思えないくらい地味だよ!
鼻歌の「与作」でボケは分かりづらいよ!
マーティとローリーにはさまれると普通の人だよ!

キース・エマーソンの話が出たら
やっぱりあの人の話が出ますね。
でも明らかにバッサリやられていましたね。

どうせなら歌ってもらいたかったですねー。
歌詞間違えてもいいから:-)
そんなの気にしない番組さ。
最初から最後まで、ゆるすぎる!

テレビ東京「ROCK FUJIYAMA」の放送ログ

2006.07.13
[PR]
# by mura-bito | 2006-07-13 23:28 | Music | Comments(0)
compiled by KYOTO JAZZ MASSIVE
CROSSBREEDKYOTO JAZZ MASSIVE presents
CROSSBREED -a collection of futuristic fusion-


KYOTO JAZZ MASSIVEの存在は2002年に知りました。
雑誌でTKがリコメンドしていたからです。
4年ほどのタイム・ラグで、ついにその音楽を拝聴。

1ヶ月ほど前に中古レコード店で、KJM
アルバムを漁った結果、見つけたのがこちら。
KJMがセレクトした曲を集めたコンピ盤です。
1曲ではありますが彼らの曲を知り、
コンピ盤ならではの予期せぬ出会いもあり、
なかなかおもしろいアルバムを手に入れました。

ジャズとかフュージョンとかクロスオーバーとか。
そのあたりの事情に明るくないので、この音楽が
どういう捉え方をされているのか分かりません。
僕が感じたのは、バキバキのトランスでなくとも、
フロアを踊らせることはできる、ということです。

アルバムを繰り返し聴いていると、
ジャズだハウスだとジャンルを特定できません。
どちらでもあるし、どちらでもないとも言える。
クラブでかかろうが、車の中で流れようが、
そして自宅のPCで再生されようが、
どこであっても違和感はないかもしれません。
「ジャンルのミックス」は昨今の音楽の
共通テーマであると思いますが、
僕は色々な表情を持つ音楽こそ、
真のミックスされた音楽であると捉えています。

そういう音楽に出会うことが、
音楽コレクターとしての期待と楽しみです。
そんなわけで、KJMの音楽を
もっともっと知ろうとしている次第です。

2006.07.10
[PR]
# by mura-bito | 2006-07-10 22:03 | Music | Comments(0)
BLUE FANTASY REMIX
BLUE FANTASY REMIXTETSUYA KOMURO REMIXED BY DJ KRUSH
BLUE FANTASY REMIX


横浜に来て初めて買った音楽。
個人的に少しメモリアルな一枚です。
久々にiTunesがこの曲を再生して、
頭がアンビエントな音に満たされました。

14分の長作でして、シンプルに聴こえる
音の中にも、静かな波がいくつも訪れます。
それぞれに違う表情を持った波ですね。
ある時は海面をゆったりと漂い、
ある時は深い海の底へ誘っていく。
水の中をあちこち漂う感じがしました。
そんな幻想を思い浮かべた14分です。

こういうハイ・センスな音楽を聴いて、自分の
感覚をブラッシュ・アップすることは大事です。

2006.07.09

BLUE FANTASYオリジナルのBLUE FANTASYも、
とてもいい音楽体験を与えてくれます。
海をイメージしたアンビエントな音やSEに、
違和感なくギターの音が絡む一作です。

Major Turn-RoundTM NETWORKの「WORLDPROOF」という作品
(海にマイクを放り込んで録音したSEです。
Major Turn-Roundのオープニング・トラック)
とつなげて聴くとまた面白いと思います。
水の中にゆっくり、ゆっくり沈んでいく感覚。
有機的で、心地良い音楽体験です。

2006.07.29
[PR]
# by mura-bito | 2006-07-09 16:12 | Music | Comments(0)
今日は七夕ではないし、週末でもない
地元では旧暦の七月七日、すなわち八月七日が七夕です。今日は七夕と言われても、あまりピンと来ませんが、記憶を巻き戻してみると、短冊に願いを書こうと思っても何も書けなかったことを思い出します。何も願うことがなかった十代。今思えば寂しいものだとも思いますが、三つ子の魂百まで、今でもそれは大して変わってないんでしょう。流れ星がゆっっっっっっくり落ちていったとしても、願い事なんてできない気がします。ネガティブですな。まったく。それもこれも明日の土曜出勤のせいです。再来週の三連休の調整なので仕方ないんですけど。仕事帰りにでも、横浜の汚れた夜空を見上げて、濁った天の川を探してみるとしましょう。

2006.07.07
[PR]
# by mura-bito | 2006-07-07 23:07 | Comments(0)

fujiokashinya (mura-bito)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新の記事
LINKIN PARK LI..
at 2017-12-13 21:57
[PART3] TM NET..
at 2017-12-07 21:02
[PART2] TM NET..
at 2017-12-06 21:31
[PART1] TM NET..
at 2017-12-05 21:51
[PART2] 吉田修一『東..
at 2017-11-30 21:24
[PART1] 吉田修一『東..
at 2017-11-27 21:57
ORESAMA「Waitin..
at 2017-11-22 22:39
以前の記事
記事ランキング
カテゴリ
タグ
ライフログ
TM NETWORK

























TETSUYA KOMURO




quasimode


Linkin Park


Paramore

Immigrant'sBossaBand

Ryu Miho

AVICII


Krewella

Zedd

藍井エイル






Gacharic Spin


梨木香歩

村上春樹



京極夏彦



Book





Comic







Music



ブログジャンル