inthecube
音楽と物語に関する文章を書いています。
ワイルドじゃなくてもいいからタフになりたい
Note my experiences with impressive music/story.
ブログトップ
<   2014年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧
ABASI ROSBOROUGH
ファッション・ブランド「ABASI ROSBOROUGH」を立ち上げた2人のデザイナーのインタビューが『PERISCOPE』のWeb版に掲載されています。ブランドに込められた精神やデザインの思想を知ることができます。記事を読み進めるほどに彼らの優れたバランス感覚に共鳴し、その服を着てみたくなりました。メイン・ストリームへのカウンターではなく、今あるものを肯定した上で、それを良くし続けていく姿勢。そこから彼らのオリジナリティが育まれ、スーツやシャツのデザインとして結実します。

The whole idea for us was for it to have a reductive quality. Instead of adding things, we thought about what we could take away.
僕らのアプローチは、マイナスの考え方。なにかを加えるのではなくて、なにを取り除くことができるのかを考えること。

アブドゥル・アバシ(訳:Kana Ariyoshi)
TWENTY-FIRST CENTURY TAILORING – PERISCOPE

ABASI ROSBOROUGHのテーマは「21世紀を生きる男性のための、21世紀らしいテイラリング」。スーツは100年以上も同じ形を維持し続けているのですね。スーツには100年ていどの歴史しかないとも言え、不変の存在ではないのですが、変える必要がなかったのか、不都合があってもそれに適応してきてしまったのか。これでは "suit" の主語がスーツなのか、人間なのかわかりませんね。ABASI ROSBOROUGHの2人は、スーツを独自の視点で分析し、デザインしなおそうとしています。機能不全に陥っているスーツを解体し、必要なパーツを選びなおして組み立てる。

We’re designing a way of dressing.
僕らがデザインするのは洋服の着こなし方。

アブドゥル・アバシ(訳:Kana Ariyoshi)
TWENTY-FIRST CENTURY TAILORING – PERISCOPE

最初にこの記事を読んだとき、最も強く印象に残ったのが「僕らがデザインするのは洋服の着こなし方」というアブドゥルの言葉です。「服を着る」ということを掘り下げ、行き着いた思想なのだろうと思います。そういえば、アブドゥルは子供たちに服の着こなし方を教えているところを、『PERISCOPE』編集長の佐久間裕美子さんが撮影し、Instagramでアップしていましたね(こちら)。モデルが着て写真を撮り、メディアに掲載されることよりも、服を着た人間が生活するところに重きをおいている。着飾るよりも、着こなしてほしい。そんなメッセージを発しているのではないでしょうか。

That’s how we want to design: Take what exists and just make it better.
僕らがめざすデザインの方法は、すでに存在しているものをベースに、改善する。

グレッグ・ローズボロー(訳:Kana Ariyoshi)
TWENTY-FIRST CENTURY TAILORING – PERISCOPE

立ち上げ人のひとりであるグレッグは、自分たちのデザインは今あるものの否定ではなく、それらの改善だと語ります。これも『ヒップな生活革命』* に通じるものがあると思います。スーツそのものやその社会的役割を否定せず、それと同時に、彼らが言うところの「拘束衣」からは解放すべきだと主張する。その考えから、ABASI ROSBOROUGHは着心地の良さに心を砕いて服をデザインします。

It’s not so much that it’s a fashion statement, it’s that we humans gravitate toward comfort—whether it’s food, shelter, or whatever. This is saying, "You can feel comfortable and still look sharp."
ファッションで自己表現をするというよりも、僕ら人間は心地よさのほうにシフトしていっていると思う。それは食べ物にも、住まいにも言えることだと思う。「着ていて心地よいうえに、かっこよく見える」っていうのがポイント。

グレッグ・ローズボロー(訳:Kana Ariyoshi)
TWENTY-FIRST CENTURY TAILORING – PERISCOPE

このインタビューを初めて読んだ後、ABASI ROSBOROUGHの服を着てみたくなり、新宿伊勢丹に向かいました。日本では新宿伊勢丹で買えるとABASI ROSBOROUGHのサイトにあったからですが、伊勢丹のサイトでは多くのブランドが所狭しと並べられたフロアにあると示されていました。ブランドの入れ替わりの関係か、僕が行ったときには在庫はなく、彼らのストーリーを体験することは叶わなかったのが残念です。彼らの服を着てみたら、別の角度で文章を書くことができるかもしれません。諦めずに探し続けましょう。

