inthecube
音楽と物語に関する文章を書いています。
ワイルドじゃなくてもいいからタフになりたい
Want to become tough, not need to get wild.
ブログトップ
[PART3] Sound & Recording Magazine 2017年6月号 TM NETWORKインタビュー:オリジナルの「イメージ」を呼び出す歌声
「GET WILD」が持つ強さは幾多の変化にも対応できる柔軟さであり、それが「変わり続ける」という魅力を確立させました。その一方で、二律背反的に、反対の魅力も共存共栄しています。それがイントロのメロディであり、「変わらない」という魅力です。変わり続けて、変わらない。
b0078188_22305460.jpg
観察する角度をわずかに変えてみましょう。僕らがずっと聴き続けているもの、それはイントロのメロディだけではありません。それはウツの歌です。彼の歌は「変わらない」というより、「オリジナルにアクセスして再び立ち上げる」機能があると思います。もちろん30年前の声とは質が違うし、歌い方、テクニックも格段に進歩しているはずです。レベルの高低の問題ではなく、ウツの歌は「オリジナルの『イメージ』を呼び起こす」ことができるのではないか、ということを言いたい。

同じことを語るプロフェッショナルがいます。同じSound & Recording Magazine誌の企画の中で、サウンド・デザイナー/PAエンジニアの志村明さんは「これだけアレンジが変わっても、オリジナルの曲のイメージがストレートに入ってくる」と語っています。「GET WILD」が持つ力を評した言葉ですが、僕はそこにウツの歌も含まれていると解釈しました。イントロが輪郭を描き、ウツの歌がその像にピントを合わせる。そして「GET WILD」のイメージが聴き手に浮かび上がる。そんなことを思いました。



2012年から2015年にかけて5つのライブで演奏された「GET WILD」をまとめた映像。
この時期のサウンドはダイナミックに変遷したが、ウツのボーカルは安定感を見せていた。
特に2013年のライブは病み上がりだったものの、歌への大きな影響は見られなかった。


* * *


インタビューでは、小室さんがウツの歌について語っています。2012年から2015年のTM NETWORKの活動を経た今、改めてウツの歌声の魅力を語り、そして敬意を表します。

小室さんが価値を感じているのは「基本に忠実に歌ってくれる」こと。サウンドの面で変化を繰り返してきた「GET WILD」だからこそ、その出発点が見えることは重要なのだろうと思います。たとえるなら、船における碇のようなものなのかもしれません。周囲が揺れる中でも同じところに留まる。ただ同じことを繰り返す(それはそれで大事なことではありますが)のではなく、サウンドが激しく変わる中で軸となるものを示し続けるのは、意外とハードルの高いことなのでしょう。

シンガーにもいろんなタイプの人がいますよね。歌うごとにフェイクを入れて、そのときそのときで変わるとか。でも30年もたつと、基本に忠実に歌ってくれるという方の価値が大きくなっているかもしれません。宇都宮君はそれができる人なのがすごいですよね。

小室哲哉
Sound & Recording Magazine 2017年6月号

では、ウツはどのように考え、歌っているのでしょうか。小室さんが評価する「基本に忠実に歌う」ことについて、ウツはその重要性を自覚し、共有しています。歌うことは、同時に聞かせることもあります。多くの場合「どのように歌いたいか」は「どのように聞かせたいか」とセットで語られます。

今回のインタビューで語られた言葉の中から、ウツの真意を正確に読み取ることは困難を極めます。それでも、観客の顔を思い浮かべながら自分の歌について語っていることは間違いないのかなと思います。

これは人によると思うんですけど、僕は、作った曲をライブで披露するときに、できるだけCDに近いものを聴かせたいという思いがあるんですよ。人によってはどんどんメロディを変えちゃったり、譜割を変えたりしますよね。僕もそういうのもありかなって思った時期がありましたが、結局はみんなが聴いてきたものがそこで再現される喜びが一番大きいと思うんです。だからなるべく再現できた方がいいかなって。

宇都宮隆
Sound & Recording Magazine 2017年6月号

2013年のライブ「TM NETWORK FINAL MISSION -START investigation-」でも、ウツの歌が大きく変わったという印象はありませんでした。膵臓の腫瘍を患い、手術に成功したとはいえ、歌うことすらままならなかった状態で、それでも僕らが知っている「ウツの歌」を聴かせてくれました。

ウツはさらりと「なるべく再現できた方がいいかな」と語っていますが、2013年のエピソードを思い出すと、それほど簡単なことではないと思えてきます。それはプロフェッショナルだから……というより、ウツだから、と表現するほうが適切なのでしょう。だから小室さんも「すごい」と語るわけですね。まあ、ウツは「今さらほめてくれなくてもいいよ」と言っているようですが。

PART4では、ウツの歌について、もう少し踏み込んでみたいと思います。今回は「歌い方」にフォーカスしたのですが、次回は「歌」というものに迫ってみたい。それは広いマクロな視野で捉えるようでいて、とてもミクロなウツの本質的な部分に近づくことを意味します。ウツのわずかな言葉を頼りにして、「海の底」のようなところに潜っていこうと思います。
2017.05.29
[PR]
by mura-bito | 2017-05-29 22:13 | Music | Comments(0)
<< [PART4] Sound &... ORESAMA「ワンダードライ... >>

fujiokashinya (mura-bito)
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新の記事
藍井エイル「シリウス」:一等..
at 2017-06-04 21:19
[PART4] Sound ..
at 2017-05-31 21:53
[PART3] Sound ..
at 2017-05-29 22:13
ORESAMA「ワンダードラ..
at 2017-05-27 22:48
[PART2] Sound ..
at 2017-05-21 08:13
[PART1] Sound ..
at 2017-05-15 21:37
Zara Larsson「L..
at 2017-05-10 21:49
以前の記事
記事ランキング
カテゴリ
タグ
ライフログ
TM NETWORK

























TETSUYA KOMURO




quasimode


Linkin Park

Paramore

Immigrant'sBossaBand

Ryu Miho

AVICII


Krewella

Zedd

藍井エイル






Gacharic Spin


梨木香歩

村上春樹



京極夏彦



Book





Comic






Music


ブログジャンル