inthecube
音楽と物語に関する文章を書いています。
ワイルドじゃなくてもいいからタフになりたい
Want to become tough, not need to get wild.
ブログトップ
30th FINAL 06: Birth (from the QUIT30 suite)
TM NETWORK 30th FINAL

TM NETWORK 30th FINAL

TM NETWORK


「SCREEN OF LIFE」のアウトロが余韻を残して少しずつ消える中、ウツはマイク・スタンドから離れ、踵を返します。ステージの奥に設置されたスクリーンに向かってゆっくりと歩き、そして光に包まれながら、大きなスクリーンの中に吸い込まれるように姿を消します。

***

ハイハットが細かく刻まれ、ソフト・シンセで鳴らすピアノの音が「Birth」のテーマ・メロディを奏でます。「Birth」は組曲「QUIT30」の幕を開けるパートです。2015年2月のコンサート「TM NETWORK 30th 1984~ QUIT30 HUGE DATA」に続き、「TM NETWORK 30th FINAL」でも、「Birth」だけが演奏されます。「Birth」は発表されてからすべてのステージで演奏されたことになるわけですが、機会を重ねるたびに音の厚みが増していきました。

***

スクリーンは、さまざまな記録を映し出します。あちこちの都市に住む人々の姿が4Kの映像で切り取られます。例えばロンドン、例えばパリ、例えばニューヨーク、例えばジャカルタ。人々の営みを切り取り、記録して、そして報告する。その記録の中にも別の潜伏者の姿が映り込んでいるのでしょう。互いの存在もミッションも知らないままに、すれ違うこともあるかもしれません。

***

組曲「QUIT30」はアルバム『QUIT30』の中核を成し、2014年後半のツアー「TM NETWORK 30th 1984~ QUIT30」の軸として機能しました。組曲は八つのパートで構成されています。アルバムでは前半と後半に分割され、前半は三つのパート(「Birth」、「The Beginning Of The End」、「Mist」)が続けて、後半は五つのパート(「Glow」、「Loop Of The Life」、「Entrance Of The Earth」、「The Beginning Of The End II」、「The Beginning Of The End III」)が続けて収録されています。ツアーでは、それぞれのパートを単独で演奏したり、連続性のあるパートを続けて演奏したりして、ライブの各所で披露されました。

***

あちこちで湧く、無秩序な声や音。人々が集まり、バスや車が通り過ぎ、風が吹いて街路樹が揺れます。ここでは聞こえないけれども、スクリーンにはノイズの存在が記録されています。それらは混ざり、互いを呑み込み、ひとつの場をつくり、生活のBGMとなります。ノイズは人々の生活から生まれて、人々に絡みつきます。時として、ふっと周囲の音が消えて無音の状態になることがあります。どこかエア・ポケットに入ったかのように。そんな状態がしばらく続いたらどうなるか。音のない世界の中で、何を感じるのでしょうか。

***

「QUIT30」にはシンセサイザーとギターのアンサンブルを堪能できるパートや、エレクトロの要素を含むパートもあり、さらに物語を強く意識するパートもあります。それらを包摂するパートとして「Birth」は存在します。組曲における導入部分でありながら、全体を包み込む役割を担っています。二十分を超える組曲を四分ほどに凝縮して、組曲が表現する物語を俯瞰します。

***

スクリーンにウツが映し出されます。それは「TM NETWORK 30th 1984~ QUIT30 HUGE DATA」で歌う姿です。ステージではバンドが演奏し、分厚い音を吐き出します。記録された歌が流れます。スクリーンが映す記録と、記録からよみがえる記憶と、目の前で進行する現在が混ざり合います。どれが記憶で、記録で、現在なのか。境界線は曖昧になり、ピアノの音だけが残ります。

INTRO
JUST LIKE PARADISE 2015/RHYTHM RED BEAT BLACK/CHILDREN OF THE NEW CENTURY 2015
HERE, THERE & EVERYWHERE/SCREEN OF LIFE/Birth
CAROL 2015 I
A DAY IN THE GIRL'S LIFE/CAROL (CAROL'S THEME I)/GIA CORM FILLIPPO DIA
CAROL 2015 II/IN THE FOREST/CAROL (CAROL'S THEME II)/JUST ONE VICTORY
INTERMISSION
月はピアノに誘われて/あの夏を忘れない/TETSUYA KOMURO SOLO -30th FINAL-/GET WILD 2015
WE LOVE THE EARTH/BE TOGETHER/I am/FOOL ON THE PLANET/ELECTRIC PROPHET
OUTRO

2016.03.04
[PR]
by mura-bito | 2016-03-04 18:43 | Music | Comments(0)
<< 30th FINAL 07: ... Zedd & Aloe Bla... >>

fujiokashinya (mura-bito)
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新の記事
[PART2] LINKIN..
at 2017-07-30 08:25
[PART1] LINKIN..
at 2017-07-29 09:39
ORESAMA「Trip T..
at 2017-07-26 22:10
Zedd & Liam Pa..
at 2017-07-20 21:58
藍井エイル「シリウス」:一等..
at 2017-06-04 21:19
[PART4] Sound ..
at 2017-05-31 21:53
[PART3] Sound ..
at 2017-05-29 22:13
以前の記事
記事ランキング
カテゴリ
タグ
ライフログ
TM NETWORK

























TETSUYA KOMURO




quasimode


Linkin Park


Paramore

Immigrant'sBossaBand

Ryu Miho

AVICII


Krewella

Zedd

藍井エイル






Gacharic Spin


梨木香歩

村上春樹



京極夏彦



Book





Comic






Music


ブログジャンル