* inthecube: 佐久間裕美子 – ヒップな生活革命

2014.07.27
[PR]
by mura-bito | 2014-07-27 08:46 | Design | Comments(0)
佐久間裕美子 – ヒップな生活革命
ヒップな生活革命

ヒップな生活革命

佐久間裕美子


アイデアインク・シリーズが11番目に送るのは、佐久間裕美子さんが書いた『ヒップな生活革命』です。アメリカの各地で見られるさまざまなアクションが、「ヒップ」というキーワードでつながります。メイン・ストリームと共存しつつ、自らの価値観を反映させたストーリーを語る。そうしたバランス感覚に優れた人々の生活やビジネスが、本書では紹介されています。

佐久間さんはライターとして日本のメディアに記事を書き、アメリカにおける新たなライフスタイルや考えを紹介しています。たとえば、フィル・リービン(EvernoteのCEO)のインタビュー記事* は読み応えがあります。編集に「主流と傍流との距離をバランスよくとる」というスタイルを感じ取れるし、そのバランス感覚が僕にフィットしている。また、佐久間さんはiPad/Webマガジン『PERISCOPE』** を立ち上げ、チーフ・エディターを務めています。『ヒップな生活革命』には自らの意思表示として『PERISCOPE』のことを書き、また、『PERISCOPE』に掲載した内容も散りばめています。

『ヒップな生活革命』では、主にポートランドやニューヨークにおけるライフスタイルの変化が書かれています。「サード・ウェーブ・コーヒー」と呼ばれる、スターバックスのような巨大なコーヒー・チェーンとは異なる価値を提供・享受しようというコーヒー文化。クリエーターに開かれたホテル「エース・ホテル」、アンドリュー・ターロウが運営するレストランやバッグなどのブランド。子供たちに食べ物の価値を教える「エディブル・スクールヤード」*** というプロジェクト、斧をはじめとするアウトドア用品を扱うブランド「ベスト・メイド」、「スモーガスバーグ」という名の食のフリー・マーケット。

アクションのきっかけはそれぞれに異なり、それぞれのファウンダーや参加者が語るストーリーもバラエティに富んでいます。もともと、アメリカの社会は自らの価値観を主張することを前提に設計されていますよね。主流に与するのも傍流で生き抜くのも個人で選ぶ。そうした社会で生まれたムーブメントは、ただのブームではなく、メディアが取り上げなくなっても社会を構成する要素のひとつとして残り続けると思います。そこに「メイン・ストリームとの共生」という特徴が活きてくるわけですね。インディペンデントな生き方を貫くのは難しいけれど、バランスよくやっていけば、無理なくコミットし続けることができる。

僕の周りにある「ヒップ」なものを思い浮かべてみましょう。徳島でコーヒーを焙煎している「アアルトコーヒー」、鎌倉でジャムやお菓子をつくっている「Romi-Unie Confiture」、横浜でオリジナリティに満ちた日本食を出す「Charan Paulin(チャラン・ポラン)」。個々のバンドの魅力とレーベルとしてのカラーを両立して発信する音楽レーベル「Playwright」、吉祥寺で新本や古本を扱う「百年」、クリエーターの表現とマイクロペイメントを両立させようとしている「note」、手ぬぐいを通して人々を結びつけるプロジェクト「てぬコレ」。表参道の閑静な住宅街の中でコーヒーと静かな時間を提供する「OMOTESANDO KOFFEE」、文具販売やワークショップを通じて製本技術の重要性を伝える「美篶堂(みすずどう)」、インターネットにより政治参加へのハードルを下げようとしている「ポリタス」。

