inthecube
音楽と物語に関する文章を書いています。
ワイルドじゃなくてもいいからタフになりたい
Note my experiences with impressive music and story.
ブログトップ
コアラモード. – 大旋風
コアラモード.あんにゅ/小幡康裕) の新曲「大旋風」は、これまでの2人のイメージ(個人的には「穏やか・爽やか・軽やか」という感じ)を覆すアレンジが印象的です。「雨のち晴れのちスマイリー」や「Dive!」といった曲で聴けるバンド・サウンドは丁寧に構築されて厚みがあり、心地好いと思っていましたが、「大旋風」ではそうした演奏の密度はそのままに、鋭さや猛々しさが加わったといえます。歌・演奏・ビジュアルをロックに寄せて、クールでパワフルな音楽を聴かせます。
b0078188_22235367.jpg
曲はベースの音から始まります。ノイジーに吠えるギターや壮大に響くストリングスが印象に残ります。その裏で、縦横無尽に駆け巡るベースが、曲を支えながら多層的・立体的に仕立てます。鍵盤の音は随所で響きますが、かなり控えめという感じがします。ボーカルは、低体温のように淡々と吐き出す声からエモーショナルに絞り出す高い声まで、上昇と下降を気流のように繰り返します。エモ系のロックと呼ぶこともできるかもしれません。彼女の歌声は、時にソフトに、時にコミカルに言葉を送り届ける感じがしていたものですが、「大旋風」を聴くと、言葉をぶつける歌い方にもフィットすると思いました。



コアラモード. – 大旋風

ミュージック・ビデオの一部をYouTubeで観ることができます。一部といっても、曲の雰囲気をつかむには充分な長さがあります。また、サビから始まる曲なので、その勢いや力強さを存分に感じることができます。編集の仕方もいいですね。曲が持つ勢いがダイレクトに伝わってきます。暗く染まる部屋の中で、エネルギーが蓄積されていく。それはやがて、勢いよく飛び出し、強烈な風となって吹き付ける。そんなイメージを抱きました。

2017.10.26
[PR]
by mura-bito | 2017-10-26 22:25 | Music | Comments(0)
<< T.UTU with The ... ORESAMA「流星ダンスフロ... >>

fujiokashinya (mura-bito)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新の記事
LINKIN PARK LI..
at 2017-12-13 21:57
[PART3] TM NET..
at 2017-12-07 21:02
[PART2] TM NET..
at 2017-12-06 21:31
[PART1] TM NET..
at 2017-12-05 21:51
[PART2] 吉田修一『東..
at 2017-11-30 21:24
[PART1] 吉田修一『東..
at 2017-11-27 21:57
ORESAMA「Waitin..
at 2017-11-22 22:39
以前の記事
記事ランキング
カテゴリ
タグ
ライフログ
TM NETWORK

























TETSUYA KOMURO




quasimode


Linkin Park


Paramore

Immigrant'sBossaBand

Ryu Miho

AVICII


Krewella

Zedd

藍井エイル






Gacharic Spin


梨木香歩

村上春樹



京極夏彦



Book





Comic







Music



ブログジャンル