inthecube
音楽と物語に関する文章を書いています。
ワイルドじゃなくてもいいからタフになりたい
Note my experiences with impressive music and story.
ブログトップ
30th FINAL 21: I am
TM NETWORK 30th FINAL

TM NETWORK 30th FINAL

TM NETWORK


潜伏者のひとりが天を指し示します。それは雲を貫き、空を抜けて、宇宙にまで届くサイン。スペースシップが呼び寄せられ、光が潜伏者を照らします。「TM NETWORK CONCERT -Incubation Period-」の冒頭のように、光がぐるりと輪になり、円を描きます。スペースシップはゆっくりと地上に近づき、潜伏期間を終えようとしている潜伏者たちを迎えにきます。

ソフト・シンセの音がスモークのようにステージを観客席を覆い始めます。リズムが鳴り、光が明滅し、視覚的にも聴覚的にも、じわじわと高まるエネルギーを感じます。それはスネアの音とともに弾け、ギターを始めとした他の音が放出されます。曲は「I am」。

「I am」はシングルとして2012年にリリースされました。前のアルバムやツアーから四年ほどの(永遠にも思えた)インターバルを置き、「TM NETWORK CONCERT -Incubation Period-」の開催に合わせて発表されました。ギターを弾いているのは、limp bizkitに在籍したこともあるマイク・スミスです。その一年後、ソフト・シンセの音を導入して音をアップデートした「I am 2013」と「I am -TK EDM Mix-」という二種類のリミックスが発表されました。

さらに、一年が経ってリリースされたアルバム『QUIT30』には、オリジナル・ミックスを基にして、音のバランスやボーカルのエフェクトを調整したバージョンが収録されました。このアルバム・ミックスを手がけたのが、Aerosmithの作品にコンポーザーやエンジニアとして参加しているマーティ・フレデリクソンです。いずれのバージョンも雰囲気が変わり、EDMに寄ったりロックの色が濃くなったりと、それぞれに異なる印象を受けました。

歌詞は日々を生きる僕らの姿や抱えている気持ちを切り取ります。2012年の夏、「35.664319, 139.697753」で行なわれた潜伏活動(渋谷公会堂でのイベント)の中で、小室さんが明かしたところによると、ある朝起床したときに「I am」の歌詞が生まれたそうです。夢に見たのか、あるいは目覚めた瞬間のインスピレーションなのか。浮かぶ言葉を流れ出るままに五線譜に書き留め、「I am」の歌詞の大部分ができたと言います。

三十年の活動において、TM NETWORKには代表曲と言える曲はいくつもあります。「I am」もそのひとつです。「GET WILD」や「STILL LOVE HER」のような、メディアに乗って多くの人の記憶に残った代表曲とは異なりますが、TM NETWORKの音楽の本質に近づける曲という意味でTM NETWORKを代表していると思います。その本質とは、三人の存在ですよね。レントゲン写真を撮ったかのように、三人の存在が浮き上がります。

もう少し具体的に言うならば、三人の声です。三人が声を重ねている曲はもちろん多くありますが、その中でもそれぞれの声の存在を強く感じます。光の三原色のように、それぞれの声がユニークな色を持ち、そして混ざってTM NETWORKの声が形成されている。音も色も波長という点では同じですが、分光スペクトルのように三人の声がそれぞれの色を持ち、それらがひとつになることで太陽光のように聴き手を包む光になる。そんなイメージが浮かびました。

♪Yes I am Yes I am Yes I am human No I Can't No I can't I can't lose the moment♪ と繰り返されるコーラス。TM NETWORKの三人をつなぎ、三角形を描き出します。ステージと観客席をつなぎ、ひとつの空間を作り出します。このフレーズがあったからこそ、2012年から2015年にかけてのTM NETWORKの物語が生まれました。とてもシンプルな言葉の連なりではありますが、とても大事な時間と体験と記憶を生み出しました。

INTRO
JUST LIKE PARADISE 2015/RHYTHM RED BEAT BLACK/CHILDREN OF THE NEW CENTURY 2015
HERE, THERE & EVERYWHERE/SCREEN OF LIFE/Birth
CAROL 2015 I
A DAY IN THE GIRL'S LIFE/CAROL (CAROL'S THEME I)/GIA CORM FILLIPPO DIA
CAROL 2015 II/IN THE FOREST/CAROL (CAROL'S THEME II)/JUST ONE VICTORY
INTERMISSION
月はピアノに誘われて/あの夏を忘れない/TETSUYA KOMURO SOLO -30th FINAL-/GET WILD 2015
WE LOVE THE EARTH/BE TOGETHER/I am/FOOL ON THE PLANET/ELECTRIC PROPHET
OUTRO

2016.12.01
[PR]
by mura-bito | 2016-12-01 22:09 | Music | Comments(0)
<< [PART1] Gachari... [PART2] Eir Aoi... >>

fujiokashinya (mura-bito)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新の記事
LINKIN PARK LI..
at 2017-12-13 21:57
[PART3] TM NET..
at 2017-12-07 21:02
[PART2] TM NET..
at 2017-12-06 21:31
[PART1] TM NET..
at 2017-12-05 21:51
[PART2] 吉田修一『東..
at 2017-11-30 21:24
[PART1] 吉田修一『東..
at 2017-11-27 21:57
ORESAMA「Waitin..
at 2017-11-22 22:39
以前の記事
記事ランキング
カテゴリ
タグ
ライフログ
TM NETWORK

























TETSUYA KOMURO




quasimode


Linkin Park


Paramore

Immigrant'sBossaBand

Ryu Miho

AVICII


Krewella

Zedd

藍井エイル






Gacharic Spin


梨木香歩

村上春樹



京極夏彦



Book





Comic







Music



ブログジャンル