inthecube
音楽と物語に関する文章を書いています。
ワイルドじゃなくてもいいからタフになりたい
Note my experiences with impressive music/story.
ブログトップ
<   2010年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧
quasimode / The Land of Freedom
The Land of Freedom

The Land of Freedom

quasimode


音が楽しんでいる。音が音であることを喜んでいる。CD屋をいくつも巡って、新宿タワーレコードでようやく手に入れた『The Land of Freedom』は、それだけ労を要した価値のある音楽を味わうことができます。quasimodeとして2枚目のアルバムは、どうやらメジャーからのリリースとしては1枚目だそうです。確かに『oneself - LIKENESS』と比べて、いっそう踊れるし、ライブで映える曲が多い。それゆえと言うべきか、聴かせる曲の良さもぐっと引き立っていると思います。

「The Man from Nagpur」の勢いに脱帽。ライブで踊り狂うこと必至の曲です。DJが曲をミックスしてつなげるときにフロアを沸かせるような、盛り上げポイントが明確になっていて、そしてそれがどのポイントもすごく気持ちいい。来るよ来るよ、来た!というような。一回で終わらないところがまた良くて、癖になりますね。後追い組としては、またライブでやってくれることを祈るばかりです。

アコースティック・ベースの存在感が突出している作品が多いかなと思います。これは他のオリジナル・アルバムと比べてもそうですので、この時期の傾向だったのでしょうか。聴かせる「Last Nine Days」では味わい深いベース・ソロが聴けますし、直後の「Time Is Love」ではベースから始まります。この流れは鳥肌が立ちますね。

このアルバムを軸にしたライブを録音した音源もリリースされています。オリジナルを聴いてからライブ盤は聴きたいのでこれまで我慢していましたが、これでようやく手を出すことができます。iTunes Exclusive Live Sessionと題したiTunes Storeのライブ音源シリーズも出ており、こちらも確実に聴きます。さらに「Over the Horizon」などのリミックスも配信されているので、後はもう言わずもがな。12月にはシングル「WHISKY'S HIGH」、来年の1月には5枚目のオリジナル・アルバムがリリースされるので、ひとりquasimode祭りはまだまだ続くことでしょう!



quasimode / The Man from Nagpur

「The Man from Nagpur」のビデオ。これを観れば、その演奏の魅力は一目瞭然かと思います。一音目から味わってもらいたい。

2010.11.23
[PR]
by mura-bito | 2010-11-23 17:42 | Music | Comments(0)
quasimode Live @motion blue yokohama
quasimode
Live with Miyuki Hatakeyama
2010.11.13 @ motion blue yokohama

横浜はmotion blueで開催されたquasimodeのライブ、これはもうすごかった。半年ぶりにその演奏を生で観たわけですが、震えましたね。最初は座って聴いていたのですが、途中からmatzzさんの「みなさん立ちましょう!」という呼びかけに伴ない、最終的にはスタンディングのライブになりました。

途中にはゲストに畠山美由紀さんをボーカルに迎えて、Port of Notesの曲やquasimodeの新作に収録される曲(畠山さんが詞を書き、歌っている)を披露してくれました。初めて聴くその歌声に圧倒され、感動していました。そしてなんと言っても美しいわけですよ…。

quasimodeの曲はこれまでライブで聴いたものと同じでしたが、演奏がタフになっていて驚きました。特にこの1年のライブではラストに演奏される「Daybreak」が凄く進化していて、限界ぎりぎりまで速くて重厚になる演奏は、このまま終わらなければいいのに!と思うくらいでした。

メンバーからのプレゼントということで、ハイボール(白州というウィスキーを使っているそうな)をいただいたのですが、これがまた飲みやすく、そんなに強くない僕でも楽しむことができました。ウィスキー初体験がquasimodeのライブになるとは思いもよりませんでしたが。何事も経験ですなぁ。ま、ライブが始まってからは僕の中には音しか入ってこなかったんですけどね!

b0078188_11581128.jpg
2010.11.14
[PR]
by mura-bito | 2010-11-14 11:59 | Music | Comments(0)
JiLL-Decoy association Live @Shibuya club quattro
JiLL-Decoy association
Live ugly beauty
2010.11.12 @ Shibuya club quattro

楽しかった!「ドレスを着る前に」から始まったライブは、ストレートに音楽を楽しませてくれる、とてもすてきな時間でした。ボーカル、ギター、ドラム、ピアノ、ベース、オルガン、トランペット(×2)、サックスという編成でした。ピアノとオルガンを分けているところがなんともまあ憎いと言うか、おもしろかったですね。それだけ音に厚みが出る、というもの。

