inthecube
音楽と物語に関する文章を書いています。
ワイルドじゃなくてもいいからタフになりたい
Note my experiences with impressive music and story.
ブログトップ
INNOVATION WORLD FESTA 2016
b0078188_22534100.jpg
Photo by @TK_staff

僕の出身校である筑波大学で小室さんがパフォーマンスを披露すると聞いたので、つくばエクスプレスに乗り、久しぶりにつくばの地を踏みました。6年前に友人に誘われて市内を自転車で回るイベントに参加したことがありますが、本格的に大学の中を歩いたのは、修士号を取得してから初めてなので、ちょうど10年ぶりです。あちこち懐かしの場所を巡り、思い出話に花を咲かせつつ、当初の目的であるイベント「INNOVATION WORLD FESTA 2016」に参加します。

テーマは「テクノロジーと音楽の祭典」。テクノロジーで新しい価値を生み出そうとするベンチャー企業がプレゼンテーションしたり、テクノロジーとコラボレーションする音楽を紹介したりしたイベントです。つくばは「研究学園都市」と銘打つ土地であり、新たな産業につながる研究が盛んに行なわれています。筑波大学は総合大学なので、基礎研究も応用研究も、そしてベンチャービジネスもごった煮で同居する場所です。

筑波大学で行なわれていた「起業家養成講座」なるものをきっかけにこのイベントが生まれたそうです。さまざまな分野で活躍する人々を集めたこのイベントは、さまざまな研究分野が混在する大学・都市に相応しい気がします。(いい意味で)節操の無さがイベントにも表われていたと思います。みんながみんな「新しいこと」に躍起になる必要もないとは思いますが、「新しいこと」が好きな人の足を引っ張る必要も、もちろんないわけですね。それぞれにやりたいことをやればいい。

イベントはベンチャー企業の展示やトーク・セッション、そしてミュージシャンのライブで構成されていました。藍井エイルのパフォーマンスを初めて観ましたが、僕が知っているバンドで言うなら、Paramoreのような感じがしました。ハイ・トーンのボーカルでパワフルに駆け抜ける。「ラピスラズリ」(昨年放送されたアニメ『アルスラーン戦記』のエンディング・テーマ)が良かったですね。

b0078188_2253853.jpg
Photo by @TK_staff

「INNOVATION WORLD FESTA 2016」の最後を飾ったのが、小室さんのDJ/シンセサイザー・パフォーマンスです。「テクノロジーと音楽」という言葉がこれだけ似合う人もそうはいないのではないでしょうか。シンセサイザーという存在は、生まれた瞬間からテクノロジーの申し子ですよね。そしてソフト・シンセの隆盛もまたエポック・メイキングな出来事でしたし、今や街を歩いてもテレビを点けてもソフト・シンセの音で作られた音楽が流れます。積極的にテクノロジーを肯定してきた小室さんが、そのテクノロジーを駆使して、現在進行形の音を披露します。

パフォーマンスはglobeの「MUSIC TAKES ME HIGHER」から始まり、同じく「Love again」や「Feel Like dance」、trfの「EZ DO DANCE」が会場を沸かせます。ソロの曲からは、VERBAL(このイベントのプロデューサーのひとり)のラップをフィーチャーした「YEARS LATER」、最新リリースのインストゥルメンタル「a new lease on life」* を披露しました。そして、TM NETWORKの「GET WILD」は、「白A」という映像とダンス・パフォーマンスをミックスさせた集団とのコラボレーションで届けられました。

重くて分厚いキックの音を強調するサウンドです。曲によって、ずしりと響いたり鋭く突き刺さったりと、キックひとつをとっても印象はカラフルに変わりますが、いずれにしても身体にダイレクトに届いて熱くさせます。これだけ激しい嵐のようなリズムを浴びたのは、もう一年以上も前ですね。忘れかけていた感覚が戻ってきます。こういう重厚な音を体験したいから、会場に足を運ぶのだと、改めて思います。

リリースされたばかりということもあり、とりわけ「a new lease on life」が印象に残りましたね。サッカーをテーマにして制作された曲ですが、よく知られているように筑波大学もスポーツが盛んなので、期せずしてフィットした選曲かなと思います。ヘビーなリズムと刺激的なシンセサイザーの音が、力強くプレーする選手の姿に重なります。それはまた、テーマの一部であるテクノロジーにも通じます。現在進行形のシンセサイザー・ミュージックは、テクノロジーで新たな世界を生み出そうとしている人々へのエールとも言えますね。シンセサイザーから生まれる新しい音楽に、期待は尽きません。

* inthecube: Tetsuya Komuro – a new lease on life

2016.05.15
[PR]
by mura-bito | 2016-05-15 22:53 | Music | Comments(0)
<< ソフト・シンセの中に冨田勲の偉... Tetsuya Komuro ... >>

fujiokashinya (mura-bito)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新の記事
LINKIN PARK LI..
at 2017-12-13 21:57
[PART3] TM NET..
at 2017-12-07 21:02
[PART2] TM NET..
at 2017-12-06 21:31
[PART1] TM NET..
at 2017-12-05 21:51
[PART2] 吉田修一『東..
at 2017-11-30 21:24
[PART1] 吉田修一『東..
at 2017-11-27 21:57
ORESAMA「Waitin..
at 2017-11-22 22:39
以前の記事
記事ランキング
カテゴリ
タグ
ライフログ
TM NETWORK

























TETSUYA KOMURO




quasimode


Linkin Park


Paramore

Immigrant'sBossaBand

Ryu Miho

AVICII


Krewella

Zedd

藍井エイル






Gacharic Spin


梨木香歩

村上春樹



京極夏彦



Book





Comic







Music



ブログジャンル