inthecube
音楽と物語に関する文章を書いています。
ワイルドじゃなくてもいいからタフになりたい
Want to become tough, not need to get wild.
ブログトップ
AVICII – Waiting For Love


AVICII – Waiting For Love (360 Video)

AVICIIの新曲「Waiting For Love」がリリースされました。YouTubeではリリック・ビデオが公開され、続いて「360 Video」なるものがアップロードされました。これはダンサーたちが踊っているだけのミュージック・ビデオ…ではありません。

スマートフォンのYouTubeアプリで再生し、できればフルスクリーン表示に切り替えて、ぐるぐると回ってみてください。スマートグラスをかけるとこんな感じになるのでしょうか。天井や床も含めて360度ぐるりと見渡すことができます。PCでは上下左右を示すキーをクリックすることで視点が変わります。

まるで自分がステージに上がり、間近でパフォーマンスを撮影しているかのようです。ドアを出入りしながらダイナミックに踊る映像を、臨場感たっぷりに楽しむことができます。ときどきAVICIIもドアを開けて姿を見せ、「誰かいるの? 誰もいないなあ」なんて感じを見せながらドアの向こうに戻ります。

「Waiting For Love」はMartin Garrixとの共作によって生まれたとのこと。ボーカルをとるのはJohn Legendというシンガーです。タフな声が響く中、シンセサイザーはシンプルな音を奏でて駆け巡ります。音の輪郭がはっきりとわかる重ね方ですね。レントゲン写真を撮ることで骨が浮かび上がるように、音の骨格をダイレクトに見ることができます。



AVICII – Waiting For Love (Lyric Video)

2015.05.31

【追記】
リリック・ビデオでは、ひとつの物語を歌詞がなぞります。ハッピーエンド……と言っていいのかどうか、微妙なところです。素直に受け止めれば、最後に生まれる「Love」は美しく、気持ちを和ませてくれます。けれども、ふと思うのは、こうしたことが日常に組み込まれている国(それを「普通の国」と表現する人もいる)では、どのように捉えるのか、ということです。

よくあることとして冷静に受け止められるのか、感動を呼ぶ題材としてスタンディング・オベーションに包まれるのか。日本でも観客を感動させるモチーフとして、映画やドラマに使われますね。「再会」は確かに感動を呼ぶけれど、そうでなくても、ずっと一緒にいられることが幸せだと思える国でもいいんじゃないかな…と思います。こういう時期だけに、特に。

2015.06.03
[PR]
by mura-bito | 2015-05-31 21:23 | Music | Comments(0)
<< 高野雀 – あたらしいひふ [PART2] 木村俊介 – 物語論 >>

fujiokashinya (mura-bito)
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新の記事
[PART2] LINKIN..
at 2017-07-30 08:25
[PART1] LINKIN..
at 2017-07-29 09:39
ORESAMA「Trip T..
at 2017-07-26 22:10
Zedd & Liam Pa..
at 2017-07-20 21:58
藍井エイル「シリウス」:一等..
at 2017-06-04 21:19
[PART4] Sound ..
at 2017-05-31 21:53
[PART3] Sound ..
at 2017-05-29 22:13
以前の記事
記事ランキング
カテゴリ
タグ
ライフログ
TM NETWORK

























TETSUYA KOMURO




quasimode


Linkin Park


Paramore

Immigrant'sBossaBand

Ryu Miho

AVICII


Krewella

Zedd

藍井エイル






Gacharic Spin


梨木香歩

村上春樹



京極夏彦



Book





Comic






Music


ブログジャンル