inthecube
音楽と物語に関する文章を書いています。
ワイルドじゃなくてもいいからタフになりたい
Note my experiences with impressive music and story.
ブログトップ
2017年 12月 13日 ( 1 )
LINKIN PARK LIVE AROUND THE WORLD
LINKIN PARK“Live Around the World” シリーズは、デビュー・アルバム『Hybrid Theory』から4枚目の『A Thousand Suns』までの曲について、2007~2011年のワールド・ツアーで録音したライブ・テイクを集めたシリーズです。これらの存在を僕が知ったのは最近のことですが、なんと5年前に配信が始まっていました。遅すぎた出会い。それでもこのライブ・テイクは、僕にとって今が旬です。
b0078188_21504517.jpg
Live Around the Worldプレイリストを自作してみたところ、トータル13曲の約50分になりました。順番は日々入れ替えてベストを探っていますが、開幕が「Points Of Authority」という点は変わりません。2007年以降のライブでは冒頭のMike Shinodaのラップが長くなったり、リズムやギターなど音のメリハリが効いていたりと、僕の好きな方に変わっていきました。追加されたラップからオリジナルにもあるラップ “Forfeit the game...” につながっていく流れがとても好きで、その高揚感を味わうためにプレイリストの先頭に据えています。

「Somewhere I Belong」「What I’ve Done」はイントロが長くなっていたり音が加わっていたりして、気分を盛り上げてくれます。特にJoe Hahnのスクラッチは快感を覚えますが、時としてエモーショナルに響くのが好きです。「エモーショナルなスクラッチ」とは奇妙な表現ですが、本当にそうなのです。鋭く空気を切り裂く音というよりは、空気に溶け込んで雰囲気を柔らかくするストリングスに近い役割を担っていると思います。もちろん彼は攻撃的で鋭い、スクラッチらしいスクラッチも「Papercut」などで披露します。

Points Of Authority (Sydney, 2007) in Hybrid Theory
In The End (Melbourne, 2010) in Hybrid Theory
Don’t Stay (Shanghai, 2007) in Meteora
Somewhere I Belong (Köln, 2008) in Meteora
Lying From You (New York, 2008) in Meteora
One Step Closer (Frankfurt, 2008) in Hybrid Theory
Papercut (Paris, 2010) in Hybrid Theory
What I’ve Done (New York, 2008) in Minutes To Midnight
When They Come For Me (Paris, 2010) in A Thousand Suns
Numb (New York, 2008) in Meteora
From The Inside (Sydney, 2010) in Meteora
Breaking The Habit (Hamburg, 2011) in Meteora
The Messenger (Las Vegas, 2011) in A Thousand Suns

「One Step Closer」はライブのオープニングを飾っていた頃に録音されたものと思われ、Brad Delsonが弾くギターの音が徐々に厚みを増していくイントロが格好良い。「When They Come For Me」は、リリース当時から僕はアフリカの民族音楽をイメージしていたのですが、祝祭的なリズムが特徴的でLINKIN PARKの枠を越えている点が好きでした。ライブではChester Benningtonが歌いながらバスドラムを叩いていた記憶があります。

プレイリストの最後に配置したのは「The Messenger」です。アコースティック・ギターの音に乗せて、Chesterが切々と歌います。途中からピアノ、そして穏やかなスネアの音が加わります。LINKIN PARKはバラードやフォークよりもヘビーなサウンドの方が知られているかとは思いますが、「The Messenger」のような「剥き出しになる」曲も素晴らしいものがあります。シンプルな音の中で響くChesterの歌が静かな輝きを放ちます。そして最後はChesterの歌声と、彼の “Sing along with us!” という言葉に導かれた観客の歌声が重なり、幕を下ろします。

2017.12.13

◆追記
「Lying From You」を追加しました。“No no, turning back now” というMikeのラップと一緒に叫びたい。この曲の追加により、2枚目のアルバム『Meteora』の曲が半数を占めるプレイリストとなりました。

2017.12.17
[PR]
by mura-bito | 2017-12-13 21:57 | Music | Comments(0)

fujiokashinya (mura-bito)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新の記事
[PART1] PANDOR..
at 2018-01-16 21:56
[EN] Zedd – ST..
at 2018-01-11 20:44
Zedd – STAY+
at 2018-01-09 21:54
ORESAMA「銀河」:切な..
at 2018-01-02 22:12
[EN] LINKIN PA..
at 2017-12-29 18:12
LINKIN PARK – ..
at 2017-12-28 21:34
[EN] LINKIN PA..
at 2017-12-27 21:08
以前の記事
記事ランキング
カテゴリ
タグ
ライフログ
TM NETWORK

























TETSUYA KOMURO




quasimode


Linkin Park


Paramore

Immigrant'sBossaBand

Ryu Miho

AVICII


Krewella

Zedd


藍井エイル



Gacharic Spin

ORESAMA


梨木香歩

村上春樹



京極夏彦



Book





Comic








Music


ブログジャンル