いずれもメイン・ストリームと適度な距離をとりつつ、アウトプットにそれぞれの価値観が反映されています。改めて見回してみると、ここ数年の間にインディペンデントな人やユニークな活動に触れる機会が増えています。『ヒップな生活革命』に書かれているのはアメリカの話ですが、自分の周りをぐるりと見回すきっかけになるでしょう。諦観や極論に走らず、バランス感覚をキープしながら、おもしろくてユニークなものにコミットしていく。インディペンデントな姿勢と独自の価値観が反映されたモノやサービス、それらを求める人たちに届けるためのストーリー。そうした魅力的なものを享受できることは嬉しいし、わくわくしますよね。

* WIRED.jp: 「情報処理にエレガンスを。仕事でもプライベートでも」フィル・リービン(Evernote CEO)

** 『PERISCOPE』に触れて感じたことを以下の記事に書きました。雰囲気が伝わると嬉しい。
• inthecube: PERISCOPE
• inthecube: PERISCOPE JP ISSUE #0

*** プロジェクト立上げ人のアリス・ウォーターズのインタビューが『PERISCOPE』のWeb版に掲載されています。
PERISCOPE: SPREADING THE EDIBLE EDUCATION

2014.07.22

■追記
エース・ホテルとアンドリュー・ターロウに関する記事がiPad版『PERISCOPE #1』に掲載されています。また、「ベスト・メイド」の立上げ人であるピーター・ブキャナン・スミスのインタビューがWeb版『PERISCOPE』に掲載されています(こちら)。

2014.07.27
[PR]
by mura-bito | 2014-07-22 21:46 | Life | Comments(0)
Paramore – Ain't It Fun Remixes
Paramoreの最新作には「Ain't It Fun」* という曲が収録されています。ファンクを感じさせるギターを軸にしており、身体を動かしたくなる曲ですね。オリジナル・ミックスは配信やアナログ盤でシングル・カットされています。先日、この曲のリミックス・シングルが配信され始めましたが、オリジナルの短縮版に加え、3つのリミックス・バージョン(Kye Kye Remix、Smash Mode Remix、Dutch Uncles Remix)が収録されています。それぞれに異なるアプローチがとられており、異なるテイストを楽しむことができます。



Paramore – Ain't It Fun -Kye Kye Remix-

Kye Kye RemixでParamoreに注入されたのはEDM。Zeddの「Stay The Night」** が証明したように、Hayley Williamsの声はEDMサウンドに合います。「Ain't It Fun」はオリジナルの状態から踊れる音楽だったので、メロディもEDMにはまりますね。サウンドの端々にワブル・ベースをきかせていて、他にもソフト・シンセで曲をぐいぐい引っ張ります。DUBSTEPとファンクとポップスが混ざり、音の抜き差しをうまくコントロールしています。



Paramore – Ain't It Fun -Smash Mode Remix-

Smash Modeは2人のDJ/Producerから成るユニットです。ファンク全開のエレクトリック・ギターを重ねることで、オリジナルのファンキーさを増幅していますね。ギターとシンセサイザーとベースが絡み合う下で、四つ打ちが強烈に鳴り続けます。ファンク寄りのエレクトロ、といった感じでしょうか。テンポはオリジナルよりも上がっています。カラフルな感じがイメージできて、ビーチサイドが似合いそうです。



Paramore – Ain't It Fun -Dutch Uncles Remix-

Dutch Unclesは、イギリスはマンチェスター出身のバンドです。このリミックスで聴けるシンセサイザーは明るく跳ねているし、ギターは軽やかに駆けてゆきます。オリジナルで見られたParamore流ファンク、すなわちロックを下敷きにしたファンクは、多彩な音が絡み合うポップスにドレス・アップしています。音の重ね方、強弱のつけ方がとてもおもしろくて、繰り返して聴くといくつもの魅力を発見できますよ。

* inthecube: Paramore – Ain't It Fun (Music Video)
** inthecube: Zedd - Stay The Night [feat. Hayley Williams of Paramore] (Music Video)

2014.07.10
[PR]
by mura-bito | 2014-07-10 22:02 | Music | Comments(0)
Pharrell Williams – Happy -NEUS Remix-
Pharrell Williamsの「Happy」は世界的にヒットしているポップスです。メロディがとてもいいので、いろんな人に届く素晴らしい曲だと思います。この曲に合わせたビデオを撮ってYouTubeにアップロードするCGM的な遊びが、裾野の広さを物語っています。聴いていて素直に楽しいと思えるし、歌や音にフォーカスしてあれこれ想像を巡らせながら聴いても楽しめるんですよね。

