inthecube
音楽と物語に関する文章を書いています。
ワイルドじゃなくてもいいからタフになりたい
Note my experiences with impressive music/story.
ブログトップ
30th FINAL 18: GET WILD 2015
TM NETWORK 30th FINAL

TM NETWORK 30th FINAL

TM NETWORK


小室さんが繰り広げたシンセサイザー・パフォーマンスの流れを継ぎ、「GET WILD 2015」と題した最新型の「GET WILD」がスタートします。長尺のイントロとアウトロを、オリジナルのイントロの前とアウトロの後につなげています。ソロのパフォーマンスで使った音を含みながら、スピード感あふれる音が駆け抜けていきます。小室さんはEDMの影響を色濃く反映したフレーズを呼び出し、木根さんがアコースティック・ギターを激しくかき鳴らします。ステージ上で火球が噴き上がります。明るい炎の固まりがいくつも、いくつも噴き上がり、クールなエレクトロニック・サウンドを熱く彩ります。

一瞬の休符を挟み、新たに組み込まれたアウトロが鳴り響きます。むしろ別のインストゥルメンタルをつなげたと言う方が適切なのですが、それまでの盛り上がりがあるからこそこの新しいアウトロも活きる。ソフト・シンセで作られたフレーズはEDMのエッセンスを取り込んでいます。テクノやハウスが無機質と言われるならば、EDMはその反対に位置します。意外と人間らしさが滲み、キャッチーで観客にダイレクトに突き刺さります。他のダンス・ミュージックと同じループ・サウンドでも、観客をアジテートして踊らせる成分を持っているのがEDMです。

TM NETWORKサウンドの進化の痕跡は「GET WILD」にあり。「TM NETWORK 30th FINAL」の会場では、「GET WILD 2015 -HUGE DATA-」と題して新たにレコーディングされた音源が発売されました(後に音楽配信サイトでも販売)。この音源には、2015年2月の「TM NETWORK 30th 1984~ QUIT30 HUGE DATA」までのライブを経て、それぞれの時点で実験的に盛り込まれた要素が盛り込まれました。イントロやアウトロに追加されたEDM的なフレーズ、Bメロのリズムの変化などがひとつの曲に収められています。そして「TM NETWORK 30th FINAL」では、この音源に音を重ねて披露しました。変わり続けてきた「GET WILD」の最終形態が眼前に広がります。

「GET WILD」の歴史は1987年に始まり、さまざまなリミックスやライブ・アレンジを経て、EDMというフィールドにたどり着きました。2015年のサウンドは、TM NETWORKにおけるEDMスタイルの総仕上げとも言うべきものです。もともと「GET WILD」は当時の先端的ジャンルであるユーロビートを意識していたとされます。その後はロックやテクノ、トランスの要素を取り込んで姿を変えてきました。僕はそれを「改造」と呼んでいます。音楽的テクノロジーの進化とともに変わり続けてきた「GET WILD」には、やはり改造という言葉が似合う。

経年劣化による補修ではなく、新たなパーツを組み込んで、新たな性能を得るための改造。EDMへのシフトチェンジは、新しいiOSのリリースに例えられます。それもただのアップデートではなく、それまでのテクノロジーでは実現不可能だった、アップグレードしたiOSで実装された機能(例えばSiri)のようなものです。もちろん、ドラスティックなアップグレードに対応できないファンもいます。それでもやはり、AppleファンがAppleファンであり続けるように、どのような「GET WILD」が披露されてもコアの部分が同じであれば、ファンは離れることはありません。「GET WILD」はTM NETWORKとファンをつなぐ、最も強いパイプです。イントロの3音が鳴れば、すべてのファンのスイッチがオンになる。変わり続けてきた曲であると同時に、TM NETWORKの変わらない部分、守り続けてきた核が埋め込まれた曲です。

INTRO
JUST LIKE PARADISE 2015/RHYTHM RED BEAT BLACK/CHILDREN OF THE NEW CENTURY 2015
HERE, THERE & EVERYWHERE/SCREEN OF LIFE/Birth
CAROL 2015 I
A DAY IN THE GIRL'S LIFE/CAROL (CAROL'S THEME I)/GIA CORM FILLIPPO DIA
CAROL 2015 II/IN THE FOREST/CAROL (CAROL'S THEME II)/JUST ONE VICTORY
INTERMISSION
月はピアノに誘われて/あの夏を忘れない/TETSUYA KOMURO SOLO -30th FINAL-/GET WILD 2015
WE LOVE THE EARTH/BE TOGETHER/I am/FOOL ON THE PLANET/ELECTRIC PROPHET
OUTRO

2016.10.25
[PR]
by mura-bito | 2016-10-25 21:25 | Music | Comments(0)
<< 藍井エイル – レイニーデイ Gacharic Spin –... >>

fujiokashinya (mura-bito)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の記事
LINKIN PARK – ..
at 2017-09-21 21:48
TM NETWORK – G..
at 2017-09-19 21:53
高野 雀 – あたらしいひふ..
at 2017-09-12 21:37
PANDORA – Be T..
at 2017-09-10 21:32
Gacharic Spin ..
at 2017-09-06 22:49
Dimitri Vegas ..
at 2017-09-03 21:27
山田 怜 – 鳴沢くんはおい..
at 2017-08-29 22:22
以前の記事
記事ランキング
カテゴリ
タグ
ライフログ
TM NETWORK

























TETSUYA KOMURO




quasimode


Linkin Park


Paramore

Immigrant'sBossaBand

Ryu Miho

AVICII


Krewella

Zedd

藍井エイル






Gacharic Spin


梨木香歩

村上春樹



京極夏彦



Book





Comic







Music



ブログジャンル