inthecube
音楽と物語に関する文章を書いています。
ワイルドじゃなくてもいいからタフになりたい
Want to become tough, not need to get wild.
ブログトップ
30th FINAL 15: 月はピアノに誘われて
TM NETWORK 30th FINAL

TM NETWORK 30th FINAL

TM NETWORK


目の前に月が姿を現します。青白く浮かぶ月を彩るのは、木根さんの歌声です。

幕間に響いていた音のループが消え、ステージに光が戻ります。木根さんは、裏地がカラフルにデザインされたジャケットを脱ぐと、YAMAHAのキーボードに向かいます。葛Gがアコースティック・ギターを爪弾き、ひとしきり音を会場に馴染ませると、木根さんが鍵盤を押さえ、「月はピアノに誘われて」を弾き始めます。葛Gに加え、Ruyのエレクトロニック・パーカッションが木根さんを支えます。ステージが青く染まると、哀愁漂うラブソングが会場の隅々にまで浸透して、心地好い時間が流れます。

***

「月はピアノに誘われて」は、1991年のアルバム『EXPO』に収録されています。TM NETWORKにおいて、木根さんがリード・ボーカルをとった曲は2曲ありますが、そのひとつですね。木根さんらしい、優しいメロディの流れが印象的なバラードです。もうひとつの「LOOKING AT YOU」は、「TM NETWORK 30th 1984~ QUIT30 HUGE DATA」で披露されました。

この曲は『EXPO』のテーマを体現した曲でもあります。『EXPO』は「月とピアノ」をテーマにしており、各曲をパビリオンに見立て、多種多様な要素が一堂に会して交流する博覧会を表現しました。数々のパビリオンは、ピアノの形をした宇宙船の中に広がります。宇宙を漂うピアノ。その窓からは月が、そして地球が見えます。「地球を俯瞰する」という、TM NETWORKの暗黙のテーマも埋め込まれました。

***

「月はピアノに誘われて」で歌われる情景は、幻想的な要素よりは、もっと現実的な空気を感じます。宇宙から地球の一点にぐっとズームして、地上で一瞬一瞬をもがくように生きる人間たちにフォーカスします。それは月の視点です。ピアノの音に誘われて、月が地球に視線を送ります。僕らが夜空を見上げて月の美しさに見とれているとき、月もまた地球のどこかを見ているのかもしれません。

人間が交わすささやかなラブストーリーを、月の光が照らします。真っ暗な中では互いの顔も見えません。それらを照らす光は、月からの贈り物です。ピアノに誘われた月は、柔らかな光を投げかけながら、地球で生きる人々の姿を眺めています。

***

木根さんの歌い方には、優しさが感じられます。木根さんが書いたメロディをウツが歌うときはまた異なる雰囲気が生まれます。フォークが好きな木根さんらしいと言うべきか、TM NETWORKの中では、最も人間らしいというか、体温を感じさせます。小室さんの歌い方は独特と言うには独特すぎるものがありますが、それに比べれば木根さんはストレートです。

たっぷりと円かった月は、気付けば大きく欠け、三日月に変わっています。もうすぐ消えて見えなくなってしまうのか。あるいは「新月」と考えれば、それは終わりではなく始まりです。月はただ満ちては欠け、欠けては再び満ちます。そこに意味を持たせているのは、地上から見上げる人間です。

INTRO
JUST LIKE PARADISE 2015/RHYTHM RED BEAT BLACK/CHILDREN OF THE NEW CENTURY 2015
HERE, THERE & EVERYWHERE/SCREEN OF LIFE/Birth
CAROL 2015 I
A DAY IN THE GIRL'S LIFE/CAROL (CAROL'S THEME I)/GIA CORM FILLIPPO DIA
CAROL 2015 II/IN THE FOREST/CAROL (CAROL'S THEME II)/JUST ONE VICTORY
INTERMISSION
月はピアノに誘われて/あの夏を忘れない/TETSUYA KOMURO SOLO -30th FINAL-/GET WILD 2015
WE LOVE THE EARTH/BE TOGETHER/I am/FOOL ON THE PLANET/ELECTRIC PROPHET
OUTRO

2016.08.29
[PR]
by mura-bito | 2016-08-29 22:07 | Music | Comments(0)
<< 30th FINAL 16: ... 真崎福太郎 – 文豪アクト 1 >>

fujiokashinya (mura-bito)
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新の記事
[PART2] LINKIN..
at 2017-07-30 08:25
[PART1] LINKIN..
at 2017-07-29 09:39
ORESAMA「Trip T..
at 2017-07-26 22:10
Zedd & Liam Pa..
at 2017-07-20 21:58
藍井エイル「シリウス」:一等..
at 2017-06-04 21:19
[PART4] Sound ..
at 2017-05-31 21:53
[PART3] Sound ..
at 2017-05-29 22:13
以前の記事
記事ランキング
カテゴリ
タグ
ライフログ
TM NETWORK

























TETSUYA KOMURO




quasimode


Linkin Park


Paramore

Immigrant'sBossaBand

Ryu Miho

AVICII


Krewella

Zedd

藍井エイル






Gacharic Spin


梨木香歩

村上春樹



京極夏彦



Book





Comic






Music


ブログジャンル