SoundCloud: https://soundcloud.com/neus/pharrell-williams-happy-neus

NEUSというDJ/Producerがリミックスした「Happy」の音源がSoundCloudにアップロードされています。オリジナルと聴き比べてみるのもおもしろい。NEUS Remixを聴いたとき、僕は音と音の隙間に乾いた空気を感じました。オリジナルに漂う陽気な雰囲気を、クールな方に寄せている。身体ひとつで魅せるコンテンポラリー・ダンスをイメージしますね。雄弁な身体の動き、静止したときの指先の緊張感、ダンスで綴る物語。ひとりのダンサーが舞台で舞っているような、そんなイメージ。

エレクトロニック・サウンドがいかに気持ちいいかを実証するようなトラックですね。ベースの音がとても良く、色気があって肌にまとわりついてきます。多くの音がソフト・シンセで構築されていると考えられますが、特にアウトロの音は気持ちいい。シンセサイザーで弾くソロ・パートからは、シンセサイザーの音の魅力が伝わってきます。オリジナルとは異なる表情が見られ、また違う音の世界を体験することができます。

2014.07.09
[PR]
by mura-bito | 2014-07-09 21:46 | Music | Comments(0)
TM NETWORK – ある日ある時いつか何処かで
LOUD

LOUD

TM NETWORK


「ある日ある時いつか何処かで」は、TM NETWORKの最新シングル「LOUD」* に収録されている曲です。テンポを抑え、歌とギターを軸にしたサウンドが印象に残ります。ソフト・シンセは2014年のTM NETWORKで多く使われているのですが、この曲ではやや控えめですね。3人の声が響く中、シンセサイザーは歌をサポートするようなポジションを占める。リミックス・アルバム『DRESS2』** でのソフト・シンセが攻撃的なMFだとすれば、この曲では守備的なMFといったところでしょうか。

シングルではインストゥルメンタルを聴くことができます。丁寧に重ねられた音をダイレクトに体感できるため、ボーカル入りのバージョンとは印象が変わりますね。シンセサイザーは時としてギターを引き立て、あるいは指揮者のようにサウンドを引っ張る。ソフト・シンセとギターの音は交互に顔を出し、バランスをとりながら鳴ります。途中で音が抜けると、わずかな空白のあと、アコースティック・ギターのカッティングで音が再開します。静かに、けれども確実に、聴き手の記憶に音を刻み込みます。

「ある日ある時いつか何処かで」というタイトルや、歌詞に登場する「何か」や「誰か」といった言葉からは、色を持たない幾何学模様のようなイメージが浮かびます。現実感が薄れた、少し遠くに存在している世界。かと思えば、「プライオリティ」、「休日」、「積み木」といった言葉が、異なる感触の空気を漂わせます。手を伸ばして触れることのできる、自分がいるこの世界。近づいたり遠ざかったりする言葉が連なり、メロディに乗って届きます。

* inthecube:
TM NETWORK – LOUD (Music Video)
TM NETWORK – LOUD

** inthecube: TM NETWORK – DRESS2

2014.07.08
[PR]
by mura-bito | 2014-07-08 21:31 | Music | Comments(0)
LINKIN PARK – THE HUNTING PARTY
THE HUNTING PARTY

THE HUNTING PARTY

LINKIN PARK


LINKIN PARKの新作『THE HUNTING PARTY』がリリースされました。ギターを軸にした分厚い音、ダイナミックに強弱をつける展開、メロディの美しさといったLINKIN PARKの魅力が詰め込まれた作品です。ギターの音が前に出て全体像を構成しており、ドラムの音がくっきりとした輪郭を与えています。エネルギーを溜め込み、一気に放出する展開は、心も身体も熱くなります。時として激しく荒ぶるChester Benningtonのボーカルは、その一方で美しさを漂わせるし、Mike Shinodaのラップとボーカルは冷静に曲を支える。



LINKIN PARK – GUILTY ALL THE SAME [feat. RAKIM] (Lyric Video)

