inthecube
音楽と物語に関する文章を書いています。
ワイルドじゃなくてもいいからタフになりたい
Note my experiences with impressive music and story.
ブログトップ
2017年 11月 06日 ( 1 )
quasimode – Hi-Tech Jazz
quasimodeがカバーした「Hi-Tech Jazz」が、Flower Recordsというレーベルのコンピレーション・アルバム『Past and Future ~Flower Records 20th Anniversary~』に収録されています。配信(ダウンロードならびにサブスクリプション)でも聴くことができます。
b0078188_21365214.jpg
quasimodeが演奏する「Hi-Tech Jazz」は2種類あります。ひとつは、matzzさんが選曲した『SPUNKY! - mixed by Takahiro “matzz” Matsuoka (quasimode)』に収録されたバージョン。もうひとつが、quasimodeの名義でリリースしたアナログ盤に収録された新録バージョンです。本作に収録されているのは後者の方です。

新録の「Hi-Tech Jazz」は、ライブのオープニングを思わせるドラムとパーカッションの演奏から始まります。ループする心地好いリズムを全身に浴びながら記憶を巻き戻します。照明がメンバーを捉え、「どの曲が始まるんだろう?」と想像を巡らせるときの、あのわくわくした気持ちを思い出します。キックとハイハットとスネアとコンガが疾走し、それらがカット・アウトした直後にベースとピアノが飛び出す展開に心が震えます。今にもmatzzさんの「Yes! quasimode!」という煽りが聞こえてきそうです。
b0078188_21402754.jpg
ピアノ、パーカッション、アコースティック・ベース、ドラムスのカルテットに、ホーン・セクションが加わるという、quasimodeの基本スタイルを味わえる編成です。エレクトリック・ピアノやエレクトリック・ベースの場合もあり、ボーカルやラップが加わることも多いのですが、僕は最初にこのスタイルに魅力を感じて、それから他のパターンをどんどん聴いていきました。僕にとってのquasimodeに関する記憶の出発点が浮かぶ、そういうサウンドです。

アナログ盤の「Hi-Tech Jazz」は2011年のクリスマス頃に購入して聴いていたので、もう5年以上が経っているわけですね。配信はおろかCDにすらなっていない曲は、聴く機会が著しく減少します。こうしてサブスクリプションで聴ける状態になったことは、聴き手としては素直に嬉しい。音楽に出会いなおして新たな気持ちで聴くというのも、そこそこ長く音楽ファンをやっていると訪れる楽しい時間です。

2017.11.06
[PR]
by mura-bito | 2017-11-06 21:42 | Music | Comments(0)

fujiokashinya (mura-bito)
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新の記事
LINKIN PARK LI..
at 2017-12-13 21:57
[PART3] TM NET..
at 2017-12-07 21:02
[PART2] TM NET..
at 2017-12-06 21:31
[PART1] TM NET..
at 2017-12-05 21:51
[PART2] 吉田修一『東..
at 2017-11-30 21:24
[PART1] 吉田修一『東..
at 2017-11-27 21:57
ORESAMA「Waitin..
at 2017-11-22 22:39
以前の記事
記事ランキング
カテゴリ
タグ
ライフログ
TM NETWORK

























TETSUYA KOMURO




quasimode


Linkin Park


Paramore

Immigrant'sBossaBand

Ryu Miho

AVICII


Krewella

Zedd

藍井エイル






Gacharic Spin


梨木香歩

村上春樹



京極夏彦



Book





Comic







Music



ブログジャンル