inthecube
音楽と物語に関する文章を書いています。
ワイルドじゃなくてもいいからタフになりたい
Want to become tough, not need to get wild.
ブログトップ
30th FINAL 11: CAROL 2015 II
TM NETWORK 30th FINAL

TM NETWORK 30th FINAL

TM NETWORK


気づけば、魔物たちが狂喜乱舞するカーニバルは目の前から消えています。物語は別の物語に切り換わり、新たな音を紡ぎます。小室さんはソフト・シンセの音を切り替え、ピアノの音でゆっくりと柔らかなメロディを奏でます。

やがて、メロディは滑らかに姿を変えていきます。じっと耳を澄ませます。欠片を拾い集め、つなぎ合わせてみると、とそれは「GIA CORM FILLIPPO DIA」であることに気づきます。先刻まで狂気のカーニバルを表現していた旋律は、打って変わって、静謐な雰囲気を醸します。

***

スクリーンには、少女の姿をした「キャロル」が映し出されます。物語の中で躍動した、ワンピース姿の少女。その笑顔は、やがて時を刻みます。彼女は潜伏者として、かつて自らに与えられたミッションを語ります。物語の主人公を演じ、その世界を動きと表情で表現したキャロル。ひとつひとつの言葉が、観客の記憶を刺激します。その記憶は、こうして二十数年後の時を経て再び色が塗られ、カラフルな映像となってよみがえります。

「キャロル」の言葉を合図にして、観客は再び物語の中に取り込まれていきます。目の前には鬱蒼とした森が広がり、その中を歩き、駆け、そして得体の知れない声を聞きます。先の見えない闇の中で、歩を進めるキャロルの視点と感情が観客に移植されます。

INTRO
JUST LIKE PARADISE 2015/RHYTHM RED BEAT BLACK/CHILDREN OF THE NEW CENTURY 2015
HERE, THERE & EVERYWHERE/SCREEN OF LIFE/Birth
CAROL 2015 I
A DAY IN THE GIRL'S LIFE/CAROL (CAROL'S THEME I)/GIA CORM FILLIPPO DIA
CAROL 2015 II/IN THE FOREST/CAROL (CAROL'S THEME II)/JUST ONE VICTORY
INTERMISSION
月はピアノに誘われて/あの夏を忘れない/TETSUYA KOMURO SOLO -30th FINAL-/GET WILD 2015
WE LOVE THE EARTH/BE TOGETHER/I am/FOOL ON THE PLANET/ELECTRIC PROPHET
OUTRO

2016.06.12
[PR]
by mura-bito | 2016-06-12 08:59 | Music | Comments(0)
<< にがくてあまい 映画版 特報 ドコノコ >>

fujiokashinya (mura-bito)
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新の記事
[PART2] LINKIN..
at 2017-07-30 08:25
[PART1] LINKIN..
at 2017-07-29 09:39
ORESAMA「Trip T..
at 2017-07-26 22:10
Zedd & Liam Pa..
at 2017-07-20 21:58
藍井エイル「シリウス」:一等..
at 2017-06-04 21:19
[PART4] Sound ..
at 2017-05-31 21:53
[PART3] Sound ..
at 2017-05-29 22:13
以前の記事
記事ランキング
カテゴリ
タグ
ライフログ
TM NETWORK

























TETSUYA KOMURO




quasimode


Linkin Park


Paramore

Immigrant'sBossaBand

Ryu Miho

AVICII


Krewella

Zedd

藍井エイル






Gacharic Spin


梨木香歩

村上春樹



京極夏彦



Book





Comic






Music


ブログジャンル