inthecube
音楽と物語に関する文章を書いています。
ワイルドじゃなくてもいいからタフになりたい
Want to become tough, not need to get wild.
ブログトップ
ORESAMA「ワンダードライブ」:鮮やかなグラデーションを描いて駆け抜ける歌声
ORESAMAというデュオのデビュー・シングル「ワンダードライブ」がにリリースされました。歌も音も鮮やかに舞うポップな曲です。この曲は、アニメ「アリスと蔵六」のオープニング主題歌として4月からオンエアされています。リリースの1ヶ月前には、ミュージック・ビデオが公開されました。
b0078188_22322805.jpg
まっすぐ伸びやかな音が印象に残りますが、特にシンセサイザーが響くところはとても心地好い。このあたりはサウンド・プロデューサーである佐藤純之介さんの狙いでしょうか。彼は「TM NETWORKフォロワー」のひとりであり、Sound & Recording Magazine誌で『QUIT30』や『GET WILD SONG MAFIA』について、クラムボンのmitoと対談しています。シンセサイザー・サウンドへの感度はかなり高いことは明白です。

閑話休題。「ワンダードライブ」の魅力のひとつは、ぽんのボーカルです。♪フリーウィル 針を振り切って♪ や ♪フリーウィル もっと遠くまで♪ の部分が特に好きですね。くるくる表情を変える曲の中で、歌声が鮮やかなグラデーションを描きます。甘めの声、切なくて儚いようにも聞こえる声、追い風を背にしてエネルギッシュに駆け出す声。彼女の歌は音の世界に奥行きを与えます。

彼女の歌を初めて耳にしたのは、ONE III NOTESの「Shadow and Truth」です。偶然目にしたアニメ「ACCA13区監察課」のオープニング・テーマが強く印象に残り、「この曲を歌うシンガーは誰だろう?」と思って、興味を引かれました。歌の雰囲気はONE III NOTESとORESAMAでは大きく異なるため、その落差もまた魅力なのかなあと思います。



ORESAMA – ワンダードライブ

青い髪の女性と金髪の女性が鏡越しに向かい合う。物語は音に乗り、音を媒介にして、二つの世界を往来します。カラフルでマジカルなトイボックスが広がり、ひとつの扉が開くと、その先には次の扉が待っています。三次元の世界と二次元の世界が交錯して、瞬きをするたびに世界が移り変わります。

くるくる回って表情を変える世界、走るだけでは追いつきません。かつてアリスはワンダーランドを駆けました。ここのワンダーランドにはドライブがよく似合う。ハンドルを握ってアクセルを踏み込み、この世界を駆け巡るのです。

2017.05.27
[PR]
by mura-bito | 2017-05-27 22:48 | Music | Comments(0)
<< [PART3] Sound &... [PART2] Sound &... >>

fujiokashinya (mura-bito)
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新の記事
[PART2] LINKIN..
at 2017-07-30 08:25
[PART1] LINKIN..
at 2017-07-29 09:39
ORESAMA「Trip T..
at 2017-07-26 22:10
Zedd & Liam Pa..
at 2017-07-20 21:58
藍井エイル「シリウス」:一等..
at 2017-06-04 21:19
[PART4] Sound ..
at 2017-05-31 21:53
[PART3] Sound ..
at 2017-05-29 22:13
以前の記事
記事ランキング
カテゴリ
タグ
ライフログ
TM NETWORK

























TETSUYA KOMURO




quasimode


Linkin Park


Paramore

Immigrant'sBossaBand

Ryu Miho

AVICII


Krewella

Zedd

藍井エイル






Gacharic Spin


梨木香歩

村上春樹



京極夏彦



Book





Comic






Music


ブログジャンル