inthecube
音楽と物語に関する文章を書いています。
ワイルドじゃなくてもいいからタフになりたい
Want to become tough, not need to get wild.
ブログトップ
Gacharic Spin – 赤裸ライアー
赤裸ライアー

赤裸ライアー

Gacharic Spin


骨太なサウンドでタフなロックを聞かせてくれるバンド、Gacharic Spin(ガチャリック・スピン)。ドラム&ボーカル、ベース&コーラス、ギター&コーラス、キーボード&ボーカル、そして2人のパフォーマーから構成されるバンドです。またひとつ、素晴らしい音楽に出会いました。

9月にアルバム『確実変動 -KAKUHEN-』をリリースした後、tvkの『saku saku』に出演し、強烈なインパクトを残しました(毎日何かしら驚かされる)。YouTubeでアルバムのトレーラーを再生してみると、聞き覚えのあるメロディに出会いました。メガシャキのCMソング「シャキシャキして!!」です。目の前の空気を震わせる音と、記憶に残っていた音がつながります。Apple Musicにアクセスして、バンドがリリースしてきた音源を遡る旅が始まります。まずは「赤裸ライアー」から、その旅を始めましょう。



Gacharic Spin – 赤裸ライアー

Gacharic Spinの「赤裸ライアー」は、メジャー・デビューして最初にリリースしたシングルであり、2015年のアルバム『MUSIC BATTLER』に収録されています。ドラムとベースとギターとキーボードで構築するサウンドは分厚くて、力強くて、時として荒々しい。挨拶代わりのベースソロで始まり、他の楽器が重なって密度の高いハード・ロック・サウンドが築かれていきます。イントロからわくわくさせてくれる、この高揚感は魅力的な音楽であることの証です。

どのパートも存在感を放っていて印象深いのですが、あえてピックアップするならギターですね。爆音で鳴らせば激しくパワフルに響き、熱くて厚い音を聞かせてくれます。一方、テクニカルに刻むリフからは、サウンドを膨らませるインテリジェンスも感じます。ツーバスやソフト・シンセとの絡みも良い。ドラムもベースもキーボードも濃密な音を出しているので、もっと多くの曲を聴いて、いろいろなパターンを聴いていこうと思います。聴けば聴くほど広がる世界。震えます。

2016.10.04
[PR]
by mura-bito | 2016-10-04 21:51 | Music | Comments(0)
<< カーソン・マッカラーズ – 結... Zedd – Ignite >>

fujiokashinya (mura-bito)
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新の記事
[PART2] LINKIN..
at 2017-07-30 08:25
[PART1] LINKIN..
at 2017-07-29 09:39
ORESAMA「Trip T..
at 2017-07-26 22:10
Zedd & Liam Pa..
at 2017-07-20 21:58
藍井エイル「シリウス」:一等..
at 2017-06-04 21:19
[PART4] Sound ..
at 2017-05-31 21:53
[PART3] Sound ..
at 2017-05-29 22:13
以前の記事
記事ランキング
カテゴリ
タグ
ライフログ
TM NETWORK

























TETSUYA KOMURO




quasimode


Linkin Park


Paramore

Immigrant'sBossaBand

Ryu Miho

AVICII


Krewella

Zedd

藍井エイル






Gacharic Spin


梨木香歩

村上春樹



京極夏彦



Book





Comic






Music


ブログジャンル