inthecube
音楽と物語に関する文章を書いています。
ワイルドじゃなくてもいいからタフになりたい
Note my experiences with impressive music/story.
ブログトップ
04. Alive/君がいてよかった
TM NETWORK 30th 1984~ QUIT30 HUGE DATA

TM NETWORK 30th 1984~ QUIT30 HUGE DATA

TM NETWORK


三つの三角形がくるくると回りながら互いに近づき、やがて重なり、遠ざかり、消えます。夜の高速道路を駆け抜け、遠くに見える街灯やテールライトは小さな光の粒としてきらめき、まるで夜空を埋める星々に見えます。

「Alive」はオリジナル・アルバム『QUIT30』の一曲目に収録されています。ツアーで使う映像を組み合わせたトレーラー映像のBGMとして使われた曲です。この映像では、ウツが「Alive」を歌うところが収められており、実質的なミュージック・ビデオと言えます。TM NETWORKのシングルとして充分に成立するであろうクールさとポップさを兼ね備えた曲です。

1980年代のTM NETWORK、1990年代のポップス(とりわけウツのソロ曲)を感じさせながらも、「Alive」の端々に光る音は2010年代のものです。小室さんはEDM系だけでなく、ポップスにもソフト・シンセの音を積極的に混ぜます。それだけその音に魅せられているということですが、多くの耳に届くジャンルでこそ多彩な音をプレゼンテーションしたいのでしょう。琴線に触れた音は早く世に出して、リアクションを見てみたくなる。TM NETWORKとして活動していた1980年代も、1990年代のトップランナー時代も、そしてトランスやEDMなどのエレクトロに傾倒する21世紀も、根の部分は変わりませんね。

ライブでは多彩なシンセサイザーの音を聴くことができます。ソフト・シンセの音を貫くように響くアナログ・シンセサイザーVirus Indigo 2 Redbackが強力なプレゼンスを見せます。ソフト・シンセがメインになるにつれて使われる機会は減りましたが、このツアーで面目躍如と言うべきか、あの太い音を押し出すシーンを観ることができました。必要なハード・シンセを絞り込む中で、そのうちの一台として揺るがぬポジションをキープしています。他のシンセサイザーでは出せない独自性を持った音だと言えますし、TM NETWORKの音には欠かせないと言うこともできます。

「Alive」の詞は、ばらばらになって離れて、それでもつながりをつくろうとする人々のことを綴ります。日常的な言葉によるメタファーでリアリスティックな世界を浮かび上がらせます。組曲「QUIT30」の外に位置する曲ですが、組曲のテーマでもあるHUGE DATA(大量の情報)に呑み込まれて翻弄されることを歌います。それは、続いて披露される「君がいてよかった」にも通じるものがあります。こちらでは人々を分断するものは、自然の力、天災です。その中でも生きる人々の姿を刻み込む。そうした文脈を念頭に置くと、シンプルな曲名も重みを感じます。足枷という意味の重みではなく、そこに立ち続けるための支え。

「君がいてよかった」はシングル「I am」、アルバム『QUIT30』に収録されています。シングルではシンセサイザーの音でぐいぐい引っ張っていて、一方でアルバムではギターの音が殊の外大きくミックスされていました。ライブでもエレクトリック・ギターの音が強調されています。加えて、小室さんの弾くピアノの音が印象に残ります。ロック系のピアノと言うか、音が硬くて跳ねて弾ける感じですね。タフだし、スピード感も増します。ギターの音と相俟って、ワイルドなロックの表情を見せるアレンジです。

曲はフルコーラスを演奏する前に収束し、ウツが、続いて小室さんがステージ袖に消えます。代わって、アコースティック・ギターを抱えた木根さんがステージ前方に歩み寄り、縁に腰掛けます。おもむろにギターを爪弾き、爽やかなメロディを奏でます。ひとしきり弾いた後、一呼吸おき、「LOOKING AT YOU」を弾き語りで披露します。木根さんが書き、TM NETWORKでは初めてリードボーカルをとった曲です。1990年のオリジナル・アルバム『RHYTHM RED』に収録されました。TM NETWORKにおいて、木根さんの大きな役割はバラードを書くことでしたが、「LOOKING AT YOU」も実に彼らしい、優しくて美しく、そして切なげな曲です。

ワンコーラスを歌うと木根さんはアコースティック・ギターをエレクトリック・ギターに持ち替え、ディストーション・ノイズを鳴らします。合図を送るとショルダーキーボードを下げた小室さんが入ってきて、セッションが始まります。木根さんが弾きます、いつもより多めに弾いています。アドリブで弾く。小室さんはギター音を選択して、ロック・ギタリストさながらのフレーズを鍵盤で奏でます。二人とも相手の音に対抗するように自らの音を鳴らし、途中で「GIRLFRIEND」のフレーズも飛び出します。やがてリズムが戻ってくると、ウツもステージに再び姿を見せ、「君がいてよかった」が再開され、エンディングまで演奏されます。

01. QUIT30 PART1: Birth
02. WILD HEAVEN/TIME TO COUNT DOWN
03. QUIT30 PART2: The Beginning Of The End/Mist
04. Alive/君がいてよかった
05. Always be there/STILL LOVE HER
06. QUIT30 PART3: Glow
07. I am/GET WILD
08. QUIT30 PART4: Loop Of The Life/Entrance Of The Earth
09. THE POINT OF LOVERS' NIGHT/SELF CONTROL/LOUD
10. QUIT30 PART5: The Beginning Of The End II/III

2015.08.08
[PR]
by mura-bito | 2015-08-08 09:38 | Music | Comments(0)
<< 05. Always be t... [PART2] globe –... >>

fujiokashinya (mura-bito)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
Sarah Àlainn –..
at 2017-10-19 21:12
コアラモード. – 雨のち晴..
at 2017-10-17 21:53
[PART2] TM NET..
at 2017-10-11 21:45
[PART1] TM NET..
at 2017-10-10 21:40
GET WILD Takky..
at 2017-10-03 21:21
Carly Rae Jeps..
at 2017-09-25 21:21
LINKIN PARK – ..
at 2017-09-21 21:48
以前の記事
記事ランキング
カテゴリ
タグ
ライフログ
TM NETWORK

























TETSUYA KOMURO




quasimode


Linkin Park


Paramore

Immigrant'sBossaBand

Ryu Miho

AVICII


Krewella

Zedd

藍井エイル






Gacharic Spin


梨木香歩

村上春樹



京極夏彦



Book





Comic







Music



ブログジャンル