inthecube
音楽と物語に関する文章を書いています。
ワイルドじゃなくてもいいからタフになりたい
Want to become tough, not need to get wild.
ブログトップ
[PART1] MISIA – LOVE BEBOP
LOVE BEBOP

LOVE BEBOP

MISIA


コマーシャルで流れていた「Butterfly Butterfly」が耳に残り(1回聴いただけで)、2016年の1月にリリースされた『LOVE BEBOP』というアルバムをApple Musicで聴きました。アルバム・タイトルからするとビバップへのアプローチなのかと思いきや、EDMの要素も、アコースティック・ギターを主体にしたバラードも収められており、実に幅広いスタイルが見られるアルバムです。

個人的に印象に残った要素は、EDMとファンク。ファンクやジャズとMISIAの歌声の相性がいいことはイメージできますが、EDMという2010年代的エレクトロニック・サウンドとのコラボレーションは意外でした。シンセサイザーを入れる、リズムを四つ打ちにするというレベルではなくて、EDMの要素をたくさん取り込んでいます。EDMとポップス(あるいはロックやR&B)とのミックスが日本でも一般化してきた証と言えるかもしれません。



MISIA – LOVE BEBOP (Trailer)

表題曲の「LOVE BEBOP」と「FREEDOM」の音づくりにEDMの色が出ていて、彼女のタフな歌声とマッチしています。アルバムに収録されている「白い季節」や「花」といったミディアム・テンポの曲でも存分にそのタフさを味わえますが、こうしてエレクトロと組み合わさるとまた別の角度から歌声の強さに触れることができますね。MISIAの声は、マテリアルとして加工されて組み込まれているのではなく、EDMサウンドを率いるような存在感を放ちます。

ソフト・シンセの音が生み出す「LOVE BEBOP」の重厚感には圧倒されますね。EDM的なワブル・ベースが咆哮して、地を這って迫ってきて、聴き手を引きずり込みます。踊れ踊れ。いわゆるジャズのビバップ的なアレンジではなく、むしろ正反対の位置に位置するEDMで構築されているので、詳しい人ほど驚くネーミングかなと思います。しかもアルバムのタイトルにしていますからね。ビバップという言葉を冠したのは、アクティブな音楽性に共通項を見出し、オマージュしていることの表現なのかもしれません。

FREEDOM」は疾走系四つ打ちダンス・ミュージックです。テクノやトランスの雰囲気を今の音で構築した、という感じでしょうか。ひと口にEDMと言っても、そのアプローチにはバリエーションがあります。サビでのシンセサイザーのリフ(どんどん音が上がっていく。そして2種類のパターンがある)が、EDMの裾野を広げたAVICIIやZeddを彷彿とさせます。キャッチーなメロディで観客を一気にヒートアップさせるフレーズですね。この印象的なフレーズに乗せて、鮮やかに波に乗るクールなサーファーのように、MISIAのボーカルが舞い上がります。

[PART2] MISIA – LOVE BEBOP

2016.09.27
[PR]
by mura-bito | 2016-09-27 22:13 | Music | Comments(0)
<< [PART2] MISIA –... 30th FINAL 16: ... >>

fujiokashinya (mura-bito)
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新の記事
[PART2] LINKIN..
at 2017-07-30 08:25
[PART1] LINKIN..
at 2017-07-29 09:39
ORESAMA「Trip T..
at 2017-07-26 22:10
Zedd & Liam Pa..
at 2017-07-20 21:58
藍井エイル「シリウス」:一等..
at 2017-06-04 21:19
[PART4] Sound ..
at 2017-05-31 21:53
[PART3] Sound ..
at 2017-05-29 22:13
以前の記事
記事ランキング
カテゴリ
タグ
ライフログ
TM NETWORK

























TETSUYA KOMURO




quasimode


Linkin Park


Paramore

Immigrant'sBossaBand

Ryu Miho

AVICII


Krewella

Zedd

藍井エイル






Gacharic Spin


梨木香歩

村上春樹



京極夏彦



Book





Comic






Music


ブログジャンル