新作のリリース・パーティーということもあって、『ジルデコIV』からいっぱい披露してくれました。アルバムの前半に収録された曲はやっぱりどれもいいですね。「ドレスを着る前に」、「上質サボタージュ」、「happy ever after」、「忘れ名草」、「JiLL's bomb」、「3年目のジンクス」。他にも、「Telephonica」や「ugly beauty」(セロニアス・モンクのカバー)、「Thought I'd never see you again」、「varnish」なんかを聴けました。バラードのときは、痺れました。ただただ感動していました。すてき過ぎる歌声に、釘付け。素晴らしい。

「忘れ名草」が良かったなと。いい曲、いい演奏、いい歌声。ライブで目の当たりにして、その魅力を余すところなく知ることができました。笑顔が素敵だったな。ミディアムな曲なんですが、思わず笑顔になる一曲ですね。そして「JiLL's bomb」は、「too much!」(コール&レスポンスが「イラ!イラ!」)に続く、ものすごく楽しい盛り上げ曲でした。裏打ちする手拍子が楽しかったですし、ホーン・セクションが活きる活きる。スカパラの雰囲気を想像してもらえればいいと思いますが、ライブ本編の最後にふさわしい盛り上がりだったのです。いろんな魅力を知ることができた、とてもすてきな夜でした。

2010.11.13
[PR]
by mura-bito | 2010-11-13 09:44 | Music | Comments(0)
NON STOP MUSIC MIX by Takahiro "matzz" Matsuoka (quasimode)
collect point presents GET YOUR STYLE ON
NON STOP MUSIC MIX by Takahiro "matzz" Matsuoka (quasimode)


Brazilian Sunset / Mongo Santamaria
Golden Lady / Sao Benitez
Too Long / Aroop Roy
Notes of the Past / Papik
Whisky's High -Single Ver.- / quasimode feat. AFRA
Between the Lines / Black Lillies

11/3の昼間にノンストップで放送されたJ-WAVEの番組「collect point presents GET YOUR STYLE ON」、その中の企画で3つのノンストップミックスが流れました。そのひとつをquasimodeのmatzzさんが選曲したそうで、わくわくしながら流れるのを待ちました。そして一曲目が流れた瞬間から、いいね!と叫びたくなるような、いい感じのミックスでした。Twitterではすぐにmatzzさんに感想を送りました。リアルタイムで進むラジオに対して、こっちも感想をリアルタイムで返す。感動をすぐに伝えることができるのはいいですね。

そして、quasimodeの新曲「Whisky's High」を聴くこともできました。AFRAのHuman beat boxとquaimodeの演奏がコラボする企画ですが、最初の音から鳥肌が立ちました。quasimodeの演奏はいつにも増して、もしかしたら最強にアグレッシブなんじゃないかと思うほどの力強さを感じました。その演奏に乗って、時に同化して、時に個性を強く主張するHuman beat boxにはただ驚くばかり。ラップのような、パーカッションのような、ベースのような。シングル用のミックスみたいなので、アルバム・バージョンもあるかも? 楽しみです。

Black Lilliesの「Between the Lines」がとても気持ちよかったので、iTSで早速ダウンロードして聴いています。3月にリリースされた『SPUNKY!』(matzzさんの選曲およびミックス)を聴いたときも、衝撃を受けて好きな曲がいっぱいあったのですが、matzzさんのセンスはやっぱりいいですね! いい感じでツボを突いてくれます。音楽センスもまた財産なり!

2010.11.07
[PR]
by mura-bito | 2010-11-07 15:45 | Music | Comments(0)
between autumn and winter
秋と冬の間に訪れる、色づく時間。名所でもなんでもないんですが、朝の光に包まれた木々に心惹かれました。鳥たちも佇む朝。

b0078188_2075975.jpg
b0078188_2083311.jpg
b0078188_2084338.jpg
b0078188_2085080.jpg
2010.11.06
[PR]
by mura-bito | 2010-11-06 20:15 | Photograph | Comments(0)

fujiokashinya (mura-bito)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新の記事
高野 雀 – It’s yo..
at 2017-11-20 22:09
Rick Wakeman –..
at 2017-11-14 22:15
quasimode – Hi..
at 2017-11-06 21:42
ORESAMA ワンダーラン..
at 2017-11-01 22:02
T.UTU with The..
at 2017-10-31 22:00
コアラモード. – 大旋風
at 2017-10-26 22:25
ORESAMA「流星ダンスフ..
at 2017-10-25 21:24
以前の記事
記事ランキング
カテゴリ
タグ
ライフログ
TM NETWORK

























TETSUYA KOMURO




quasimode


Linkin Park


Paramore

Immigrant'sBossaBand

Ryu Miho

AVICII


Krewella

Zedd

藍井エイル






Gacharic Spin


梨木香歩

村上春樹



京極夏彦



Book





Comic







Music



ブログジャンル