inthecube
音楽と物語に関する文章を書いています。
ワイルドじゃなくてもいいからタフになりたい
Want to become tough, not need to get wild.
ブログトップ
HYDE – DEPARTURES (#globe20th -SPECIAL COVER BEST-)


HYDE – DEPARTURES

カバー・アルバム『#globe20th SPECIAL COVER BEST』に収録される曲のいくつかがYouTubeにアップされています。そのうち、最も多くのビューを獲得したのが、L'Arc-en-CielのHYDEがカバーした「DEPARTURES」です。アレンジは小室さんが手掛けました。最初はアレンジをすべて行なう予定ではなかったとのことですが、その予定が大きく変わったのは、やはりHYDEの歌声に触発されたからでしょうか。

小室哲哉とHYDE。実に意外な組み合わせですよね。1998年あたりに行なったマーケティング調査で、globeと競合していたのがL'Arc-en-Cielだったことを、どこかのインタビューで小室さんが明かしていました。CDのマーケットが最大規模だった頃の話ですが、いわゆる「小室ファミリー」といわゆる「ビジュアル系」というカテゴリーが市場を作っていた証でしょうか。両者が互いに意識していたかは定かではありませんが、ともに時代のアイコンとして存在していたことは確実に言えます。そんなふたつの音楽的才能がクロスするなんて、1990年代はおろか最近まで想像すらできなかった。カバーという形で実現した両者のコラボレーション、その素晴らしさに嘆息するばかりです。

HYDEの歌声はとても叙情的で、気持ちをえぐるような強さ、アグレッシブな魅力があります。傷つけるという意味ではなく、「持っていかれる」感じですね。歌声ひとつで、唯一無二の世界が生まれる。それを象徴するのが、♪あなたが私を 選んでくれたから♪という部分でしょう。ここの歌い方がとても好きですね。KEIKOが歌っているオリジナルでもこのメロディ、歌詞に心をつかまれたものですが、男性ボーカルで聴くとまた新たな魅力が湧き上がってきます。

2015.12.27
[PR]
by mura-bito | 2015-12-27 17:52 | Music | Comments(0)
<< 30th FINAL 01: ... hitomi – Anytim... >>

fujiokashinya (mura-bito)
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新の記事
[PART2] LINKIN..
at 2017-07-30 08:25
[PART1] LINKIN..
at 2017-07-29 09:39
ORESAMA「Trip T..
at 2017-07-26 22:10
Zedd & Liam Pa..
at 2017-07-20 21:58
藍井エイル「シリウス」:一等..
at 2017-06-04 21:19
[PART4] Sound ..
at 2017-05-31 21:53
[PART3] Sound ..
at 2017-05-29 22:13
以前の記事
記事ランキング
カテゴリ
タグ
ライフログ
TM NETWORK

























TETSUYA KOMURO




quasimode


Linkin Park


Paramore

Immigrant'sBossaBand

Ryu Miho

AVICII


Krewella

Zedd

藍井エイル






Gacharic Spin


梨木香歩

村上春樹



京極夏彦



Book





Comic






Music


ブログジャンル