inthecube
音楽と物語に関する文章を書いています。
ワイルドじゃなくてもいいからタフになりたい
Want to become tough, not need to get wild.
ブログトップ
Ariana Grande – Focus (Music Video)


Ariana Grande – Focus

Ariana Grandeが新曲「Focus」をリリースしました。絶妙に緩く流れるテンポの中で、ダンサブルな音が凝縮されています。サウンドや歌声は入れ替わりに表情を変え、ひとつの曲の中でさまざまなドラマを体験することができます。パーカッション、シンセサイザー、ベース、キック、ホーン、ハンドクラップ、ボーカル、ラップ。さまざまな音や声の表情を楽しめるという点では、「Problem」* の延長線上にある曲と言えますね。

ビジュアル先行のイメージやゴシップ誌に追われる印象を持つ人が多いのかもしれませんが、音楽に注目してみると、その深さに驚くと思います。「Focus」では、とりわけベースの音がとても魅力的に響き、ベースだけとってみても、異なる表情をいくつも見せてくれます。シンセサイザーと絡んだり、キックと絡んだり、あるいはラップと絡んだり。そしてArianaによる掛け声 "1, 2, 3, Come on, girl." をトリガーにして、バリトンを含むホーンの音が飛び出し、曲は一気に沸点を超えます。

ミュージック・ビデオではパステル調の色で描く世界が広がります。淡い色調の中で、多彩な曲線が表現されています。セットで描く曲線、シルエットで描く曲線、ダンスで描く曲線。光や色の使い方がとても巧みだと思いますし、セットや衣装の変化を際立たせつつも、違和感なくつないでいきます。パステルからモノクロへ、円の中から四角の中へ、マクロから広角へ。焦点は移ろい続けて、観る人を軽やかに操り、心をそこに打ち付けます。

Arianaのチームは、本当に彼女の魅力を最大限に引き出すアプローチを見せますよね。ビジネスとしての戦略があまり目立たず、アーティスティックな魅力を前面に押し出して成立させているのは、やはりそれだけの音楽や映像に関するスキルとセンス、そして資本やその投下のセンスがバランスよく備わっているからなのでしょう。「Problem」のリリック・ビデオを観たときにも思いましたが、とにかくセンスが屹立しています。「Focus」のミュージック・ビデオの演出も素晴らしく、映像系のアワードのトップを獲るんじゃないでしょうか。

* inthecube: Ariana Grande – Problem [feat. Iggy Azalea] (Music/Lyric Video)

2015.10.31
[PR]
by mura-bito | 2015-10-31 09:34 | Music | Comments(0)
<< TM NETWORK – BE... globe – still g... >>

fujiokashinya (mura-bito)
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新の記事
[PART2] LINKIN..
at 2017-07-30 08:25
[PART1] LINKIN..
at 2017-07-29 09:39
ORESAMA「Trip T..
at 2017-07-26 22:10
Zedd & Liam Pa..
at 2017-07-20 21:58
藍井エイル「シリウス」:一等..
at 2017-06-04 21:19
[PART4] Sound ..
at 2017-05-31 21:53
[PART3] Sound ..
at 2017-05-29 22:13
以前の記事
記事ランキング
カテゴリ
タグ
ライフログ
TM NETWORK

























TETSUYA KOMURO




quasimode


Linkin Park


Paramore

Immigrant'sBossaBand

Ryu Miho

AVICII


Krewella

Zedd

藍井エイル






Gacharic Spin


梨木香歩

村上春樹



京極夏彦



Book





Comic






Music


ブログジャンル