inthecube
音楽と物語に関する文章を書いています。
ワイルドじゃなくてもいいからタフになりたい
Note my experiences with impressive music and story.
ブログトップ
TM NETWORK 30th 1984~ QUIT30 (INTRO)
TM NETWORK 30th 1984~ QUIT30 HUGE DATA

TM NETWORK 30th 1984~ QUIT30 HUGE DATA

TM NETWORK


「TM NETWORK 30th 1984~ QUIT30」は2014年10月の横須賀公演に始まり、2015年1月の福島公演で終了しました。2015年の2月にはアリーナ規模の会場で「TM NETWORK 30th 1984~ QUIT30 HUGE DATA」が行なわれました。この度、後者の模様を収めたBD/DVDがリリースされましたが、2枚組BD版では、2014年12月9日と10日に行なわれた「TM NETWORK 30th 1984~ QUIT30」の東京国際フォーラム公演のライブ映像を観ることができます。

TM NETWORKが2012年から展開している物語を確認しておきましょう。表現の方法はステージによって変わってきましたが、全体を貫くラインは明確です。すなわち、TM NETWORKの3人は潜伏者であり、彼らの他にも潜伏者はいる。潜伏者は地球のあちこちにいて、人間の営みを調査し、地球の外に浮かぶマザーシップに報告するという任務を遂行している。この時代だけでなく、過去のあらゆる時代にも潜伏していた。旗色鮮明ではなく、人類にとって有益な存在だったこともあれば、そうではなかったこともある。誰かの人生を左右することもあれば、誰からも気に留められることなく任務を終えた潜伏者もいます。

地球のあらゆる物事を記録し、報告した潜伏者を描いた物語。潜伏者の視点から地球を見ると、どのように映るのか。どのように記憶し、どのように記録するのか。記憶に留め、記録に残さないものもあるのかもしれません。例えば、人々が抱く愛情を記録したとしても、期せずして自らが誰かに抱いた恋心は記憶の中だけに留めておいた。TM NETWORKが歌ういくつかのラブソングは、記録に残らない潜伏者の記憶のひとつを表わしたもの。そんなサイドストーリーがあってもおかしくはありません。いくらかは想像の範疇に入りますが、ステージで披露される曲をつなぎ合わせてみると物語の輪郭が浮かび上がります。


「TM NETWORK 30th 1984~ QUIT30」の軸を成しているのは、最新のオリジナル・アルバム『QUIT30』の核でもある、組曲「QUIT30」です。この組曲を中心にしてライブを貫くストーリーが描かれ、ステージ演出が決定されました。巨大なLEDパネルが映し出す映像の数々が物語を綴り、印象的なメッセージを残します。メッセージからは、謎に翻弄されるのではなく、少しだけ想像を巡らせて楽しんでもらいたい、という意図を感じました。

組曲「QUIT30」は8つのトラックで構成されていますが、ライブでは5つに分割されていることが分かります。サウンドに連続性のあるトラックが続けて演奏され、その前後には他の曲が配されます。5つのパートの前または後ろには、映像によるストーリーテリングが行なわれます。それぞれのピースを集めてつなぎ合わせます。ライブでは幾多の風景や台詞を追うだけで精一杯でしたが、記録の分析を丹念に行なうことで、見えなかったものが目に入ってきます。処理が追いつかない、ここ数年の莫大な量の情報のことを、big dataよりも大量のデータという意味で、小室さんは「HUGE DATA」と呼びました。

HUGE DATAに囲まれて何をすべきか分からない人間の群れ。それでも丁寧にデータを扱い、できる限り分析、解読、処理すれば、有益なものが得られる。それは情報に対する強者と弱者を生み出すことにもなりますが、良くも悪くも人間の営みに含まれるのかもしれません。情報を独占する人間もいれば、解放、共有して連携する人間もいる。データが増えれば、データをやりとりする人々も増え、つながりが増え、ネットワークは離合集散を繰り返します。地球上の人々は、前代未聞の情報量に直面したとき、何を考え、どのように振る舞うか。データは増殖を続け、潜伏者は記録を続けます。

TM NETWORK 30th 1984~ QUIT30
01. QUIT30 PART1: Birth
02. WILD HEAVEN/TIME TO COUNT DOWN
03. QUIT30 PART2: The Beginning Of The End/Mist
04. Alive/君がいてよかった
05. Always be there/STILL LOVE HER
06. QUIT30 PART3: Glow
07. I am/GET WILD
08. QUIT30 PART4: Loop Of The Life/Entrance Of The Earth
09. THE POINT OF LOVERS' NIGHT/SELF CONTROL/LOUD
10. QUIT30 PART5: The Beginning Of The End II/III

2015.07.28
[PR]
by mura-bito | 2015-07-28 21:09 | Music | Comments(0)
<< 01. QUIT30 PART... TM NETWORK – 君が... >>

fujiokashinya (mura-bito)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新の記事
LINKIN PARK LI..
at 2017-12-13 21:57
[PART3] TM NET..
at 2017-12-07 21:02
[PART2] TM NET..
at 2017-12-06 21:31
[PART1] TM NET..
at 2017-12-05 21:51
[PART2] 吉田修一『東..
at 2017-11-30 21:24
[PART1] 吉田修一『東..
at 2017-11-27 21:57
ORESAMA「Waitin..
at 2017-11-22 22:39
以前の記事
記事ランキング
カテゴリ
タグ
ライフログ
TM NETWORK

























TETSUYA KOMURO




quasimode


Linkin Park


Paramore

Immigrant'sBossaBand

Ryu Miho

AVICII


Krewella

Zedd

藍井エイル






Gacharic Spin


梨木香歩

村上春樹



京極夏彦



Book





Comic







Music



ブログジャンル