この作品は、かつてのLINKIN PARKを求めている人にも届くのでしょうか? 当然ながら彼らは若手ではないですし、かと言って大御所と呼ばれるような年齢でもない。彼らはロックというジャンルで揺るがぬ地位を確立しました。頂点に立った者の宿命かとは思いますが、攻める気持ちを失わずに、デビュー当時の気持ちのままに音楽をやり続けるのは容易なことではないですよね。多くの資本と多くの思惑が、売れたバンドの手足を縛ります。



LINKIN PARK – WASTELANDS (Lyric Video)

僕がLINKIN PARKを聴き始めて10年近くが経ちました。オリジナル・アルバムを欠かさず聴いていますが、この10年の間にバンドとして臨界点を超えて、別の次元に向かった印象があります。Music For Reliefというチャリティ団体を立ち上げ、バンドとしての収益を社会に還元しています。もちろん社会活動と音楽性に関連はない。けれどもその陰に隠れて、彼らの中の衝動はしばし眠りについていたのだろうと思います。自らの衝動を呼び起こし、吠えさせたのが、この『THE HUNTING PARTY』です。



LINKIN PARK – UNTIL IT'S GONE (Lyric Video)

シングルとしてリリースされた「GUILTY ALL THE SAME」* や「UNTIL IT'S GONE」** の他にも、数曲のリリック・ビデオが公開されています。中でも「WASTELANDS」という曲がいいですね。LINKIN PARKがファンクの要素を取り入れたことに驚きましたし、アルバムの中でもきらりと光を放っています。ロックがファンキーな雰囲気をまとうと、新たな魅力が生まれるんですよね。一方で、「FINAL MASQUERADE」という曲ではChesterの素晴らしい歌声が響き、美しいメロディをストレートに体感できます。



LINKIN PARK – REBELLION [feat. Daron Malakian] (Lyric Video)

アルバムがリリースされた後、Mike ShinodaのTwitterページがにぎやかになりました。「Twitter Listening Party」と題し、収録曲の裏側を連続でtweetしていったのです。日本では真夜中だったのでリアルタイムで参加することはできませんでしたが、後から追いかけてワクワクしましたね。彼のtweetはtogetterでまとめておきました(http://togetter.com/li/683190)。当然ながら英語で書かれていますが、簡単な文章で書いてくれたので、わりとすんなり読むことができます。アルバムを聴きながらtweetを追いかけてみるとおもしろいですよ。



LINKIN PARK – FINAL MASQUERADE (Lyric Video)

新作で聴けるLINKIN PARKの音楽は、聴くたびに聴き手に染み込み、濃厚な音楽体験を提供してくれます。僕らが目の当たりにするのは、紛れもなく、現在進行形のLINKIN PARKです。その中から彼らのコアを感じ取り、つかみ、ぐいっと引き寄せます。ワーナー・ミュージック・ジャパンのページでは「狩られろ」というコピーが踊りますが、むしろ主客をひっくり返すべきでしょう。狩るべし。僕らが強くコミットすることで『THE HUNTING PARTY』は完成するのです。

* inthecube: LINKIN PARK – GUILTY ALL THE SAME [feat. RAKIM]
** inthecube: LINKIN PARK – UNTIL IT'S GONE (Music Video)

2014.07.02
[PR]
by mura-bito | 2014-07-02 22:13 | Music | Comments(0)

fujiokashinya (mura-bito)
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新の記事
Sarah Àlainn –..
at 2017-10-19 21:12
コアラモード. – 雨のち晴..
at 2017-10-17 21:53
[PART2] TM NET..
at 2017-10-11 21:45
[PART1] TM NET..
at 2017-10-10 21:40
GET WILD Takky..
at 2017-10-03 21:21
Carly Rae Jeps..
at 2017-09-25 21:21
LINKIN PARK – ..
at 2017-09-21 21:48
以前の記事
記事ランキング
カテゴリ
タグ
ライフログ
TM NETWORK

























TETSUYA KOMURO




quasimode


Linkin Park


Paramore

Immigrant'sBossaBand

Ryu Miho

AVICII


Krewella

Zedd

藍井エイル






Gacharic Spin


梨木香歩

村上春樹



京極夏彦



Book





Comic







Music



ブログジャンル