inthecube
音楽と物語に関する文章を書いています。
ワイルドじゃなくてもいいからタフになりたい
Note my experiences with impressive music and story.
ブログトップ
ONE III NOTES – Shadow and Truth
Shadow and Truth

Shadow and Truth

ONE III NOTES


ドアを開けて夜の街に踏み出す――そんなイメージが似合うパーカッションの音から始まる「Shadow and Truth」。この曲はアニメ版の『ACCA13区監察課』のオープニング・テーマとして使われており、ジャズやロック、ポップスの要素をブレンドしています。スリリングな音を奏でるピアノ、曲の輪郭を描くリズム・セクションなどに、ホーンやストリングスを加えており、音の重なりが心地好い曲です。

「Shadow and Truth」を発表したのは「ONE III NOTES(ワン・サード・ノーツ)」という名前を冠した三人組。三人の役割はそれぞれサウンドメイクおよびソングライティング、ボーカル、ラップです。ボーカルとラップのバランスが絶妙だと思います。ボーカルを活かすラップ、という感じがしますね。前に出るところや後ろで支えるところがうまくはまっているので、ボーカルとラップのバトン・パスが曲のスピード感を高めています。音に乗せて、声に煽られて、鮮やかに踊れ。



アニメ ACCA13区監察課 PV Vol. 2

初めて耳にしたときから、その歌声に虜になりました。サビの1行目の ♪Let's go, come on, come on, on a journey♪ が印象的だったのですが、特に頭の部分が好きですね。勢いよく飛び出し、サビを駆け抜けていきます。歌うのはPON(ぽん)という、普段はORESAMAというデュオで活動するシンガーです。彼女の歌声はもちろんサビだけではなくて、随所で軽やかに、そして鮮やかに舞います。

ホーン隊はトランペット、トロンボーン、およびサックス(アルト、テナー、バリトン)で構成されています。この五管編成は『ACCA13区監察課』に登場する「ACCA 5長官」を意識したのでしょうか。そうだとすれば、それぞれの楽器に5長官のキャラクターが重なるのかもしれませんね。キー・パーソンである「グロッシュラー」は? あるいは「リーリウム」は? 物語と音をリンクさせると、イメージは広がるばかりです。
b0078188_15571693.jpg
inthecube: [PART1] オノ・ナツメ – ACCA13区監察課 1
inthecube: [PART2] オノ・ナツメ – ACCA13区監察課 1
2017.02.26
[PR]
by mura-bito | 2017-02-26 15:58 | Music | Comments(0)
<< Zedd & Alessia ... LINKIN PARK – H... >>

fujiokashinya (mura-bito)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新の記事
[PART2] PANDOR..
at 2018-01-18 18:08
[PART1] PANDOR..
at 2018-01-16 21:56
[EN] Zedd – ST..
at 2018-01-11 20:44
Zedd – STAY+
at 2018-01-09 21:54
ORESAMA「銀河」:切な..
at 2018-01-02 22:12
[EN] LINKIN PA..
at 2017-12-29 18:12
LINKIN PARK – ..
at 2017-12-28 21:34
以前の記事
記事ランキング
カテゴリ
タグ
ライフログ
TM NETWORK

























TETSUYA KOMURO




quasimode


Linkin Park


Paramore

Immigrant'sBossaBand

Ryu Miho

AVICII


Krewella

Zedd


藍井エイル



Gacharic Spin

ORESAMA


梨木香歩

村上春樹



京極夏彦



Book





Comic








Music


ブログジャンル