inthecube
音楽と物語に関する文章を書いています。
ワイルドじゃなくてもいいからタフになりたい
Want to become tough, not need to get wild.
ブログトップ
30th FINAL 14: JUST ONE VICTORY
TM NETWORK 30th FINAL

TM NETWORK 30th FINAL

TM NETWORK


「CAROL 2015 I」と題したインストゥルメンタルから始まった「CAROL」は、スネアの音を合図に始まる「JUST ONE VICTORY」で幕を閉じます。この曲は物語のエピローグのようなポジションにあります。音を盗む魔物と戦い、勝利したキャロルを祝福する歌です。映画であればスクリーンにエンド・ロールが流れるかもしれません。

これまで物語をガイドしてきた2015年のキャロルは、「JUST ONE VICTORY」で最後のミッションを遂行します。バンドが曲を演奏する中で、キャロルはウツと木根さんに最後の言葉を贈り、そして観客には何かしらを示唆するメッセージを送ります。そしてキャロルの役割が終わります。

***

TM NETWORKにとって「CAROL」の価値はとても大きく、1984年のデビュー以来、音楽に物語を組み込んでステージや映像で表現してきたTM NETWORKの、最初の五年間の集大成と言える作品です。この作品を「視点」という切り口で見てみると、1988~1989年の「CAROL」と2015年の「CAROL」には違いがあります。かつての「CAROL」では、物語の語り手と受け手が明確に分けられた、オーソドックスな関係性が保たれていました。

対して、2015年の「CAROL」はどうでしょうか。2012年から始まったTM NETWORKストーリーは「観客を物語に巻き込む」スタイルでしたが、その最終章に「CAROL」が組み込まれます。その結果、「CAROL」においても観客が物語の一部に組み込まれ、物語を構成する要素のひとつとして役割を与えられます。物語と読者は分かちがたく存在します。2015年の「キャロル」と向き合う僕らは、もはや観客ではなく、物語を描く共著者です。

***

「JUST ONE VICTORY」のオリジナルは、1988年のアルバム『CAROL -A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991-』に収録されていますが、翌年、リミックス(というより音のバランスを調整したもの)がシングルとしてリリースされ、ミュージック・ビデオも制作されました。1993年には、シングルの音を厚くして、フェイドアウトさせずに最後まで収録したバージョンがリミックス・アルバム『TMN CLASSIX 2』に収録されました。このバージョンはベースとスネアの音が濃厚で、一連のミックスの中で最もロックの熱を感じさせます。

この曲は2012年、2013年のライブで演奏されました。続く2014年には、『DRESS2』というアルバムに、ボーカルも含めてすべての音を新たに録音したものが収録され、リリース直後に始まったツアーでも披露されました。この3年間の活動の中でも多く演奏された曲のひとつです。最後にウツが高らかに歌う ♪Just one victory tonight♪ に合わせて、ウツも含めてみんなで天に向けて人差し指を突き上げます。「CAROL」が積み上げてきた時間やエネルギーが集まるかのように、充実した音がアウトロに満ちます。

***

鐘の音が聞こえます。キャロルが取り戻したビッグ・ベンの音でしょうか。多くの人にとっては、それはここで耳にする音に留まらず、記憶の中で鳴っている音だったのかもしれません。1988年に生まれ、多くの観客の前で披露された物語、その中で鳴っていた音が、氷が融けるように眠りから覚め、響き始める。

その音が消えるとともに、2015年のステージによみがえった「CAROL」もまた再び眠りにつきます。それはいくつかのことを示唆しますが、決して明確な言葉として浮かび上がりはしません。世の中には言葉にすべきではない物事が多々あります。鐘の音が消えていく中で、観客の大部分が同じことを考えていたような気がします。

INTRO
JUST LIKE PARADISE 2015/RHYTHM RED BEAT BLACK/CHILDREN OF THE NEW CENTURY 2015
HERE, THERE & EVERYWHERE/SCREEN OF LIFE/Birth
CAROL 2015 I
A DAY IN THE GIRL'S LIFE/CAROL (CAROL'S THEME I)/GIA CORM FILLIPPO DIA
CAROL 2015 II/IN THE FOREST/CAROL (CAROL'S THEME II)/JUST ONE VICTORY
INTERMISSION
月はピアノに誘われて/あの夏を忘れない/TETSUYA KOMURO SOLO -30th FINAL-/GET WILD 2015
WE LOVE THE EARTH/BE TOGETHER/I am/FOOL ON THE PLANET/ELECTRIC PROPHET
OUTRO

2016.07.28
[PR]
by mura-bito | 2016-07-28 21:26 | Music | Comments(0)
<< TM NETWORK 30th... SKY-HI – ナナイロホリ... >>

fujiokashinya (mura-bito)
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新の記事
[PART2] LINKIN..
at 2017-07-30 08:25
[PART1] LINKIN..
at 2017-07-29 09:39
ORESAMA「Trip T..
at 2017-07-26 22:10
Zedd & Liam Pa..
at 2017-07-20 21:58
藍井エイル「シリウス」:一等..
at 2017-06-04 21:19
[PART4] Sound ..
at 2017-05-31 21:53
[PART3] Sound ..
at 2017-05-29 22:13
以前の記事
記事ランキング
カテゴリ
タグ
ライフログ
TM NETWORK

























TETSUYA KOMURO




quasimode


Linkin Park


Paramore

Immigrant'sBossaBand

Ryu Miho

AVICII


Krewella

Zedd

藍井エイル






Gacharic Spin


梨木香歩

村上春樹



京極夏彦



Book





Comic






Music


ブログジャンル