inthecube
音楽と物語に関する文章を書いています。
ワイルドじゃなくてもいいからタフになりたい
Want to become tough, not need to get wild.
ブログトップ
[PART2] globe – Remode 1


globe – Remode 1 (DISC2)

『Remode 1』はDISC1とDISC2に分かれています。今回はDISC2に収録されている曲から3曲をピックアップして、音の印象を書き残すことにします。エレクトロ系のアプローチは、幅広いようでいて、意外と定型的であり、けれども分かったようなことを言っていると意外な角度から切り込まれます。その驚きと感動を、今回挙げた3曲に感じました。こうした体験を繰り返すと、いつまで経っても音楽的好奇心が尽きないんですよね。

SHIFT
シンセサイザーの音で繰り返されるサビメロがとても気持ちいい。この曲はRemodeされることで、印象が180度と言ってもいいくらいに、がらりと変わりました。プログレッシヴ・ロックを思わせるダイナミックな展開、そしてそれと交錯するEDM的なアプローチがとても印象的です。しっかりと重心をキープしながらも、鮮やかに姿を変えてみせます。

garden
DUBSTEPの要素を含む、エッジの効いた音で始まります。もともとトランスで作られたからでしょうか、今の音を埋め込まれてもダンス・ミュージックとしての気持ち良さは変わらず、むしろ群を抜いています。ボーカルはほとんど楽器の一部として組み込まれ、機能しています。ウォータースライダーに乗っかるように、エレクトロニック・サウンドの流れに身を任せてみましょう。

still growin' up
縦横無尽に空を飛ぶ、そんなイメージがぴたりと合う音の組み合わせですね。曲を3種類のパーツに分けると、ボーカル、ラップ、インストとなるわけですが、互いを引き立てるように配置されています。四つ打ちを背景に流れていくサビメロのリフレインは、聴くほどに惹き込まれていきます。ポップスとは異なる、ダンス・ミュージックの楽しみ方ですね。印象的なフレーズが記憶もろとも身体に刻み込まれます。

[PART1] globe – Remode 1

2015.08.07
[PR]
by mura-bito | 2015-08-07 21:24 | Music | Comments(0)
<< 04. Alive/君がいてよかった [PART1] globe –... >>

fujiokashinya (mura-bito)
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新の記事
[PART2] LINKIN..
at 2017-07-30 08:25
[PART1] LINKIN..
at 2017-07-29 09:39
ORESAMA「Trip T..
at 2017-07-26 22:10
Zedd & Liam Pa..
at 2017-07-20 21:58
藍井エイル「シリウス」:一等..
at 2017-06-04 21:19
[PART4] Sound ..
at 2017-05-31 21:53
[PART3] Sound ..
at 2017-05-29 22:13
以前の記事
記事ランキング
カテゴリ
タグ
ライフログ
TM NETWORK

























TETSUYA KOMURO




quasimode


Linkin Park


Paramore

Immigrant'sBossaBand

Ryu Miho

AVICII


Krewella

Zedd

藍井エイル






Gacharic Spin


梨木香歩

村上春樹



京極夏彦



Book





Comic






Music


ブログジャンル