inthecube
音楽と物語に関する文章を書いています。
ワイルドじゃなくてもいいからタフになりたい
Note my experiences with impressive music/story.
ブログトップ
[PART2] Gacharic Spin – 確実変動 -KAKUHEN-
確実変動 -KAKUHEN-

確実変動 -KAKUHEN-

Gacharic Spin


Gacharic Spinの『確実変動 -KAKUHEN-』はジェット・コースターのように駆け抜けていくアルバムです。一曲一曲に勢いがありつつ、それぞれが屹立して魅力を放ちます。ジャンルで括れば「ロック」ですが、そのひと言で語るにはあまりにも個性的な、そして多面的な曲ばかりが詰まった作品です。

最後のピース」は、ギターに乗せて歌がゆっくりと始まり、やがてリズムやピアノも加わりますが、どこか霧がかかったように薄くて、放心しているような響きを感じます。しかし、あるポイントを過ぎると一気にバンド・サウンドが弾けます。別れを綴った歌詞が、力強いビートに乗って羽ばたきます。たったひとつが欠けているだけで生まれた大きな喪失感。ぽっかりと穴が開いた心を、ひとつだけ埋まらないジグソーパズルに重ねます。

バラード調で切々と歌う「白がこの街と僕を染める」では、技巧的なギターのフレーズが雰囲気をつくり、それをベースが支え、イメージを膨らませる手伝いをしてくれます。タイトルや歌詞が台本だとすれば、表現力に満ちた演奏はカメラのようなものであり、物語を立体的にしてくれますね。雪空の夜を歩くイメージが浮かびます。ホワイト・クリスマスのように人々が往来する楽しげな風景よりは、人通りの少ない街角で、しんしんと雪の降る様子をぼんやり眺める静かな場面。切なく歌うように響くベースがイマジネーションを刺激します。味わい深く、溶けるように、じわりと境界線を滲ませる音に釘付けになります。

リスキーリスキー」はKrewella(クルーウェラ:アメリカのEDMデュオ)を思わせる、ロックの要素を含むEDMトラックです。「エネルギーを蓄積して一気に放出する」というEDMらしい展開を見せます。バンドの演奏にソフト・シンセの音をトッピングするというよりは、EDM系の音の方が目立ち、バンドの音がアクセントとして響くアレンジです。Gacharic Spinが本格的にEDMをやろうとしているとは思いませんが、まい&ねんねのパフォーマンスは、EDMでのアジテーションと親和性が高いんじゃないかなとは思います。



Gacharic Spin – 確実変動 -KAKUHEN- (Trailer)

最後の曲「アルブスの少女」(これまたすごい曲名だ)が短距離走のように勢いよく終わると、トラック・ナンバーがひとつ、またひとつと積み重なっていきます。堆積する無音、無音、また無音。ジョン・ケージのような無音の世界が果てなく続きます。何かの不具合なのかと思って訝っていると、突如として鳴り響くスネアの音に驚きます。降り積もった静寂を「77番目の曲」が破ります。

音で描くGacharic Spinの世界。ドラムで始まった後は、ギターとベースとキーボードも加わり、鮮やかなインストゥルメンタルが演奏されます。テクニカルに、そしてメロディアスに舞うギター・ソロは、1970年代的ロックを彷彿とさせます。シンセサイザーの音もどこかアナログ感が漂います。ミュージシャンたちが繰り広げるジャム・セッションは、アンサンブルを織り上げたり、個々の音を屹立させたりしながら、流れるように形を変えていきます。

Track 13から76までを無音にして、Track 77にインストゥルメンタルを収録しています。結成7周年ということでアルバムのジャケットやロゴも「7」をモチーフにしていますが、さらに重ねて、アルバムを締める曲を「77」番目に持ってくるというオチ。ボーナス・トラックのような扱いなのでしょうが、タイトルを付けて本編に組み込んでもらいたいと思うほど、素晴らしい演奏です。とても格好良くて、クールなエンディングを見せてくれます。こうした仕掛け(そしてそれは実に音楽的)もまた、アルバムを貫く「ガチャガチャ感」のひとつですね。
2016.11.09

[PR]
by mura-bito | 2016-11-09 21:38 | Music | Comments(0)
<< イシコ – YONAKA 1 [PART1] Gachari... >>

fujiokashinya (mura-bito)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
Sarah Àlainn –..
at 2017-10-19 21:12
コアラモード. – 雨のち晴..
at 2017-10-17 21:53
[PART2] TM NET..
at 2017-10-11 21:45
[PART1] TM NET..
at 2017-10-10 21:40
GET WILD Takky..
at 2017-10-03 21:21
Carly Rae Jeps..
at 2017-09-25 21:21
LINKIN PARK – ..
at 2017-09-21 21:48
以前の記事
記事ランキング
カテゴリ
タグ
ライフログ
TM NETWORK

























TETSUYA KOMURO




quasimode


Linkin Park


Paramore

Immigrant'sBossaBand

Ryu Miho

AVICII


Krewella

Zedd

藍井エイル






Gacharic Spin


梨木香歩

村上春樹



京極夏彦



Book





Comic







Music



ブログジャンル